ほとんどの妊婦さんが経験するトラブル【妊娠中のむくみ】

妊娠中にほとんどの妊婦さんが経験すると言われている
むくみについての解消法を
まとめてみました

view367

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のむくみ

  • 妊娠中のむくみ(浮腫)は、ほとんどの妊婦が経験するトラブルの1つです。手足のむくみは生活に支障をきたすこともあり、特に足のむくみは産後すぐに起こることもあります。妊婦には冷えとむくみが大敵と言われています
    出典 :妊娠中のむくみ
  • 妊娠中は体調が変化し、妊娠中や出産直後はものすごく足がむくむことが多いです。
    本当に象のような足になり、パンパンに張ってしまいます。
    ひざ下の表面を助産師さんがよく押しますが、むくんでいると皮膚がへこんだまましばらく元に戻らない状態になります
    出典 :妊娠中に起こる足のむくみのサインとは?
  • 妊婦のむくみの原因

  • 妊婦のむくみの原因は、たんぱく質の欠乏、貧血や血行障害、妊娠中毒症が考えられます。
    朝からむくんでいて、尿量が減少し、体重増加が1週間に450gある場合、妊娠中毒症の注意が必要ですので、すぐに病院に行きましょう。
    出典 :妊娠中に起こる足のむくみのサインとは?
  • 妊婦がむくみやすいのは、体内の血液と水分のバランスが崩れやすいからです。血液は赤ちゃんの栄養を胎盤を通して運ぶ大切な役割を持っているので、妊娠中は通常よりも血液量が増加します。その血液から体液が漏れると皮下組織に水分として溜まってしまいます。

    ・塩分の過剰摂取。
    ・つわり等からくる運動不足。
    ・妊娠にともなう体重増加。
    ・ストレスや疲労、身体的原因。
    ・冷えによる血液の循環不足。
    ・同じ姿勢でいることで血液が留まってしまう。
    ・妊娠中の体型変化に伴う衣服の締め付け。
    出典 :妊娠中のむくみ
  • 解消法

  • リンパマッサージ

  •  

    リンパマッサージは、運動不足から体内に老廃物が溜まりやすくなった時にリンパの詰まりをとって循環を良くするマッサージです。足のむくみや首元のだるさを解消できます。妊娠中はおなかの赤ちゃんに負担をかけないために腹部のマッサージは避けましょう。

    足のむくみには、先ずお腹に負担をかけないように足を前面に伸ばして座ります。マッサージする法の足を軽く曲げて、足首へ両手を当てます。この時、両手の親指以外の4本でふくらはぎを支えるように添えます。親指は足の骨の両側に添えます
    次に、ふくらはぎに添えている親指以外の指を両手とも膝に向けて、ずらしていきます。特に強い力を入れずにさするように続けます。筋肉には力を入れると気持ちの良い時もありますが、リンパマッサージに強さは必要ないと言われています。効果の出方に個人差はありますが優しくさすっていくと血流が良くなっていくのが分かります。

  • むくみ解消ソックス

  • リンパマッサージができない場合は、むくみ解消に効く専用の靴下があります。リンパの流れに沿って圧力が変わる編み方など、履いてもむくみ解消だとは分からない外見で便利です。妊娠中は冷えの予防でタイツや靴下をはく事が多いので、冷えも予防しながらむくみも解消できて一石二鳥です。

    就寝時に履くタイプや、ふくらはぎ用、太ももまでサポートするタイプがあります。体を締め付けないサイズを選んで、むくみの気になる時に活用しましょう
    出典 :妊娠中のむくみ
  •  

    今では色々な種類のソックスが販売されています
    履くだけでOKなのがありがたいですよね

  • むくみ解消にウォーキング

  • 妊娠中は胎児の成長とともに足腰に負担がかかってきます。だからと言って、足腰を休ませてばかりではむくみの原因になってしまいます。1番体に健康的な解消法で、出産後も無理なく続けられるのは歩くことです。

    普段の買い物やお散歩は、妊婦にとっては大切な運動です。天気の良い日は車やバスだけに頼らず、体に負担のかからない距離を歩いてみましょう。ポイントはのんびりでも手足を意識的に振って、疲れたときは深呼吸をして呼吸を整えながらリラックスして歩くことです。

    ただし無理は禁物です。急に長距離を歩いたり、疲れている時に無理をすると就寝中に足がつることもあるので、体調と相談しながら無理なく進めましょう。
    出典 :妊娠中のむくみ
  • 睡眠をとる事や足浴も効果的ですよ
    妊娠中は特に行ってみてくださいね