【妊娠】自分に合った出産方法を見つける!アクティブバース

アクティブバースという言葉を知っていますか?出産の際、よく思い浮かべる分娩室での仰向けの姿勢での出産ではなく、自分の好きな体勢で出産に臨めるという出産方法のことです。妊娠中から知っておきたい、出産法。出産をどのように行いたいか、主体的に考えることで出産を受け身でとらえず、出産を楽しみに待てるように。

view43

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠したら考えたい、産み方

  • どのような出産をしたいか、主体的に考えよう!

     

    妊娠中は自分の身体の変化についていくのがやっと・・・という人も多いはず。日に日に大きくなるお腹の赤ちゃんの存在が、出産に対する期待と不安をわきたたせるもの。漠然とした出産風景を思い描くよりも、どんな出産にしたいか、どんな場所で生みたいか、誰に側にいて欲しいか、思いつくところから考え始めてみませんか?

  • 出産は女性にとっては一大イベント!だからこそ、妊娠中から具体的にどのような出産にしたいか考えたいもの。とりわけ出産方法については、産院を決める段階で漠然とでいいので考えておきたいものです。病院での一般的な出産は分娩台に上がるもの。自分の好きな姿勢で出産したい、というのであれば、アクティブバースを取り入れている産院を探す必要があるようです。
    ではまず、アクティブバースとは一体どういう出産方法なのでしょうか?

  • アクティブバースとは、「アクティブ」(積極的)と、「バース」(誕生)を合わせた造語です。直訳すると「積極的なお産」。
    出典 :分娩方法について
  • アクティブバースは、 医療器機に管理されることなく、自然の本能のままに楽な姿勢をとり、自由な呼吸法で陣痛をコントロールし、リラックスした状態で分娩をするという、産む側を主体にした出産法です。
    出典 :分娩方法について
  • その発症も、妊婦の積極的な行動からでした。

  • 病気ではないのに病院主導で行われるお産に疑問を持った妊婦たちが、医療に頼りきるのではなく、自由な姿勢をとりながら、自分の力で産もうと主体性をもって挑むお産のことを「アクティブバース」と呼びます。
    出典 :アクティブバース [チビタスキーワード] All About
  • アクティブバースは、お産の主役は母親と赤ちゃんであることをより強く意識したものです。積極的に産みやすい形を自分でとることで自然で満足できるお産を目指します。
    出典 :分娩方法について
  • 自分の産みやすい体勢を取れるということは、出産において大きな違いです。分娩台の上では寝返りをうつことはほぼできませんが、アクティブバースなら自分のタイミング、自分の好きな姿勢で出産することができるのが魅力です。

  • アクティブバースとは、医療を必要最小限に抑えて妊婦さんが積極的に分娩に取り組む出産法です。助産師や医師は分娩をサポートする立場で、あくまで分娩するのは産婦自身が行います。
    出典 :アクティブバース-妊娠用語辞典
  • 医療行為を最小限に抑える、という点で不安を覚える妊婦さんもいるようですが、病院で行われる出産であれば医師や助産師が見守る中での出産となるため、万一の場合は適切な医療行為を行ってくれるため、安心です。

  • アクティブバースのメリット

  • フリースタイル出産

     

    アクティブバースにおいては、出産方法に決まりはなく、自分の好きな体勢、好きな呼吸法で出産に臨めます。ママとお腹の赤ちゃんを主体とした出産方法なんですね。

  • 従来の分娩台による出産ではなく、アクティブバースにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

  • アクティブバースは陣痛時の過ごし方にも決まりはありません。呼吸法やリラックスなどの決まりはなく、おもむくままに歩き回ったり食事をしたりお風呂に入ったりと自分の好きなように陣痛を過ごし、そして人間に備わった「本来お産は動物的なもの」という本能とも呼べる力を利用していくのです。
    出典 :アクティブバース-妊娠用語辞典
  • アクティブバースでは、分娩の体位も、仰向き、横向き、座位、しゃがむ、立て膝、両膝をつく、立ったまま、両手両足をついてなど様々です。
    出典 :分娩方法について
  • 成りゆきで自由に姿勢を変え、楽な体位をとることで痛みが和らぎ、いきみやすくなります。また、 重力に逆らわない姿勢は出産時間も短くてすむようです。
    出典 :分娩方法について
  • 動物の本能として備わった出産という営みをできる限り自然の状態で行う、というのがアクティブバースにおける出産のようです。ママにとっては初めての出産でも、お腹の赤ちゃんと呼吸を合わせて自然な成り行きで進められるのが魅力ですね。

  • アクティブバースのデメリット

  • 続いて、アクティブバースにおけるデメリットとは一体どういうものが挙げられるのでしょうか?

  • 自分で産んだという満足感が得られるアクティブバースは、自分のリーダーシップでお産が進行しますので、妊娠・出産の知識を十分につけておくことが大事です。
    出典 :分娩方法について
  • 生物としての本能を最大限に発揮する出産ですが、それでも多少の知識があると違うもの。陣痛の間隔や、乗り切り方など事前に知識として頭に入れておくと、いざ出産の際も違ってくるかもしれません。

  • 短所は「なにをしていいかわからない」ということです。もちろん赤ちゃんを分娩するのが目的ですが、「医師や助産師に誘導、介助されたほうが安心できる」と感じる人もいるでしょう。
    出典 :アクティブバース-妊娠用語辞典
  • 出産という大変な時だからこそ、信頼できる医師や助産師の助けを借りて出産したい、という人もいるでしょう。アクティブバースでは好きなように動いていい代わりに、どういう体勢を取るべきか分からない場合も。分娩台だとその点は関係ないため、安心できるという人もいるでしょう。

  • 設備が必要なため、実施している病院は限られています。
    出典 :アクティブバース [チビタスキーワード] All About
  • ほとんどの病院が分娩台での出産のため、アクティブバースを取り入れている病院は限られているようです。アクティブバースでの出産を希望する場合は、取り扱っている産院を探す必要があります。アクティブバースを取り扱っている場所としては、助産院が多いようです。

  • また助産院や自宅出産だと、もし何かあったときに大病院との連携が取れていないと対応が遅れやすいことも確かです。
    出典 :アクティブバース-妊娠用語辞典
  • 医療行為をできるだけ施さない、という点がアクティブバースの特徴でもありますが、時にはその点が裏目に出てしまうこともあります。そのリスクも含め、どういう出産にしたいかを考える必要がありますね。
    アクティブバースは従来の出産方法とは違い、出産するママと赤ちゃんが主体となって自由に行うものです。一生に数回の出産の機会、どのように過ごしたいか、しっかり考えて決めたいですね。