若者になりやすい「デジタル認知症」とは

今、若者の間で問題になっている「デジタル認知症」とは
いったいどのようなものなのでしょうか?
もしかしたら気づかないうちに、予備軍になっているかもしれません。

view300

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • デジタル認知症とは?

  • 「デジタル認知症」とはスマホなどの電子機器に
    依存するような生活を送ることで脳が退化し、
    集中力や記憶力が弱くなり、仕事や生活に支障が出る症状。
    出典 :「デジタル認知症」が増加中
  • どんな症状?

  • スマホを1日4~5時間ほど使用している方は、電話番号や数字、
    人名などを忘れっぽくなり、仕事にも支障が出ているそう。
    スマホユーザーの60%以上が「最近モノ忘れがひどくなった」と
    感じているなど、デジタル認知症はすぐそこまで迫りつつあります。
    出典 :【若者に急増中】「デジタル認知症」を回避する方法3つ - ライブドアニュース
  • ちょっとした漢字や、いつもかけている相手の電話番号など
    スマホに情報がすべて入っているので
    困ったことはスマホが解決してくれると思っている若者が
    増えていることが認知の大きな原因になっているわけです。

  • 放っておくと怖いのは?

  • 自分の頭を使わずに、スマホにばかり頼っていると
    脳が怠慢になり、働かなくなるそうです。
    そのままだと、認知症になりやすくなる、とも言われています。
    出典 :彼の電話番号を忘れた!デジタル認知症の危険 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 今からできる対策とは?

  • 文字を書く

     

    メールで文字を打つことが当たり前になっているため
    漢字を思い出すという脳の働きが低下するといわれています。
    日記を手書きするなど、文字を書くということを心がけましょう。

  • 暗算を心がける

     

    簡単な足し算などは、スマホの計算機能や電卓を
    なるべく使わず暗算で計算するようにしましょう。

  • スマホをしばらく使わない

     

    常にスマホを持ち歩き、画面をいつもチェックしている
    状態になっていたら要注意です。
    運動するなど、しばらくスマホを手放す時間を
    作るようにしましょう。

  • 頭脳ゲームをする

     

    オセロや将棋など、頭を使うゲームを
    してみましょう。
    脳を使うことが大切です。

  • 青魚を食べる

     

    青魚にはDHAという成分が含まれており
    認知症予防や記憶力低下予防に
    効果があるといわれています。

  • ヨガをする

     

    脳を休めるために、リラックスしながらできる
    ヨガがおすすめです。
    空気を体のなかにたくさん取り入れるイメージで
    するとよいでしょう。

  • 脳を使わなくなることで、どんどん記憶力や思考力が低下していく
    ということがわかりました。
    将来、本当の認知症にならないように
    今すぐ対策をしていきましょう。