目に充血の現れる病気、その原因と治療法

充血の影に、重大な病気が隠れている場合があります、どんな病気があるのでしょうか。その原因と治療法をまとめてみました。

view715

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 充血が現れる目の病気

  • 白目が充血する原因としては、目の表面が細菌やウイルスの感染から結膜炎を起こし、 白目の毛細血管が拡張して血液の流れる量が多くなるといったことや、 単純に眼を強くこすってしまったという物理的な刺激を原因として充血する場合もあります。
    出典 :目の充血 - 目の病気・症状 | 瞳さわやか
  • 結膜炎

  • 目の病気が引き金となっている充血の場合、「結膜炎」が一番多い原因です。結膜は、細菌やウイルスの繁殖が起きやすいために炎症が生じやすく、結膜炎は昔から患者数の多い病気です。結膜炎という病気には幾つかの種類があり、それぞれのタイプによって症状や治療方法も異なります。
    結膜炎の代表的なものとしては、「ウイルス性結膜炎」「細菌性結膜炎」「アレルギー性結膜炎」が挙げられます。
    出典 :目の充血 - 目の病気・症状 | 瞳さわやか
  • ウイルス性結膜炎

     

    ウイルスが感染することによって起こる結膜炎で、結膜も含めた目全体の充血、目やにがたくさん出ます。
    また、まぶたが腫れる、目の痛みや異物感があるといった症状がでる目の病気です。ウイルス性結膜炎の場合、周囲の人に感染する恐れがあるので注意が必要です。
    特効薬はありません。感染したウイルスに対する抗体が体内で作られるのを待つしかありません。休養を十分にとって体力をおとさないことが必要です。また、補助的に他の感染を起こさないために抗菌点眼薬や、炎症をおさえるためにステロイド点眼薬などを使用します。

  • ○細菌性結膜炎

     

    身の回りに存在している細菌が感染して起こる結膜炎で、症状としては粘性のある目やにが多く出て、白目が充血します。抗生物質の点眼薬をきちんと使用して治療すれば数日で治ります。
    感染する可能性は低いですが、抵抗力の低い乳幼児や高齢者の方がいる場合には注意する必要があります。

  • アレルギー性結膜炎

     

    アレルギー性結膜炎では目がかゆくなるのが特徴です。また鼻水やくしゃみ、白目が腫れるなどの症状が出ることも多いです。
    ダニやカビ、動物の毛やフケ、花粉などといったアレルギーを起こす原因物質の影響により、免疫機能が過剰反応して起こる結膜炎です。アレルギー性結膜炎の症状としては、目の充血、目のかゆみ、目やにが出る、涙目といったことがあげられます。
    まず、アレルギー性結膜の原因を調べましょう。次にその原因となる異物を除去する、あるいは原因との接触を避けることが大切です。

  • クラミジア結膜炎

     

    クラミジアに感染することにより発症する結膜炎でトラコーマといわれ、日本での発症はとても少なくなっています。初期の診断が大変難しい病気で、起こり方がウイルス性の流行性結膜炎の症状に似ています。
    症状はまず、まぶたがはれ、結膜が充血し、むくみます。目やにが出始め、眼瞼結膜に、小さなブツブツが現れます。放置しておくと女性の場合は腹痛や子宮外妊娠、不妊症、妊娠中の流産の原因にもなります。抗生物質を含んだ点眼薬や眼軟膏と内服薬を医師の指示に従い使用します。クラミジア結膜炎を治療するためには、抗生剤が効く網状体のときにクラミジアを減らさなくてはなりません。結膜炎を完治させるため、長期間の薬物療法が必要となります。

  • 感染性角膜炎

     

    角膜の表面に傷がつくと細菌などの病原体に感染しやすくなり、次のような症状が引き起こされます。目が痛む、目がゴロゴロする、充血、涙が出る、まぶたが腫れる、黒目が白くなるなどです。
    両目ではなく、片目だけに現れる場合が大半です。感染性角膜炎は放置しておくと角膜潰瘍を起こすこともあります。角膜潰瘍は、病巣が角膜の内部にまで広がって、黒目が白く濁ったり、視力が低下したりすることもある病気です。
    真菌性角膜炎の場合には、抗真菌点眼薬の点眼に加えて、抗真菌内服薬または抗真菌薬の点滴薬を組み合わせた治療が行われるのが一般的です。治療期間は最低でも1ヵ月以上はかかります。

  • 緑内障

     

    緑内障による目の症状には黒目の周りに表れる特徴的なものです。緑内障を発症している人でも、常に充血しているわけではなく、急性発作が起きた時に赤くなる場合が多いため、発作のサインとしても見ることができます。
    基本的には眼圧を下げる治療が行われます。治療の第一選択は点眼薬による治療ですが、薬物治療により十分に眼圧を下降させることが出来ず視野欠損が進行する患者の方の場合は手術治療が選択されます。