つわり中のお風呂は吐き気の原因!シャンプーの選び方!

つわり中はお風呂に入ることがツライと言われていますが、シャンプーにも原因があります。
自分の好きな匂いのものを選んで使っていたはずなのに、つわりのせいで嫌いな匂いになってしまうのです。
では、つわり中はどのように入浴すれば吐き気を軽減することができるのでしょうか?

view96

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • つわり中はお風呂がツライ!

  •  

    つわりの症状が辛い時期は、体調が悪くて仕事や家事ができません。
    1日のほとんどをベッドで過ごすこともよくありますよね。
    しかし、どんなにだるくても匂いが気になってしまうため、お風呂には入らなきゃと思いますよね。
    このお風呂がつわりを悪化させてしまうこともあるのです。
    本来はお風呂に入ってさっぱりと気分転換できるはずなのに、お風呂に入ったせいで余計に気分が悪くなってしまいます。
    そのため、つわり中はお風呂が億劫に感じてしまう人も少なくありません。

  • 特に、お風呂でつわりの敵となるのが湯気です。
    つわり中の体は、温かい湯気に敏感に反応します。
    そのため、湯気が充満しているお風呂はつわりの症状が悪化してしまうのです。
    また、お風呂は様々な匂いが混ざっています。
    お風呂の匂いとしてはシャンプーやリンス、ボディソープ、メイク落とし、洗顔料、入浴剤などが挙げられます。
    これらの匂いも不快なにおいに感じてしまいます。
    このようなことから、つわり中に限ってはお風呂はゆっくり休める場所ではなくなってしまうのです。

  • 1.とにかく時間勝負!すべてを短時間でササッと済ませること
    2.浴室の扉を少し開けて換気しながら入る
    3.シャンプーなどのニオイを嗅がないように口呼吸すること
    出典 :つわり期でも気持ち悪くならない入浴と歯磨きのコツ つわり対策をお探しの方へ!すぐできる先輩ママが実践した45の対策
     

    お風呂に入る際につわりの症状を悪化させないためには、これらの対策が効果的です。
    気分が良い日は湯船に浸かってもいいかもしれませんが、短時間がお勧めです。
    気分が悪い日にはシャワーのみで済ませましょう。
    また、窓や扉を開けたり換気扇を回すことで、湯気を逃がし匂いがこもりにくくなります。
    しかし、寒い日は体が冷えてしまうため脱衣所をヒーターなどで温めながら入りましょう。
    入浴中はマスクができないため、匂い対策が難しいと言えるでしょう。
    そのため、なるべく口呼吸で息を浅くするしかありません。
    匂いに関しては、シャンプー類を買い替える、入浴剤を入れないなど工夫をする必要があるでしょう。

  • つわり中のシャンプー選び

  •  

    前述したように、つわり中は匂いに敏感になることからシャンプーを買い替える人が多いようです。
    つわりのためだけにシャンプーを買うなんてもったいないと感じる人も居るかも知れませんね。
    しかし、シャンプーを買い替える理由は匂いだけではありません。
    妊娠すると、皮膚が敏感になり頭皮にも異常が出る場合があります。
    具体的な頭皮トラブルは、匂いやかゆみ、フケ、抜け毛、べたつきです。
    このような頭皮の不快感があるならば、シャンプーを替えてみるのも1つの手です。
    ちなみに、もともと使っていたシャンプーは出産後何事もなかったかのようにまた使うことができるので保管しておきましょう。

  • 妊娠中はつわりや頭皮トラブルなどがあり、どのシャンプーを使えばいいのか悩むところだと思いますが、やはり「低刺激」のシャンプーが一番だと思います。
    出典 :先輩妊婦が選んだ!つわり対策シャンプー!
     

    つわり中のシャンプー選びのコツは、低刺激のものを選ぶことです。
    低刺激のものは基本的に匂いがきつくありません。
    そのため、シャンプーの匂いによる吐き気も軽減することができるでしょう。
    また、その名の通り刺激が少ないため、敏感になっている頭皮でも安心して使うことができます。
    実際に先輩ママでも低刺激シャンプーに替えてから頭皮トラブルが無くなったという人が多いようです。
    そのため、低刺激シャンプーは妊娠中の必需品となるでしょう。
    更に、低刺激シャンプーだと赤ちゃんにも使えるものがほとんどです。
    そのため、妊娠中だけでなく出産後は親子でシャンプーを使うことができます。
    お風呂でつわりの症状が悪化する妊婦さんや頭皮の悩みを抱えている妊婦さんは、ぜひ低刺激シャンプーを試してみて下さい。