咳や胸の痛みの症状、これは肺癌という病気かもしれません

咳・痰・血痰、呼吸困難、発熱、食欲不振、倦怠感・胸や背中の痛みなどの症状が出たら、肺癌かもしれません。なんとか早めに受診してください。そして普段から禁煙を心掛けたいものです。

view4773

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 肺がんの症状は癌の発生する場所によって、その症状は様々で異なりますが、 咳などの症状は肺がんになった人の50%が発生しており、痰も30%の人に見受けられます。 血痰は20%程度です。
    出典 :肺がん 胸の痛み | 胸痛いcom
     

    咳が一番多い症状なんですね。

  • 肺癌の初期症状から転移へ

  • 肺がんの初期症状として、胸の痛みや、背中が痛くなる場合があります。 また、肺がんがリンパ節に転移すると、声帯が麻痺したり、物が飲み込めなかったりします。 また、肺がんが胸膜に転移すると、胸水がたまったり、胸や背中が痛くなったり、呼吸困難や心膜炎になる場合もあります。 肺がんが中枢神経に転移すると、言語障害や意識障害、頭痛などの症状が現れます。 このように肺がんが転移する場所によって、その症状は様々で異なります。
    出典 :肺がん 胸の痛み | 胸痛いcom
     

    食べられない、喋れない、は辛いですね。
    呼吸困難などになると、直接死に繋がる危険もあるのですね。
    人工呼吸器を付けても、しゃべれなくなりますね。
    大変なことです。

  • 肺癌の現状

  • 肺癌の実態

     

    40代以上の人が肺癌になる傾向にあります。この10年で肺癌になる人数は2倍に増加しました。死亡率も上昇。肺がんは早期に発見が大事で、リンパ節への転移や脳や骨髄への転移があると、もはや手術もできないほどです。

  • 肺癌の治療法

  • 肺がんの治療法は様々あり、手術、化学療法、放射線療法、免疫療法、温熱療法、 気管動脈内抗癌薬注入療法などがあり、癌の組織型や進行状況によって治療法を選択しています。
    出典 :肺がん 胸の痛み | 胸痛いcom
     

    様々な治療法があるので、早期に発見できれば助かるかもしれません。

  • 肺癌の生存率と予防

  • 肺がんの生存率は病期によって異なりますが、5年生存率は12%から67%程度だと言われています。 肺がんの予防は禁煙が効果がありますので、喫煙をしている人は注意するようにして下さい。 肺がんの予防として、定期的に検診を受けることをお薦めします。
    出典 :肺がん 胸の痛み | 胸痛いcom
     

    やはり喫煙は良くはないようです。
    なんとかみなさん、禁煙できないものでしょうか。
    副流煙(他人の吐いた煙)を吸わされるほうは、
    更に害が多いと言います。
    大切な家族や恋人を巻き込んでないですか?

  • 副流煙

     

    直接タバコを吸っている人より、
    その人が吐いた煙を吸ってしまう人のほうが、
    ずっと害があると言います。
    あなたも大事な人のためにタバコ止めませんか?
    妊婦さんの前で吸うなんて最低ですよ。

  • 肺癌だった筑紫哲也さんが、全身転移の末に亡くなりました

  • TBS系の報道番組「NEWS23」のメーンキャスターとして活躍したジャーナリストの筑紫哲也さんが7日午後1時50分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。73歳。葬儀は近親者のみで行い、喪主は妻の房子さん。後日お別れの会を開く。昨年5月、同番組で肺がんにかかっていることを告白。「がんに打ち勝って、また戻ってきます」と宣言し、闘病生活の傍ら、スペシャルアンカーとして番組にも時折出演していたが、1年半後に力尽きてしまった。

    18年半にわたって夜のニュース番組をリードし、日本のご意見番的存在だった筑紫さんが、がんとの闘いの末、この世を去った。

    筑紫さんは今月に入り、呼吸困難に陥るなど容体が悪化。がんは全身に転移し、手術は出来ない状態だったという。最期は都内の病院で家族にみとられながら、息を引き取ったという。

    普段から喫煙していた筑紫さんは、昨年5月の健康診断で肺がんが発覚。同14日放送の番組で視聴者に「しばらく治療に専念したい。がんに打ち勝って、また戻ってきます」と報告し、番組を休養。闘病生活に入っていた。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 肺癌で治療中だった筑紫哲也さん-全身転移の末、亡くなる
     

    あんなに真摯に社会問題に向き合っていた筑紫さんすら、肺癌には勝てませんでした。
    彼もスモーカーの一人です。
    残念ですね。

  • 渥美清さんの死因も肺癌です

  • 1996年8月4日、俳優の渥美清さんが転移性肺癌のため68歳で亡くなりました。

    1991年に肝臓癌が見つかり、1994年には肺に転移。映画『男はつらいよ』47作からは主治医からも出演は不可能だと言われていたものの何とか出演。48作に出演できたのは奇跡に近いとのことです。1996年7月に体調を崩して手術を受けたものの、癌の転移が広がり手遅れの状態だったそうです。
    出典 :ガンで亡くなった有名人 - NAVER まとめ
     

    闘病期間よりお仕事の期間を選んだのでしょうね。
    ある意味、人間的な最期かもしれません。

  • 小説家・詩人の室生犀星さんも肺癌でした。有名な詩があります。

  • 室生 犀星

    1962年(昭和37年)3月26日、詩人で小説家の室生犀星さんが肺がんのため73歳で亡くなりました。

    昭和36年咳、痰、胸痛、微熱を訴え、病院で診察した結果肺ガンと診断。コバルト照射などの治療を受け、入退院を繰り返していた。本人は病名を肋膜炎と聞かされ、最後までがんであることを知らなかったそうです。
    出典 :ガンで亡くなった有名人 - NAVER まとめ
     

    しょうけいいじょう
        小景異情(その二)       むろうさいせい
                           室生犀星

      ふるさとは遠きにありて思ふもの     国語の教科書にありましたね。
      そして悲しくうたふもの        それとも合唱曲にあったかしら。
      よしやうらぶれて
      異土の乞食となるとても
      帰るところにあるまじや
      ひとり都のゆふぐれに
      ふるさとおもひ涙ぐむ
      そのこころもて
      遠きみやこにかへらばや
      遠きみやこにかへらばや