夜のいびきや呼吸停止、昼の眠気は・・・睡眠時無呼吸症候群のおそれあり!

いびきのひどい人の多くに睡眠時無呼吸症候群があると言われています。
症状がすすめば日中の生活に支障を及ぼし、事故を起こしたり生活習慣病となる場合も・・・
健康な生活を送るためにも睡眠時無呼吸症候群に注意を・・・

view304

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠時無呼吸症候群とはどんな病気でしょうか?

  • 「睡眠時無呼吸症候群」は、医学的に次のように定義されています。

    睡眠中に無呼吸を繰り返し、その結果、日中に眠くなる、熟睡感がないなどの種々の症状を呈する疾患。

    無呼吸(10秒以上の呼吸停止)をひと晩7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間当たりに5回以上起こす病態。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)はどんな病気?
     

    睡眠時無呼吸症候群はSASと言われており、今では良く知られた疾病となっています。

    日中に眠気が強くなりついうとうとして・・・大事故に・・・自分の命だけでなく他人の命まで奪うことになりかねない重大な病気の一つです。

    肥満の人に多いと言われていますが、痩せた人にも顎の大きさによっては起きる可能性があり、誰にでも起こり得る疾患だと考えて良いと言えましょう。

  • 睡眠時無呼吸症候群の症状はどんなものでしょうか?

  • SASはさまざまな症状を伴います。いびき、日中の眠気、起床時の頭痛、睡眠中に脳が覚醒状態になる(中途覚醒)やインポテンツなどがあります。
    出典 :あなたのいびきは睡眠時無呼吸症候群?:SASについて:SASの原因・症状
     

    SASとEDとの間に関係があるとは・・・男性だけでなく女性にも影響を及ぼす深刻な病気です。

  • 睡眠時無呼吸症候群はどのように区分されているのでしょうか?

  • 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まったり(無呼吸)、喉の空気の流れが弱くなった状態(低呼吸)が1時間に何回も起こる状態です。

    一般的に1時間にこの状態(10秒以上の無呼吸もしくは低呼吸)が5回以上ある場合を睡眠時無呼吸症候群と定義します。

    この1時間あたりの回数を無呼吸低呼吸指数(AHI:Apnea Hypopnea Index)といい、重症度を決めるときに使用します。

    5~15回を軽症、15~30回を中等症、30回以上を重症と医学的に分類されます。
    出典 :快適な睡眠とは?睡眠時無呼吸症候群研究室:睡眠時無呼吸症候群とは
     

    AHIという指数で重症度を決めていると言うことですが、1時間に30回以上も無呼吸や低呼吸が起きるのはとても辛いことなのではないでしょうか?

  • 睡眠時無呼吸症候群になりやすいのはどのような人でしょうか?

  • 肥満の人

  • 肥満とSASは大きくかかわっています。肥満が原因でSASになっていると思われる方は、減量に努めましょう。減量によっては無呼吸が軽減でき、CPAPなどの装置も必要なくなることもあります。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフケア:肥満
  • 顎の小さい人

  • 「顎が小さい」とは欧米人のように下あごが前にでておらず、むしろ後ろに引っ込んでいる方のことです。

    縄文人(顎がしっかりしている)と弥生人(わりと細面)といえば分かりやすいでしょうか。

    実は、日本のSAS患者さんの約30%がこの顎が小さいことが原因によると言われています。

    顎が小さい方はもともとの気道の面積が狭いために、若いころは痩せているために無呼吸でなくとも、顎がしっかりした方と比較して、ちょっとした体重増加でも無呼吸になる可能性があります。

    最近では、食生活の変化で顎のラインがスマートな若い方が増え、小顔ブームとなってきましたが、このような方は、特に体重増加には気を付けないとSASになる可能性があります。気を緩めず、自己管理をしっかりと行いましょう。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフケア:顎が小さい方へ
     

    SASの方の30%が小顎が原因というのは、顎の小さい方がちょっとでも太ると、SASとなるリスクが高くなるという事になります。

  • 寝酒をする人

  • 眠れないからと寝酒(ナイトキャップといったりします。)をしていませんか?アルコールを飲むと体の力が抜けるのと同じで、気道の筋力も低下させています。つまり、アルコールは無呼吸発生の原因になるのです。

    アルコールを飲んだ日にいびきをかくのは、気道やの口蓋垂(どちんこ)がきちんと支えられていないため震えているのです
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフケア:飲酒
     

    確かにお酒を呑むと筋力低下というよりも筋弛緩状態となります。身体の一部が緩んだ状態とはいきませんから、当然のこと喉も緩むという事になります。

    おまけに脳もゆるんであらぬ事をしていまう方もいて・・・お酒はほどほどに・・・就寝の2~3時間前までだそうです。

  • 合併症に注意しましょう!

  • 運転をする方も要注意!

  • 睡眠時無呼吸症候群の治療はどのような方法がありますか?

  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)には、つぎのような治療を行います。

    ・減量
    ・生活習慣の指導
    ・CPAP
    ・口腔内装置
    ・手術治療

    睡眠時無呼吸症候群(SAS)が軽症の場合は、減量や生活習慣だけで症状が改善することもあります。しかしある程度症状が進んでしまった患者さんは、ひどい眠気のために気力が低下し、減量や生活習慣改善にもなかなか前向きにとりくむことができません。

    こうした患者さんには、CPAPと呼ばれる装置を使った治療が適しています。
    出典 :SASの治療法 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    CPAPという治療法が日本では多く行われているということです。

    それよりも日常生活を規則正しく健康的に過ごして、SASとなるリスクを減らすことが第一でしょう。