【タンパク質ダイエット】食事をタンパク質中心にして痩せ体質になる!

【タンパク質ダイエット】
タンパク質は食べる時に消費するエネルギー量が大きく、実際体内に吸収されるエネルギー量は7割程度。偏った食事は禁物ですが、炭水化物や脂質を抑え目にして、良質なタンパク質を中心とした食事にするとダイエット効果が得られるようです

view346

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • タンパク質は筋肉を作り基礎代謝を高める

  • タンパク質は筋肉を作る大切な栄養素

     

    ダイエットにはお肉は大敵と思われがちですが、タンパク質を摂らないと筋肉は落ちてゆき、代謝の悪い体になって痩せにくくなるという悪循環に
    毎食にメインとしてタンパク質の食品を食べるのが理想。『魚>鶏>羊>牛>豚』の順にヘルシーなので、偏ったりせずまんべんなく、好きなものを楽しく食べましょう!

  • 健康維持のためには、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を1対1程度の割合で摂取すると、不足しやすいアミノ酸を補いながら体によくない脂肪酸を抑え、上手にたんぱく質を摂取できるのではないでしょうか?
    出典 :たんぱく質を知ればダイエットもはかどる!痩せやすいタンパク質の摂り方 | ダイエットSlism
     

    植物性たんぱく質だけで、バランス良くアミノ酸を摂取することは難しいのだそう
    肉や魚などの動物性たんぱく質も食べましょう

  • 肉・卵・チーズをたっぷりと食べる事によって、自然と炭水化物の量が減ります。
    出典 :お腹いっぱい食べて代謝(DIT)アップする方法 | ダイエット方法と記録
     

    肉・卵・チーズはタンパク質だけでなく、筋肉を作る為のミネラルや脂質も豊富に含まれているので、代謝を上げる効果も
    ただし極端な食べ過ぎは内臓に負担をかけるのでやめましょう!

  • 食事をするだけでカロリーを消費する

  • 食事誘発性体熱産生 … 食事を摂り、それらが消化されることにより熱が生み出され、エネルギー代謝が亢進することを言います。この作用により、食べた食事のエネルギーの何割かが消費されます。
    出典 :ダイエットお役立ち情報 -<知識編>同じ食事でも痩せやすい食べ方がある!?-
     

    DITとも呼ばれ、食事を摂取することでエネルギーが消費されることで、1日の消費カロリーの10~15%を占めると言われています

  • タンパク質のDITは30%

     

    タンパク質は7割しか体に吸収されないので、高タンパク低カロリーのものを食べるとダイエットに良いそうです

  • 同じカロリーのものなら、炭水化物や脂肪ではなく、タンパク質を選びましょう。
    タンパク質の場合は消化・吸収に必要なエネルギーが300Kcalと、ダントツに高く、1000Kcal分の物を食べても、実際に摂取するカロリーは700Kcalにとどめることができるのです。
    出典 :毎日のごはんのこころがけ|四谷メディカルサロンで完成されたダイエット指導(創設:風本真吾)
     

    偏った食事はもちろんいけませんが、高タンパク低カロリーのものを中心に食べるといいようです

  • DITを高める方法

  • 1.よく噛んで食べること。
    2.朝食をとりましょう
    3.食事前に運動を行う
    4.食事はおいしく食べる
    5.たんぱく質を多めに食べる
    出典 :食事誘導性熱産生 | 基礎代謝を上げる食事と運動をサポートするダイエットのBeauty Club
     

    筋肉を鍛えることにより、食事誘発性熱産生は高くなります
    食事の20分~30分前に軽くストレッチなどの運動をすると、食べるときのDITが高まるのだそうです

  • 動物性たんぱく質の上手な摂りかた

  • 良質な動物性タンパク質を低カロリーで摂取するためには
     ・脂肪部分を取り除く
     ・調理に油をできるだけ使用しない  などの工夫をしましょう。
    出典 :キケンな食事制限 1:タンパク質が少ない | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
     

    1日に必要なタンパク質は、体重×1~2g
    摂取量が多すぎると、糖質・脂質として蓄えられてしまい ますので、適度な量のタンパク質を、上手に摂取しましょう!

  • タンパク質だけを摂るダイエットはNG!!

  • 炭水化物と脂肪が無いということは、エネルギーを早く作らないといけない状態です。
    エネルギーが欲しい体はカロリーの節約を考え、余計なエネルギーを消費する筋肉を分解して、そこからエネルギーを作り出します。
    出典 :たんぱく質だけを摂ってダイエットをするのはおすすめできない
     

    炭水化物と脂肪をカットしてたんぱく質だけガツガツ食べるダイエットは、筋肉を落としてしまうそうです
    炭水化物や脂肪をまったく摂らない、極端なダイエットは避けましょう

  • 最も注意して欲しいことは、糖質をゼロにしてしまうと、体に異変が起きたり、元の食事に戻した際にあっというまにリバウンドしてしまいますので...筋肉の量を落とさずに体を引き締めていく。つまり、痩せるではなく、健康的で美しい体を目指してください!
    出典 :これだけは覚えて欲しい”糖質制限ダイエット”の3つの落とし穴②【デメリット編】 | 最新トレンドSPICE!
     

    糖質制限ダイエットでも、タンパク質中心の食事ですが、脂肪や糖質をまったく摂らないという極端なダイエットはやはり健康に良くないのでやめましょう