可愛いは作れる!綺麗も作れる!【ドラキュラホルモン】重要です!

ドラキュラホルモンをしっていますか?
これで綺麗が作られるのです
しっかり知って美肌に役立てましょう

view304

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ドラキュラホルモンって?

  • 夜にかけて増えて、朝にかけて減っていく、まるでドラキュラのようなホルモンの存在を知っていますか? その名は『メラトニン』。別名『睡眠ホルモン』とも呼ばれています。人の眠りに直接的なかかわりを持つホルモンの代表として知られていますがメラトニンには強力な抗酸化力もあるので、快眠のみならず美肌やアンチエイジングにも寄与してくれるという優秀で心強い存在なんです!
    出典 :超強力!美肌には「ドラキュラホルモン」が重要って知ってる!?| Life & Beauty Report(LBR)
  • 別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれており、快眠を促進する働きがあるだけでなく、なんとこれまで発見された「抗酸化物質」の中で最も強い抗酸化力があるホルモンであることが確認されています。さらに、健康と美容に欠かすことの出来ない「成長ホルモン」の分泌を促す作用まで持っている優れものなのです。
    出典 :夜のドラキュラホルモンでキレイをつくる3つの方法 [布団・寝具] All About
  • 体の中での変化

  • 睡眠とホルモンに関する解説です。  睡眠に関連したホルモンは,2つに大別できます。1つは,「寝ている間」に分泌されるホルモンです。そして2つ目は,「夜」に分泌されるホルモンです。つまり前者は睡眠に依存したホルモンであり,後者はサーカディアンリズムに関連したホルモンです。
    出典 :第3回 夜の過ごし方を変えて,良質の睡眠を手に入れる! /「勉強に効果てきめんな睡眠」の手に入れ方
  • 睡眠に依存したホルモンの代表格は,成長ホルモンやプロラクチンです。一方,サーカディアンリズムに関連したホルモンの代表格は,メラトニンとコルチゾールです。  成長ホルモンは,身体の成長,修復および疲労回復の役割を果たします。そして,睡眠初期のノンレム睡眠(大変深い睡眠)時に最大の分泌量を示します。プロラクチンは,睡眠開始直後から分泌され,朝方に向かって増大します。
    出典 :第3回 夜の過ごし方を変えて,良質の睡眠を手に入れる! /「勉強に効果てきめんな睡眠」の手に入れ方
  • http://www.konan-u.ac.jp/special/vol_3.html(一部引用)

     

    乳汁分泌促進,ストレス耐性の増加,身体修復の作用があります。睡眠時には,自律神経の副交感神経が働き細動脈が弛緩し,成長ホルモンやプロラクチンが身体の隅々に運ばれることになります。とりわけ,睡眠の初期段階でしっかり寝ると, 身体の疲労が取れます。

  • ドラキュラホルモンを活性化しよう!

  • 夜コンビニは我慢

    夜に明るい光を目に入れてしまうと、脳が昼間と勘違いしてしまいメラトニンの分泌を抑制させてしまいます。蛍光灯のような照度も色温度も高い、青白い光を放つ照明を使用するのはNG。夜はやや暗めの暖色系の光を放つ間接照明などを活用するようにしましょう。
    出典 :超強力!美肌には「ドラキュラホルモン」が重要って知ってる!?| Life & Beauty Report(LBR)
     

    コンビニ行くなんてもってのほか

  • 主食だけじゃダメ!プラスαのタンパク質がキーに

    タンパク質に含まれる必須アミノ酸『トリプトファン』はメラトニンの原料。1日3食の食事では必ずタンパク質を摂っていただきたいのですが、特に朝食で摂ることが大事。というのも、朝食で摂ったトリプトファンは日中の元気や活動を支えるセロトニンになり、夜になるとこのセロトニンは脳の松果体という場所でメラトニンに変換されるから!
    出典 :超強力!美肌には「ドラキュラホルモン」が重要って知ってる!?| Life & Beauty Report(LBR)
     

    タンパク質は大切です

  • 日中はリズミカルに活動する

    日中に分泌されるセロトニンの総量が増えることで、自ずとメラトニンの総量も増えます。セロトニンの分泌を増やすためには「リズミカルな行い」が重要な鍵となるので、「歩く」「階段を使う」「よく噛む」などの行いを意識してしっかり行いましょう
    出典 :超強力!美肌には「ドラキュラホルモン」が重要って知ってる!?| Life & Beauty Report(LBR)
     

    大切な事です

  • 「夜の部屋はやや暗めの暖色系に切り替える」

    アロマウォーマーは香りと光の両方の効果が得られて効果的!
    アロマウォーマーは香りと光の両方の効果が得られて効果的!
    照度が高い明るい光、そして色温度の高い青白い光はメラトニンの分泌を抑制します。従って、夜になったら部屋の照明をやや暗めの暖色系の照明に切り替える必要があるのです。
    出典 :夜のドラキュラホルモンでキレイをつくる3つの方法 [布団・寝具] All About
  • 「起床後は明るい光を目に入れる」

     

    朝になり、太陽の光を目に入れることで脳にある体内時計がリセットされます。すると同時にメラトニンレベルは一気に抑制されて下がり、覚醒が起こる仕組みになっています

  • 「1日3食タンパク質を摂る」

    朝食はヨーグルトだけでも良いので食べましょう。
    魚類、肉類、大豆類、乳製品、卵などのタンパク質に含まれる必須アミノ酸「トリプトファン」はメラトニンの原料です。これは体内で合成できないので、食事から摂取する必要があります。タンパク質は美肌、美髪、美爪、基礎代謝アップにも欠かせない重要な成分なので、いろいろな形で1日3回摂るようにすべきです。
    出典 :夜のドラキュラホルモンでキレイをつくる3つの方法 [布団・寝具] All About
  • (3) 寝る2〜3時間前に食事を終えましょう。遅い時間帯の食事もサーカディアンリズムを乱してしまいます。

    (4) 寝る前の2〜3時間は,コーヒーや緑茶などの刺激物は避けましょう。出来れば,夜食も避けるべきです。
    出典 :第3回 夜の過ごし方を変えて,良質の睡眠を手に入れる! /「勉強に効果てきめんな睡眠」の手に入れ方
     

    ドラキュラホルモン活用してくださいね