チャレンジしてみませんか?ブローチネイルの作り方

ブローチネイルの作り方がわからない。今回は、初心者でも簡単に作ることのできるブローチネイルの作り方をご紹介します。ブローチって、お洋服のちょっとしたアクセントやスカーフ留めなどの脇役というイメージがありますね。ですが、ブローチをネイルに埋め込むととっても華やか!一気にブローチが主役となります。


view105

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ゴージャスな印象のブローチネイル。
    それでは、2種類のブローチネイルの作り方をご紹介することにしましょう。

  • ブローチネイルの作り方・1

  • 用意するもの
    ・0.5mmのシルバーワイヤー
    ・ベースジェル
    ・カラージェル
    ・トップジェル
    ・ジェルクリーナー
    ・ネイル台
    ・ネイルチップ
    ・ペンチ
    ・ウッドスティックまたは爪楊枝

  • それでは、ごく基本的なブローチネイルの作り方をご紹介することにします。
    まず、ブローチを先に作る方法です。

  • 1)ワイヤーを2cmにカットし、円を作りまが、やや楕円形のオパール型にすると、爪を長く指を細く見せる効果を得ることができます。
    2)ネイル台にネイルチップを乗せ、円のワイヤーを置きます。さらに、ネイルチップのカーブに合わせ、ペンチでカーブを調節します。
    3)円の中に、ベースジェルを流し込みますが、ウッドスティックや爪楊枝などで少量ずつ丁寧に流し込むのがコツです。ジェルがワイヤーの外側にはみ出さないよう、気を付けて下さいね。
    4)カラージェルを流し込みますが、これもベースジェルと同様、少量ずつ丁寧に流し込みましょう。
    6)トップジェルを塗り、硬化させます。ジェルクリーナーで拭き取り、ネイル台から外して保管しておきます。
    7)ネイルチップをネイル台に置き、ベースカラーを作ります。
    8)ブローチをネイルチップの中央に置き、トップジェルをブローチの周りに少しだけ流します。ここでブローチの位置が決まりますので、ブローチが動いてしまわないよう、慎重に行いましょう。
    9)いったん仮硬化させます。
    10)ネイルチップ全体にトップジェルを塗り硬化、ジェルクリーナーで拭き取って完成です。

  • ブローチネイルの作り方・2

  • では次に、ネイルチップの上でブローチを作る方法です。
    用意するもの
    ・ベースジェル
    ・カラージェル
    ・トップジェル
    ・ジェルクリーナー
    ・ネイル台
    ・ネイルチップ
    ・ウッドスティックまたは爪楊枝
    ・ブリオン
    ・エタノール
    ・バックワイプ用の細筆

  • 上記では、ごく基本的なブローチネイルの作り方をご紹介させて頂きましたが、慣れてくればフレンチネイルなどのアレンジにもチャレンジできるようになりますよ。文章だとなかなかわかりづらいかもしれませんが、ひとつひとつの手順を追いながら、慎重にブローチネイルを作ってみて下さいね。

  • 1)ネイルチップにベースジェルを塗り、いったん硬化、拭き取りを行います。
    2)ブローチとなる部分にお好きなカラーで模様を描きますが、カラーはエタノールで薄めて使用します。水彩絵の具くらいの薄さをイメージするとよいでしょう。
    3)模様を描いた上からベースカラーを重ね塗りします。
    4)細筆でお好みの形にバックワイプを行いますが、ハート型やオパール型などが初心者向きです。これは少々面倒な作業ですが、筆の汚れを拭きながら、ブローチとなる部分を綺麗にくり抜いて行きましょう。
    5)仮硬化させます。
    6)トップジェルをネイルチップ全体に塗り、くり抜いた部分の淵をブリオンで囲います。
    7)仮硬化させます。
    8)ウッドスティックまたは爪楊枝でブリオンで囲んだ内側にトップジェルを流し込み、ブローチ部分の厚みを作ります。
    9)硬化、ジェルクリーナーの拭き取りで完成です。