苺にも含まれている!!知ってるようで知らないキシリトールの魅力とは???

虫歯になりにくい成分として知られているキシリトールって一体何??
実は食べ物にも含まれているって知ってた??
気になるキシリトールについての情報を色々とまとめてみました!!

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもキシリトールって何???

  • キシリトールは自然界に存在する天然の5炭糖の糖アルコールです。多くの果実や
    野菜の中に含まれ、また人体でも作られます。
     工業的には樺の木やその他の樫木のキシラン・ヘミセルロースを原料として作られ
    ます。キシリトールはすべての糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同等の甘味度です。
    出典 :キシリトール
  • キシリトールは世界でも評価されています!!!

     

    キシリトールはFAO(世界食料農業機関)/WHO(世界保健機関)合同の規格委員会より、「1日の許容摂取量を限定せず」という最も安全性の高いカテゴリーとして評価されている食品添加物です。

  • キシリトールの効果は?

  • キシリトールはむし歯予防に効果的といわれますが、その理由は大きく2つに分かれます。
     ひとつはむし歯の原因となるミュータンス菌に直接アタックする効果、もう一つは唾液分泌を増やすことによる効果です。
    出典 :キシリトール
  • ミュータンス菌にアタック!

     

    むし歯とは、ミュータンス菌に代表されるむし歯の原因菌が酸を産生し、歯が溶け出す現象です!!

  •  キシリトールを長期間(1日3回で3ヶ月)継続して摂ると、プラーク(歯垢)をすみかとするむし歯菌は数が減って元気がなくなり、同時にプラークが歯面からはがれやすくなることも知られています。
     この効果は他の糖アルコールには見られない、キシリトール特有の作用です。
    出典 :キシリトール
  •  唾液が増えてラッキー!

     

     キシリトールはその清涼感のある甘さにより唾液を出させる効果があります!!

  • 唾液の量が増えるということは、お口の中をきれいに洗い流してくれるだけでなく、唾液に含まれる様々な成分によって歯の成熟作用や石灰化作用が促進されるといわれます。
     中でもキシリトール配合のガムでは噛むことによって唾液分泌の効果がより高まります。
    出典 :キシリトール
  • キシリトールが含まれている食べ物とは???

  • <自然界に存在するキシリトール>
       品名     キシリトール食有量(mg/100gd5)
    •イエロープラム      935
    •イチゴ          362
    •カリフラワー       300
    •ラズペリー        268
    •レタス           31
    •ほうれんそう       107
    •たまねぎ          89
    •にんじん         86
    •バナナ          21
    •くるみ          14
    出典 :キシリトール
     

    身近な食べ物にも案外多くのキシリトールが含まれているのです!!!

  • キシリトールは血糖値に影響を与えません!!

  • キシリトールはインシュリンに関係なく代謝されるので糖尿病患者
    も安心して摂取できます。
    出典 :キシリトール
     

    甘いお菓子をたべるよりもキシリトール使用のものの方がおすすめです!!

  • キシリトールの効果的な使い方は?

  • むし歯を効果的に予防するには、高濃度のキシリトール配合ガムか錠菓を、できるだけ長く口の中に入れておくことです。
     ガムでいえば、1回に5分程度は噛みましょう。1日3回以上摂取し、これを3週間継続すると口腔環境改善の効果が現れてくるといわれます。
     タブレットでは、噛まずにゆっくり溶かして唾液をお口の中全体にいきわたらせることがポイントです。
     食後がベストですが、食間でもかまいません。
    出典 :キシリトール