子供の生きる力をはぐくむ 裸足

今、裸足で過ごすことの重要性が見直されています。なぜ裸足は「体にいい」のかを知ると、その奥の深さに本当に驚きます。幼児期だからこそ裸足で過ごさせてあげてほしい、その利点をまとめてみました。

  • lotta 更新日:2014/04/27

view205

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 裸足のすすめ

  • 子供は基本的に裸足がよいそうです。
    出典 :�����q�̔錍�B
     

    子供に靴下をはかせますか?
    子供は基本的に裸足がよいそうです。外でも裸足が一番なのですが抵抗がある、怪我が心配、という方はせめて室内でだけでも裸足にしませんか?

  •  

    ちょうど季節は夏へと向かい、裸足が一番気持ちいい季節がやってきます

  • 裸足の利点1 偏平足を改善

  • 生まれたばかりの赤ちゃんは、みんな偏平足
    出典 :この夏、親子は裸足で遊び、裸足で暮らす! [男の子育て] All About
     

    「土踏まず」は、生まれたばかりの赤ちゃんには見ることができません。歩くことができない生まれたばかりの赤ちゃんの足はほとんどが軟骨でできていて、発育中の骨が脂肪で厚く覆われているため、パッと見た限りではまさに「偏平足」のようです。

  • 土踏まずは次第に形成されていき、たくさん歩き回れるようになる3~4歳頃にかけて急速に発達します

     

    土踏まずの発達が遅れた扁平足のままでは足への負担は大きく、長時間歩けない、疲れやすい、正しい姿勢で歩けないなどの症状が現れる可能性があるといいます。

  •  

    土踏まずの発達が遅れた扁平足のままでは足への負担は大きく、長時間歩けない、疲れやすい、正しい姿勢で歩けないなどの症状が現れる可能性があるといいます。

  • 偏平足症状が強い子供の場合は、まず裸足による生活習慣をつけてあげるようにしましょう。
    出典 :偏平足の矯正・改善法 | 偏平足の原因・改善法
  • 裸足でどうすれば偏平足が治る?

     

    裸足で芝生の上や柔らかいじゅうたんの上を歩かせたり、砂場で遊ばせたりして足の裏を刺激し、アーチの形成を促す。

  • 裸足の利点2 平衡感覚を養える

  • 裸足で歩く子供の足は常に安定しているため上半身が安定し、余分な力を必要としないので柔軟性や平衡感覚が発達し、動作が機敏になるそうです。
    出典 :�����q�̔錍�B
     

    逆に常に靴や靴下を履いていると足がいつも不安定になっているため、上半身が不安定となり、バランスを保とうとして無意識に余分な力が必要となり、体が疲れやすく硬くなり、動作もにぶくなるそうです。

  •  

    精神的にも常に体が緊張状態のためイライラする、落ち着きがない、切れやすい、他人への思いやりが持てない、といった状態になりやすいとか。

  • 裸足の利点3 脳を育てる

  • 脳神経のネットワークが形成されるのは3、4歳まで

     

    運動能力は0歳から3~4歳での間に決まる要素が多い

  • 脳の発達というのは脳細胞の数で決まるものではなく、神経細胞から枝のように伸びている突起物が、どのように連結されているかによるのだ
    出典 :水道橋博士の推薦本!吉井妙子著「天才は親が作る」
     

    精神細胞はニューロン、連結部分はシナプスと呼ばれている。ニューロンとシナプスのネットワークは、外部からどんな刺激を受けたかで大きく変わる。

  • 寒さや冷たさを感じることで脳シナプスが複雑に発達する。
    出典 :子供は薄着・裸足がいい? - 楽天 みんなで解決!Q&A
  • せめて家の中くらいは、はだしで歩く。
    出典 :はだしで歩くほうが、脳を刺激する。 | 脳を刺激する30の歩き方 | HappyLifeStyle
     

    これは手軽ですね。