掻いたらだめ!疲れ肌のかゆみは掻くことで、ますますかゆくなります!

体の疲れを感じているとき、皮膚がかゆくなることがあります。これは疲れ肌のかゆみでしょうか?そもそも疲れで皮膚がかゆくなることはあるのでしょうか?かゆくなったら、掻く以外にも冷やす、なでる、保湿クリームを塗るなどの対処をしましょう。

view133

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 疲れを感じている時、皮膚も疲れている?

  •  

    心身ともに疲れたとき、肌も疲れてかゆくなる?

  • 毎日の仕事や家事で疲れてくると、肌がかゆくなる、という人は意外と多いようです。例えば、いつもかゆみを感じなくても、なんとなく掻き始めたら止まらなくなって、気が付いたら皮膚が真っ赤になっていた。という経験は誰でも一度くらいあるでしょう。そのかゆみが明らかに虫刺されなどの原因がはっきりしているときはよいですが、なぜかゆいのかよくわかならい、という原因不明のかゆみを経験したことはないでしょうか。
    そうした、よくわからない理由で皮膚がかゆい、というとき、実は疲労からきていることもあるのです。実はかゆみというのは痛みの軽いもの、という説もあります。つまり、痛みまでにならない、なんらかの反応が皮膚に起きていて、それをかゆみだと認識してしまうという場合があるのです。

  • 疲れると、体中がかゆくなります。めっちゃ悩んでます。...見た目は何も炎症起こしていないのにかゆくなって、掻くと赤くなって肌が荒れてしまいます。
    出典 :疲れると、体中がかゆくなります。めっちゃ悩んでます。 - Yahoo!知恵袋
  • 私も疲れると体が痒くなります。
    出典 :疲れると、体中がかゆくなります。めっちゃ悩んでます。 - Yahoo!知恵袋
  • 免疫力とかゆみの関係

  •  

    就寝前のかゆみは乾燥でドライスキンになっているからかも。

  • 疲れて皮膚がかゆくなる人の中には免疫力が過剰に働いているという場合があるそうです。免疫力というのは、人の体に備わっている、菌やウイルスなど健康を害するものをやっつける力と考えてよいでしょう。健康を守る為に体の中で働いている小さな兵士といったとことでしょうか。
    この免疫力が強いと少々の菌やウイルスが体内にないっても、なんの症状も出ないままです。ときどき、家族で同じような風邪を引いても、一人だけ感染しない人がいますが、そういう人は普通の人より免疫力が強いのです。また、シニアの施設や病院での集団感染が起こっても、免疫力が強い人は、少し調子を崩す程度で大事に至らないということもあります。
    人の体は疲労によって、いろいろな器官などに支障をきたすことがあります。医療関係者の中には、疲労したときのかゆみは、免疫力が疲労を抑えようとしているものだと考える人もいます。また、他にも、疲労によって、体の各部が疲れ、ホルモンバランスや自律神経系が乱れた結果、免疫系が正常な働きができすに、皮膚にかゆみになって表れるとも考えられます。

  • 知り合いの医療関係者に聞いたところ「免疫力が強い人は、疲れると免疫力が抑えきれなくなってしまい、体が痒くなったりする」そうです。
    出典 :疲れると、体中がかゆくなります。めっちゃ悩んでます。 - Yahoo!知恵袋
  • いずれにしても、心身の疲労によって肌のかゆみが起こることは実際にあります。その際、気をつけたいのは、かゆいからといってむやみに掻かないことです。というのも、かゆみは掻くという行為によって、さらに増大する可能性があるからです。そのため、かゆみを感じたら、すぐに掻かずに冷やす、保湿する、なでる、などの方法を試すことをおすすめします。

  • 肌をかくと...かゆみ物質のヒスタミンなどを放出する細胞を刺激するため、かけばかくほどかゆみが増す現象を起こすと考えられています。
    出典 :皮膚のかゆみ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • 疲労以外にも乾燥もかゆみの原因に

  •  

    腸の水分バランスを整えるにはバナナやリンゴがおすすめです。

  • 理由のよくわからないかゆみの原因は疲労の他にも、食べ物や衣類などのアレルギーなどの反応の他、乾燥が原因となることも多いようです。特に、加齢によって、皮膚のかゆみが増えるというのは、多くの人が体験することです。よく言われれるのはスネのぶぶんでしょうか。夜、就寝前にスネやおしりがかゆい場合は、皮膚の乾燥が原因であることが多いようです。その場合は掻かずに、保湿クリームを塗りましょう。掻くと、肌はさらに敏感になり、ますますかゆくなります。
    保湿クリームを塗ること以外にも、このような乾燥による皮膚のかゆみがある人は体内の水分量が減っていることを自覚しましょう。アルコール、お茶、コーヒーなど利尿作用のあるものは、できるだけ控えましょう。お勧めの飲み物は番茶です。また、皮膚の水分量が減っているということは腸の水分も減っている可能性があります。便の状態をみて、コロコロしていたり、硬いようでしたら、それは水分不足です。改善のためにお勧めしたい食べ物はバナナです。

  • かゆみを引き起こす刺激は、食べ物や衣服、加齢や室温、湿度などさまざまなものがあります。
    出典 :皮膚のかゆみ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • かゆみのある皮膚の表面は、水分と油分が失われていて、カサカサになっており、外からの刺激に皮膚は無防備になっています。このようなドライスキンは刺激を受けると敏感に反応し、かゆくなるのです。
    出典 :上杉皮膚科医院 *皮膚のかゆみ*