中性脂肪を減らしたい!有効な食材まとめ

ダイエットにも効果的な中性脂肪を減らす食材について、まとめました。それぞれの食材の効果を知って、健康な身体を手に入れましょう!

view249

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • たまねぎが血液をサラサラにする食品であることは有名ですが、中性脂肪を下げる働きも持っていることを、ご存知でしょうか?

    たまねぎの中には、ケルセチンという成分が含まれています。

    このケルセチンは、ポリフェノールの一種で、柑橘類やリンゴ、それに赤ワインなどに含まれているのですが、中でもたまねぎには、特に多くのケルセチンが含まれているのです。

    ちなみに、普通に食べる部分よりも、茶色い薄皮の部分にかなり多くのケルセチンが含まれていて、一時期は、干したたまねぎの皮をお茶にして飲むという健康法が流行ったこともあるほどです。
    出典 :たまねぎ【中性脂肪を下げる食品・食べ物】
     

    薄皮の茶色い部分は捨てちゃっていました。

  • くるみといえばナッツ類ですから、カロリーも高く、むしろ太りやすいんじゃないかと思われやすいのですが、意外にも中性脂肪を下げる効果があるのです。

    くるみには、ビタミンやミネラル・抗酸化物質がバランスよく、しかも豊富に含まれています。

    栄養素の65%が脂質なので、太りやすいようなイメージがありますが、くるみにはナッツの中でも唯一、心臓に良い必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸というものが豊富に含まれているのです。

    出典 :くるみ【中性脂肪を下げる食品・食べ物】
     

    くるみなら、おやつ代わりにも良いですよね。

  • オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸に、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがあるとして注目されています。
    出典 :内臓脂肪や中性脂肪を減らす健康ダイエット方法
     

    オリーブオイルは美容にも良いといわれていますね。

  • きのこに含まれている不溶性食物繊維には、腸内のコレステロールを体外に排出する働きがあり、しかも腸内の糖質の吸収を緩やかにするという効果も持っています。

    これが、中性脂肪を下げることにつながっていくわけですね。

    出典 :http://tyuseisibo.degomaga.biz/104.html
     

    きのこが良いというのは、そういう訳なんですね。

  • 野菜、果物、豆腐や納豆(豆類)、青魚(サバやイワシ)、とうがらし海藻類などがあります。特に、納豆は中性脂肪値・コレステロール値の低減はもちろんのこと、血栓予防作用や骨粗しょう症予防作用、また肝機能改善の効果も多くの臨床実験で認められています。
    出典 :内臓脂肪や中性脂肪を減らす健康ダイエット方法
     

    納豆は体にいいですね。

  • 青魚に中性脂肪を下げる効果があることは、広く知られていると思います。

    では、なぜ青魚がいいのかといえば、それはEPAとDHAを豊富に含んでいるから。

    正式には、EPAがエイコサペンタエン酸というもので、DHAはドコサヘキサエン酸です。

    この2つは、多価不飽和脂肪酸と呼ばれるものの1種で、中性脂肪を下げ悪玉コレステロールを減らし、逆に善玉コレステロールを増やすという働きをします。

    出典 :青魚【中性脂肪を下げる食品・食べ物】
     

    青魚、たくさん食べたいですね。

  • 果物では、「グレープフルーツの香りによる脂肪燃焼効果」が、研究で裏付けられ、2005年10月に「日本肥満学会」という学会で発表されています。
    出典 :内臓脂肪や中性脂肪を減らす健康ダイエット方法
     

    香りというのが、すごいですね。

  • 昆布の中でも、中性脂肪を下げるために特に効果が高いのが、とろろ昆布と言われていて、食品メーカーが東京海洋大学大学院と共同研究したところ、その効果が分かりました。

    出典 :昆布【中性脂肪を下げる食品・食べ物】
     

    とろろ昆布はお味噌汁に入れるとおいしいですよ。

  • この水溶性食物繊維に、腸内で糖質の吸収を抑える働きがあるため、中性脂肪を下げるのに役だってくれるのです。

    また、わかめや昆布には、アルギン酸というものも多く含まれています。

    これも水溶性食物繊維の一種なのですが、腸内のコレステロールの吸収を抑え、便と一緒に排出する作用があります。

    腸内環境を整える作用もあるので、便秘の解消や肥満の予防にも効果が期待できるでしょう。

    出典 :海藻類【中性脂肪を下げる食品・食べ物】
     

    海藻は、サラダやお味噌汁に入れると料理がしやすいですよ。

  • お酢が体に良いことは昔から知られていることですが、中性脂肪を下げる効果もあるということをご存知でしたか?

    お酢の主成分である酢酸には、脂質の生成を抑えて燃焼を促進する働きがあるのです。

    ですから、お酢を日常的に摂るようにすると、内臓脂肪を減らし、血液中の中性脂肪を下げる効果が期待できるということなんですね。

    出典 :お酢【中性脂肪を下げる食品・食べ物】
     

    お酢も健康食品として有名ですよね。

  • 豆類も、中性脂肪を下げる働きがある食品として知られています。

    やはり、低カロリーで食物繊維を豊富に含んでいることが、その効果の秘密といえるでしょう。

    中でも、大豆に含まれている大豆サポニンには、中性脂肪を下げて善玉コレステロールを増やすという効果があります。

    ですから、納豆や豆腐、おから、豆乳などの大豆製品は積極的に食べておきたいものですね。

    出典 :http://tyuseisibo.degomaga.biz/107.html豆類【中性脂肪を下げる食品・食べ物】
     

    豆類は、マメに食べましょう。

  • 中性脂肪を下げる( 改善する )食品 

    玄米、大豆、エンドウ豆、しいたけ、エリンギ、ひじき、昆布、わかめ、あおさ、コンニャク、ごぼう、ブロッコリー、もやし、レタス、とうふ、おから、納豆、さといも、リンゴ

    出典 :中性脂肪を下げる食品
     

    基本はダイエットに良いといわれている食材ですね。

  • とうがらし

     

    唐辛子にカプサイシンという辛味成分が含まれていることは、きっとよくご存知でしょう。

    また、このカプサイシンがダイエットに効果的というのも有名ですね。

    カプサイシンが、なぜダイエットにいいのかといえば、それは脂肪を分解して燃焼させる働きがあるからです。

    特に、中性脂肪を合成する内臓脂肪を減らす働きがあるので、肥満の防止や予防にも役立つのですね。

  • 牡蠣

     

    牡蠣というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

    どちらかと言うと、高級な食材ですし、贅沢なイメージもありますからコレステロールが高そうだと思っている方もいらっしゃるかも知れませんね。

    ところが、最近の研究によって、牡蠣には中性脂肪を下げる効果が発見されたというのです。

  • 中性脂肪の予防を気にする余り、肉を全く食べない、炭水化物を減らす、などする人がいるようですが、それは健康のためよくありません。身体が必要としている栄養というのは、いろいろありますから、中性脂肪のことだけを考えて、安易に肉を食べない!などと考えてはいけません。中性脂肪を予防するレシピであっても、肉は使ってもいいのです。大事なのは、偏りすぎたレシピにならないようにすることです。バランスの取れたレシピを考えていきましょう。中性脂肪は、アルコールや砂糖を含むお菓子などを飲んだり食べたりすることでも上がります。ときどき口にする程度なら構わないのですが、毎日それも大量の酒やお菓子を摂取している人は、もし中性脂肪の予防を真剣に考えるのであれば、少し控えた方がよいでしょう。