出来るの?「マタニティブルーの予防」まとめ!

マタニティブルーの予防は出来るのでしょうか!関連する事を凝縮!

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マタニティブルーは

  • 待望の赤ちゃんが産まれてとても嬉しいはずなのに、突然、悲しい気持ちになったり、訳もなく涙が出たり、不安で眠れなくなったり、やる気が起こらなかったり……。産後間もなくして情緒不安定になることを「マタニティブルー」と呼んでいます。
    出典 :マタニティブルー
  • 出産の疲れや、慣れない育児による疲れや睡眠不足、育児に対するプレッシャーや孤独感などがマタニティブルーとなる要因です。でも、それだけではありません。
    出典 :マタニティブルー
     

    他にもホルモンの減少が原因にもなるのです。

  • 不安になって当然と思おう

  • 考えてみれば、妊娠・出産という大仕事をなしとげたあとなのです。家事が以前のようにできない、うまく授乳ができない、赤ちゃんが泣きやまないなどのあせりや自己嫌悪が、マタニティブルーを悪化させている要因。精神的に落ち込まないような予防策を工夫する必要があります。
    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
  • まずたいせつなのは、夫や家族の協力。なにもかも白分でやろうと思わず、家事の分担をしてもらいましょう。ただ、どうしても昼間は赤ちゃんとふたりきりになってしまうので、毎日赤ちゃんの世話をしていて、社会から遮断されたような気分になってしまうこともあります。
    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
  • 妊娠

     

    妊娠すると悩みも次第に増えていきますよね。友達や同じ悩みを抱えているママ友と話をするのも良い事ですね。また、お世話になった産院や主治医にも相談するとすっきりします。このすっきりする事が大切なのです。

  • 妊娠中から予防をしよう

  • 自治体や病院などで行っている母親学級やマタニティビクス、マタニティスイミングなどで、同じ不安や悩みを持つママ友を作っておく。もちろん、既に出産・育児を経験している先輩ママ友達と連絡を取れることも忘れずに。いざという時に心強い見方です。
    出典 :マタニティブルー
     

    マタニティブルーの予防法にはこれらが大切なのです。

  • 最も身近な夫や母親に、悩みや出産後の不安、心の動揺を打ち明けておくことも大切です。そうすれば出産後の協力も得やすくなりますから。出産後は、家族の絆が試される時期ともいえます。引っ込み思案にならないで、どんどん周囲を育児に巻き込み、友達をたくさん作って、上手にストレスをコントロールしながら、明るい子育てをしましょう。
    出典 :マタニティブルー
     

    明るい子育てがキーワード

  • 理解してもらう事

  • ホルモンによるマタニティブルーは予防することはできませんが、「ホルモンのバランスが崩れると情緒不安定になる。本心ではない。」ということを、事前に周囲の人にも理解をしてもらいましょう。実際、妊娠中や産後にパートナーや協力者は気性が激しくなった女性に驚くことが多いようです。
    出典 :マタニティブルーの原因と予防 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 事前に理解を求めることで、突然涙が止まらなくなったり、自信がなくなったり、倦怠感が続いても「今はホルモンバランスが崩れてて不安定になってるから、ごめんなさい。」って素直に謝ることもでき、周りの人も理解をしてくれるでしょう。
    出典 :マタニティブルーの原因と予防 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 女性は赤ちゃんを出産することで、自然と幸せになるのではありません。赤ちゃんは成長していく過程で、数えきれないほどの笑顔と幸せをあなたに届けてくれるのです。産まれたばかりの赤ちゃんはまだ白紙の状態です。あなたの笑顔と愛情で染められていきます。
    出典 :マタニティブルーの原因と予防 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 正しい

     

    母親になるのではなく、愛情を沢山注げる母親になりましょう。穏やかに保つ努力をする事で結果はついてくるのです。完璧が子供の為に100%なるとは限らないですよね?