★頬のたるみの原因と改善方法★

ブルドッグ顔の原因と言われる頬のたるみ。
原因と改善方法をまとめてみました。

view451

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • たるみの原因

  • ・肌への栄養が不足している。(加齢によりコラーゲンなどが不足)
    ・血行不良(代謝も悪くなり、コラーゲンなどのハリ物質が体内に巡りにくくなってしまう)
    ・肌の乾燥(乾燥が酷くなると水分量が失われ、ハリがなくなる)
    ・筋力の低下・重力の影響(筋力が落ち、さらに重力のにより顔の脂肪や肉が下がる)

  • 肌の土台を支えるコラーゲンやエラスチンといった成分の劣化。
    表情筋の衰え・脂肪の増加で肌の内部が支えきれなくなる。

  • 生活改善でたるみにくくする

  • 生活習慣の中で、頬のたるみを作りやすくしている場合があります。

    もっとも多いのが、頬杖。
    テレビを見たり、机に向かったりしているときに頬杖をついていませんか?

    頬杖は頬の皮膚をたるませることになりやすいので要注意です。


    また、顔の表情も大切です。

    特に避けたいのが、「しかめ面」。
    しかめ面は、額や眉間にシワができやすくなるばかりでなく、
    口がへの字になって口元や頬をたるませることになりやすいのです。


    頬のたるみの予防や改善に良いのは、笑顔!

    笑顔は顔全体の筋肉が使われて表情筋の血行が良くなり、
    口角を上げた笑顔は、頬のたるみ防止にもなります。


    表情筋をよく動かすという意味では、楽しいおしゃべりや、
    カラオケなども頬のたるみ防止に有効です。

    出典 :頬たるみ解消法
  • 頬のたるみを改善させるマッサージ

  • 頬のたるみ対策のマッサージのポイントは、マッサージの方向と力加減です。

    マッサージの方向は、内から外へ、そして下から上へ持ち上げるように!
    が基本。

    ・頬の下部は、小さくらせんを描きながら、あごから耳の下へ向かって。
    ・頬の中央部は、小さくらせんを描きながら、口角から耳の中心へ向かって。
    ・頬の上部は、小さくらせんを描きながら、小鼻からこめかみに向かってマッサージ。


    マッサージの力加減は、やさしくなでるように!
    が基本。

    ゴシゴシとこすったり、肌が引っ張られるように力を入れないでください。

    そんなに力を入れると、頬のたるみやしわが悪化することもあります。

    力を入れすぎないコツとしては、薬指だけを使ってマッサージすること。
    薬指で頬をなでるようにマッサージすると丁度よい力加減です。

    さらにマッサージクリームを使うと、指がやさしくすべりやすくなります。


    ファンデーションを塗る時や、クレンジングの時も、マッサージの方向と力加減を
    意識しながら行うと、頬のたるみが引き締まってきます。
    出典 :頬たるみ解消法
  • 頬をたるませない!予防エクササイズ

  • 頬のたるみの予防や改善のために表情筋をストレッチしましょう。
    頬のストレッチは肌の血行も良くなり、肌の若々しさを保つ効果も期待できます。

    ▼頬のストレッチ
    顔のたるみの代表である頬のたるみのためのストレッチですが、
    小顔を作るストレッチとしてもよく知られています。

    1)初めに口を尖らせ、頬を内側に吸い込むようにすぼませて5秒間保ちます。
    2)次に、頬に空気をためていき充分膨らませて5秒間保ちます。
    以上を、3~4回繰り返します。


    ▼口の周りのストレッチ
    口元をキリット引き締めるストレッチです。

    1)口を尖らせたまま縦に大きく開き、そのまま5秒間保ちます。
    2)1)の状態で、唇を口の中に巻き込んで、そのまま5秒間保ちます。
    以上を、3~4回繰り返します。


    ▼口角のストレッチ
    口角のたるみを防止するストレッチです。

    1)初めに口を軽く閉じた状態で唇を口の中へ巻き込み、
     そのまま下唇だけを下に開いて5秒間保ちます。
    休みを入れながら、3~4回繰り返します。
    出典 :頬たるみ解消法
  • 筋肉が攣らないように注意しましょう。

  • 動画を見てエクササイズをマネるのも良し!

  • 田中愛の顔筋体操 あいうえお!で頬のタルミ解消する方法 八戸市のエステサロンビナー ...

  • フェイスニング⑥ ほっぺたのたるみ を防いで若返りましょう! - YouTube

  • 無理のない程度にやってみましょう。継続は●●なり!