つわりと妊娠悪阻は違う!日常生活にも支障をきたす妊娠悪阻の治療とは?

妊婦さんの1%が陥るとされる妊娠悪阻の治療は、どのようなものがあるのでしょうか。妊娠悪阻の症状や治療法をまとめてみました。

view684

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【妊娠悪阻】とは?

  • つわりが極端に重くなり、医師によるケアが必要になった状態を「妊娠悪阻」といいます。
    出典 :つわりと妊娠悪阻の違い【つわり生活】
     

    ”つわり”が重症化した症状を【妊娠悪阻】といいます。

  • 妊娠悪阻を発症するのは全妊婦さんの約1%とされています。
    出典 :つわりと妊娠悪阻の違い【つわり生活】
  • 【妊娠悪阻】は日常生活に支障をきたします

     

    食べ物も食べられず、飲み物も飲めず、1日中嘔吐を繰り返す・・
    このような状態を【妊娠悪阻】といいます。
    日常生活に支障をきたすため、周りの理解とサポートが必須です。

  • 【妊娠悪阻】の症状は?

  • 全妊婦の0.1~1%にみられる妊娠悪阻は、その症状によってさらに3段階に分けられています。
    出典 :つわりと妊娠悪阻の違い【つわり生活】
  • 第1期/軽症期

     

    胃の中に食べ物が入っていないのに、吐き気や嘔吐がみられます。
    胃は空っぽの状態のため胃液や血液を吐くようになります。
    1日中続く嘔吐によって体重が減少し、口の中が乾いて脱水症状を引き起こす場合もあります。
    さらに排泄量が減り、尿の中にタンパクが出るようになります。

  • 第2期/中毒期

     

    第1期の状態からさらに悪化します。
    ※ケトン体が認められるようになります。
    代謝異常によって中毒症状が引き起こされ、入院を要することもあります。

    ※ケトン体とは肝臓内で作られた脂肪酸によって合成された成分

  • 第3期/重症期

     

    第3期では脳神経症状が出始めます。
    当然、妊娠の継続も危ぶまれる可能性が高くなります。
    幻覚、幻聴、視力障害などの症状が現れ、母子ともに危険な状態となってしまいます。

  • 【妊娠悪阻】の原因は?

  • 重度妊娠悪阻の原因は明らかにされていませんが、つわりがひどくなった時点で重度妊娠悪阻にならないように早めに病院で治療を受けることが大切です。
    出典 :吐き気や嘔吐が止まらない。つわり時の重度妊娠悪阻の治療とは
     

    【妊娠悪阻】の原因は明らかになっていないんですね。

  • 【妊娠悪阻】の治療法は?

  • ”食事”による治療

     

    慢性的に続く吐き気や嘔吐のせいで食欲は沸かないことだと思います。
    しかし空腹は、より一層嘔吐感を強くしてしまいます。
    食べられる物、好きな物を少しずつでもいいので口にするようにしましょう。
    お腹の中の赤ちゃんに栄養が行かないんじゃ・・
    と心配して無理矢理食事を詰め込むママさんもいらっしゃいますが、妊娠初期であれば赤ちゃんには影響がないとされています。
    まずは自身の体調を最優先に考え、少しずつ食事を摂るようにしたいですね。

  • ”安静”による治療

     

    【妊娠悪阻】の基本的な治療法は、”安静”です。
    つい家のことや家族のこと、仕事のことが気になって安静にできない場合は、医師から入院を勧められる場合もあります。

  • ”手術”による治療

     

    【妊娠悪阻】が重症化した場合は、胎児より母体の安全を優先して手術が行われる場合もあります。
    重症化しないよう早めに医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。

  • 【妊娠悪阻】病院に行く目安は?

  •  

    ①1日に嘔吐が5回以上ある
    ②水分を全く摂取できない
    ③体重が5kgもしくは体重の10%以上減った
    ④トイレの回数が顕著に減るった
    ⑤数日間で急激に痩せた
    ⑥尿にケトン体がでた

    どれか一つでも当てはまる場合は、すみやかに病院にかかるようにしましょう。

  • 【妊娠悪阻】赤ちゃんへの影響は?

  • 妊娠悪阻では食べ物や飲み物を一切受け付けない・・・というケースも多く、赤ちゃんへの影響が気になるところ。実際、重い妊娠悪阻をもった妊婦さんのごく一部に低体重児の報告があるそうです。
    しかし、今までの研究において他に目立った影響は報告されていません。
    出典 :つわりと妊娠悪阻の違い【つわり生活】
  • まずはママのことを優先して

     

    妊娠中は常に赤ちゃんのことが気になり、ママは不安に陥りやすくなります。
    しかし、妊娠初期に十分な栄養が摂れなくても赤ちゃんの成長に影響はありません。
    吐き気があるのに無理矢理食べて、また吐き気・・とあまり一生懸命になりすぎず、吐き気などの症状が少しでも緩和することを考えましょう。

  • 【妊娠悪阻】は周りのサポートが大切!

  • 周りの人・・・ママを取り囲む人々おいえば、第一にパパ。そして実父母、義両親、兄弟姉妹、友人・・・ってところでしょうか。
    出典 :+++妊娠悪阻+++≫妊娠悪阻
  • 母親の自覚ってそんなにすぐ芽生えるものなの?まだ大きくなってないし動いてもいない。ただ吐き気がしたりめまいがして悪阻っぽい症状あるから、なんとなーく妊娠してるんだなって感覚はある。母親の自覚ってなんだ、いい母親ってなんだ。母親らしくなるってなんだ。理想を求められても困る
     

    「母親なんだから」なんて言葉は軽々しく言うべきではありませんよね。

  • 妊娠がわかる前から計画してた旅行で、その後妊娠がわかったから悪阻あるしいけるか不安だったけど、すごくゆっくり旅程組んでくれたし多少気持ち悪くて休んだりしたけど無事楽しめて良かったなぁ。まぁ日帰りも出来る距離だから安心して行けたってのはあるけど。
     

    周りの方のサポートがあれば、妊婦さんも安心して悪阻と向き合えます。

  • RT @nao2kismama: 子どもを出産した事ない子に
    3人目は?って聞かれた。
    いやいや、
    妊婦、産後、育児の大変さ
    知らんのに簡単に言わんといて…
    私は毎日吐きすぎて脱水症状なって
    入院して点滴するほど酷かった悪阻。
    産後の腰痛、恥骨痛。
    産まれてからは毎日寝不足。 …
     

    妊娠悪阻の辛さは、ママにしか分かりません。

  •  

    パートナーはもちろん実家や義実家、友人など周りの方々が【妊娠悪阻】の辛さを理解してサポートすることが大切です。
    ママもあまり1人で抱え込みすぎず、甘えられるところは甘えて【妊娠悪阻】と向き合って頂ければ・・と思います。

  • まとめ

  • 【妊娠悪阻】は多くの妊婦さんが体験する”つわり”よりも症状が重たいものです。
    少しでも体の変化や症状の悪化が見られたら、すぐにお医者さんに相談するようにしましょう。
    そして出来る限りママが楽な気持ちで過ごせるように、周りの方々も出来る限りのサポートを行いたいですね。