引きこもりはこころの問題?

社会問題化している引きこもりですが、こころの問題だという意見もあります。今回はこの引きこもりについてまとめてみました。

view180

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 引きこもりとは

  • 仕事や勉強、人間関係など、日常生活から自発的に退避し、長期間におよぶ自宅、または自室への閉じこもりをもって、社会活動に参加しない状態が続くこと。
    出典 :引きこもり - Wikipedia
     

    自分の意思で閉じこもっている方のことを言います。ですのでうつ病などが原因で外に出られない方などはこの定義で判断すれば、引きこもりには該当しません。

  • 厚生労働省の調査結果では、56%のひきこもり経験者がこれまでに精神障害を経験していた。しかし精神障害の経験なしの者も44%あった。ひきこもりと同時期の精神障害の発症は多くない。精神障害が合併しやすいが、ひきこもり=精神障害の一症状ではなさそう
    出典 :引きこもり - Wikipedia
     

    精神障害が関係しているのか、関係していないのか、どちらとも判断できる微妙な数字ですね。

  • 平成15年度のガイドラインで「社会的ひきこもり」を「精神保健福祉の対象」としています。公的機関・民間団体ともにひきこもりの支援に取り組むところが増えてきました。
    出典 :ひきこもり:こころの健康とは:京都市こころの健康増進センター
     

    精神保健福祉の対象とされているのですね。

  • 引きこもりの問題点は?

  • ひきこもりの期間が長くなれば、社会から隔絶される期間も長くなりますから、
    社会復帰はますます困難になってしまいます。
    出典 :ひきこもりについて | 青少年育成クラブ
     

    長くなれば長くなるだけ改善が難しくなります。

  • 人間としての “社会性” を 急速に 失うことになって・・・

    その後 自分自身が ”制御不能状態” に なってしまうことがあり・・・
    出典 :”引きこもり” の 問題点|New Discovery Diary
     

    自分自身ではどうしようもないのが問題なんですね。

  • 改善法は?

  • まず本人自身が、誰よりもひきこもり状態を恥じていることを、もう一度強調しておこう。それが事実かどうかはともなく、本人の状態を「怠け」「わがまま」「甘え」とみなしているうちは、治療そのものが成立しないからである。
    出典 :ひきこもり 社会的ひきこもり 齋藤環 爽風会佐々木病院
     

    好き好んで引きこもりをしている人はそれほどいません。

  •  

    まずは家族の理解からです。

  • 精神科、心療内科、等にいく(いけたら苦労しねえよ)

    支援団体、支援施設等にいく(どれもこれも遠いんだよ)

    保健所にいく(出かけられるなら苦労(ry)
    出典 :引きこもりとは (ヒキコモリとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
     

    どれもこれも外出しないことには無理なものばかりですね。

  •  

    支援施設などに最初から行こうとするのは無理です。段階を踏んで行きましょう。

  • 怖がらず外に出る方法は、ぶっちゃけないです。あくまでできるのは「怖さの緩和」までです。経験でしか解決できません。怖さの緩和としては「人に会いやすい時間を避ける」とか「変装する」とか「イヤホンで音楽を聞きながら」とかです。
    出典 :引きこもりはどうすれば改善できますか? - Yahoo!知恵袋
     

    最初は一歩でも二歩でもよいですから、外に出るのに慣れるようにしましょう。

  • 引きこもりが続き、心が沈んでいると、生活リズムが乱れてくることがあります。身体のリズムを戻すことができれば、心も晴れてくると思います。食事の回数や時間、寝る時間を決めるなど、自分の生活パターンをつくりましょう。
    出典 :引きこもっているあなたへ|引きこもりの原因と対処法
     

    小さな努力の積み重ねですね。

  •  

    引きこもると夜型の生活になっている場合が多いですから、まず朝型の生活に変えることから始めるのですね。

  • 家族は今ある状態を理解し受け入れている、という雰囲気が本人に伝わるようにすると良いでしょう
    まず、家庭の中で本人が安心して振舞うことができれば、自然に家族と会話することができるようになるかもしれません。
    出典 :家族にできること|引きこもりの原因と対処法
     

    まずは家の中で居場所を与えて、部屋から出れる環境を与えるのですね。

  •  

    居場所を与えて安心感を与えることが重要です。