神経膠腫の症状まとめ こんな症状があれば要注意

神経膠腫の症状についてまとめます
神経膠腫の症状は初期はほとんど見られず、軽い頭痛で受診する人も少ないことから、腫瘍がある程度大きくなって出てきた症状で始めて分かるという方が多いようです
また視覚や聴覚に何らかの異常があっても眼科や耳鼻科などを受診し、発見が遅れることもあるようです

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 神経膠腫は脳のがん

  • 悪性脳腫瘍の代表で、いわば脳の「がん」に当たリ、細胞の分化成熟度(形態)によリ、悪性度も軽度のもの(星細胞腫)から高度のもの(膠芽腫)に分けられます。本来は成人の大脳発生を特徴としますが、子どもでは小脳と脳幹に多く発生します。
    出典 :http://www1.ocn.ne.jp/~kamase/bt.htm
  • 神経膠腫の症状(代表的なもの)

  • 神経膠腫の症状

     

    ・脳の圧力が高くなり生じる症状
    頭痛(とくに起床時から1~2時間がとくにひどい)
    吐き気
    一時的な目のかすみ

    ・脳の働きが障害されて発生する症状
    手足や顔の動きの麻痺
    バランス障害(ふらつき)
    呂律がまわらない
    物の名前がすぐに浮かばない

  • 人間の頭蓋内圧はいつも一定ではなく、睡眠中にやや高くなりますので、朝起きたときに頭痛が強く、吐き気をともなうことがあります。
    出典 :国立がん研究センター がん情報サービス
     

    起床時に頭が痛くなるのは、このような理由があるようです

  • あまり多くはありませんが、20~50歳代で物忘れがひどい、おかしな行動・言動がみられるなども要注意です。
    出典 :神経膠腫(グリオーマ) 症状
     

    手足の痙攣などにも注意が必要です
    おかしいと思ったら迷わず受診することが必要です

  • 痙攣の発作があり、検査を受けた結果、左前頭葉に5センチの神経膠腫(グリオーマ)が見つかりました。手術で腫瘍は摘出しました。
    出典 :グリオーマ手術後に再発。適切な治療法は | がんサポート
     

    この方は、星細胞腫と乏突起膠腫の混在型でグレード2だったとのことです

  • 神経膠腫の症状(初期)

  • 初期には殆ど症状がありません。軽い頭痛、ゆっくり進む性格変化、けいれん発作などを見ることもあります。かなり広範に広がった場合や、袋を形成して、水が溜まった場合(のう胞形成)、出血を起こした時にはっきりした症状がでてきます。
    出典 :脳腫瘍[実質脳内腫瘍]│標準医療情報センター
     

    普通、明らかな症状が出てから受診することが多いので、軽い頭痛ではなかなか病院まで足が向かない人も多いようです

  • 慢性的な頭痛
    初期では2割程度、進行すると7割程度の患者さんにみられます。起床時に最も強く、時間が経つにつれて少し改善する傾向があります。
    出典 :脳腫瘍|種類|原因|症状|検査
     

    起床後しばらくして治ると、つい放置しがちですが、神経膠腫の症状としてよく挙げられるようなので、このような症状があれば受診したほうがいいと思われます

  • 進行した神経膠腫の症状

  • よく挙げられる症状に頭痛・吐き気・意識障害などがあります。これは腫瘍がある程度以上の大きさになり、周囲の脳も腫れ(脳浮腫)、頭蓋骨の内部の圧が上昇するために起こる症状(頭蓋内圧亢進症状)です。
    出典 :神経膠腫(グリオーマ) / 八重洲クリニック 脳神経外科・精神科
     

    MRI検査をするまでは分からないので、症状があれば、脳外科への敷居が高ければ、まずは頭痛外来を受診しましょう

  • 腫瘍による神経圧迫で起こる症状

     

    視力低下などの症状を引き起こす場合があります
    発生した部位によっては、「しびれ・手足のマヒ」「言葉がうまくでない」「聴覚障害」などがあります

  • 目の症状は視野の欠損(目の一部分が見えない)や複視(物が二重に見える)、視力低下などがありますが、皆さんまず眼科へ行かれることが多く、脳の検査まで時間がかかってしまうことが多くあります。
    出典 :脳腫瘍[実質脳内腫瘍]│標準医療情報センター
     

    MRI検査をしないと確定診断はできないので、最終的には脳外科の受診が必要です

  • 神経膠腫の再発は?

  • WHOグレードで3あるいは4と診断されたグリオーマの予後は極めて不良です。いずれ再発はやってくるので、それまでの期間を如何に延長させ、良い全身状態を維持できるかが重要になります。又、最近では如何に腫瘍と仲良く生きてゆくかという考え方が、難治性がんの治療目標として注目されております。
    出典 :悪性脳腫瘍部門|部門紹介|医局紹介 | 東京医科大学 脳神経外科
     

    完治が難しいと言われますが、日々さまざまな研究がされているので、なんとか完治する治療法が見つかるように祈るばかりです
    定期健診を欠かさず、進行を助長させる暴飲暴食や喫煙は控えるようにしましょう