妊娠初期の出血について

約2割が経験するという妊娠初期の出血。原因や体験談をまとめました。

  • VP 更新日:2013/10/12

view1077

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の出血って??

  • 妊娠初期の出血は、出産した妊婦さんの約2割が経験したことがあると言われています。
    少量の出血から生理の出血を超える出血量の時もあり注意が必要です。

    妊娠初期の場合は、着床時出血といって受精した卵子が子宮内膜に根を張るときに起こる出血が出るときがあります。
    通常、安静にしていれば治まることが多い出血です。
    出典 :妊娠初期の出血
     

    約2割も経験するんですね!

  • 着床出血とは

  • 胎盤が子宮に根をおろす着床時に出血することです。

    着床出血はどのような出血かといいますと、子宮内膜が少し溶けて、それがピンク~茶色いおりもののような感じで出てくることです。

    着床出血の時期としては月経予定日前後で、出血量は少量です。
    通常、女性ホルモンは月経が始まる前に分泌量が激減しますが、妊娠して受精卵が子宮に着床すると妊娠状態を維持しようと女性ホルモンが分泌されます。
    出典 :着床出血 | 下腹部痛、時期、量、生理との違いなど
     

    通常なら月経が始まるところが、妊娠している場合は子宮内膜がそのまま発育して月経が止まるのです。

  • 出血に気がついたら

  • ・いつ頃から出血しているのか?
    今朝起きたとき、夜中に、トイレに行ったときなど。

    ・妊娠週数
    今何週目なのか?

    ・痛みはあるのか?
    腹部に軽い痛み、チクチクした下腹部痛、生理痛のような鈍痛など。

    ・お腹の張りはあるのか?
    どのぐらい張っているのか?

    ・どの位の量が出ているのか?
    下着に付くぐらいの量、ナプキンで確認できるぐらい、生理の時のような量、大量に出血など。

    ・血の色は?
    茶色、ピンクのような半透明の色、真っ赤な鮮血など。
    出典 :妊娠初期の出血
     

    上記のことを確認し、焦らずに病院に行き、出血の量や痛みなど医師に相談することが大事ですね。

  • 妊娠出血の原因は・・・

  • ■絨毛膜下血腫
    ■着床出血(月経様出血)
    ■子宮膣部びらん
    ■子宮頸管ポリープ
    ■絨毛膜羊膜炎
    ■早期流産
    ■切迫流産
    出典 :妊娠初期の出血
  • 様々な原因がありますね。着床出血の場合もあるますが、病気や流産のおそれもあるので、やはり出血があった場合には病院に行き、医師に相談するのが良さそうです。

  • 妊娠初期の出血の体験談

  • お腹が痛かったけど、なんとなく妊娠したかな、という感じがしたので、不安になりながら妊娠検査薬で検査しました。結果は陽性。嬉しかったけど、腹痛と出血もあったため心音が確認されるまでは不安でしたが、診察に行って先生が赤ちゃんは元気ですよ、と言われて、涙がでました。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠と同時に妊娠初期の不正出血があり、出血が一週間ほど続いたため生理かと思っていましたが普段の生理と少し様子が違ったため三ヶ月未満で検査薬を使用。妊娠発覚しました。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
     

    生理と間違えやすいようですね

  • またまだ妊娠初期なので、検査薬で反応が出ても大量出血して流れることもあると医師に脅されました。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談