外鼠径ヘルニアの手術(脱腸の手術)なんて怖くない!今は日帰り手術が主流です

外鼠径ヘルニアの手術は、今では日帰り手術が可能なものになりました。薬や民間治療等では完治ができないので、治すには必ず手術が必要になります。昔は再発する事も多かったようですが、今はほとんどその心配はありません。鼠蹊ヘルニアは放っておくと命にかかわるかもしれません。早めの治療をしましょう。

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 外鼠径ヘルニアの原因

  •  

    鼠蹊ヘルニアとは、「脱腸」のこと

  • そけいヘルニアとは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、そけい部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。
    出典 :そけいヘルニア(脱腸)の日帰り手術|多根総合病院 日帰り手術センター
  • ヘルニアのなかでもっとも多くみられるものです。鼠径靱帯(そけいじんたい)(恥骨(ちこつ)と腰の骨との間の靱帯(じんたい))の上方で腹腔(ふくくう)内の臓器が鼠径部に脱出した状態をいいます。脱出しやすいのは小腸(しょうちょう)と卵巣(らんそう)です。脱出する経路によって外鼠径(がいそけい)ヘルニアと内(ない)鼠径ヘルニアに分けられますが、大半が外鼠径ヘルニアです。
    出典 :鼠径ヘルニア(脱腸) とは - コトバンク
  • 外鼠径ヘルニアとは鼠蹊ヘルニアの一種ですが、外から見て一目瞭然、ぽっこりと膨らんでいるのがわかるようです。

  • 「鼠径(そけい)」とは、太もももしくは、足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。「鼠径ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。
    出典 :鼠径ヘルニア(脱腸)について - ヘルニア倶楽部
  • 子供のヘルニアは先天的なものですが、成人の場合は加齢によって筋膜が弱くなることが主な原因です。鼠径部(そけいぶ)の筋膜にはもともと裂けてヘルニアになりやすいところが3ヶ所あるのですが、その部分が加齢でさらに弱くなり、長年の力仕事などによる負担も加わってヘルニアが生じるのです。
    出典 :外科医に聞く鼠径ヘルニアの治療【1】 - ヘルニア倶楽部
     

    こどもは筋肉の発達に合わせた治療が必要ですが、大人のヘルニアはしっかり手術をしなくては治らないようです。

  • 男性の場合、精巣(睾丸)につながる血管・精管の束(精索)がそけい部の筋肉の隙間(そけい管)を通っておなかの中から外へ出ています。女性の場合、子宮を固定する靭帯がここを通っています。この隙間に内臓を包んでいる膜(腹膜)が指サックのように飛び出してきたものをそけいヘルニアといいます。ここに腸や、大網(お腹の中の脂肪のかたまりのようなもの)がとび出してきます。
    出典 :大和徳洲会病院 | 日帰り手術 - そけいヘルニア(脱腸)手術
  • 外鼠径ヘルニアの症状

  • 「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
    そけいヘルニアになると、立った時やおなかに力をいれたときに、足のつけ根のところに柔らかいふくらみが出てきます。この状態だと、寝たり、手で押さえると引っ込みます。この段階では特に痛みは感じないので軽く考えがちです。おそらく、脱腸だと気づかない人もいることでしょう。
    出典 :そけいヘルニア(脱腸)の日帰り手術|多根総合病院 日帰り手術センター
  •  

    お腹から水の入った風船が顔を出してきているようなイメージ

  • 初期症状は、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。太ももや足のつけね(鼠径部)に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。
    出典 :鼠径ヘルニア(脱腸)について - ヘルニア倶楽部
  • そけいヘルニア(鼡径ヘルニア、鼠径ヘルニア)を放置すると、とび出した臓器が筋肉でしめつけられ引っ込まなくなってしまうことがあります。これを嵌頓(かんとん)といいます。嵌頓を起こす危険率は全体の約10%ほどといわれています。腸が嵌頓を起こすと、腸の中を食べ物が流れていかなくなってしまい腸閉塞を起こします。
    出典 :大和徳洲会病院 | 日帰り手術 - そけいヘルニア(脱腸)手術
  • そけいヘルニアかも、と気づく頃には痛みと、違和感を感じるようになります。
    「長時間立っているのが辛い」「息苦しい」「時々、鋭い痛みが走る」 「お腹が突っ張っている感じが常にする」といった症状が出てきます。
    こうなってくると、生活に支障が出てきてしまうので、ストレスにもなってしまいます。
    出典 :そけいヘルニア(脱腸)の日帰り手術|多根総合病院 日帰り手術センター
     

    嵌頓状態になる前に、手術をしましょう!

  • 嵌頓状態になると命の危険も!

  • しめつけられた腸に血液が流れなくなり、腸の組織が死んでしまい(壊死)、命に関わる場合もあります。
    出典 :そけいヘルニア(脱腸)の日帰り手術|多根総合病院 日帰り手術センター
  • 飛び出した腸の血流が悪くなり、最悪の場合壊死(くさること)したり穴があいたりする。
    出典 :ヘルニアのかんとん(嵌頓)とは? - ヘルニア倶楽部
  •  

    嵌頓状態のヘルニア

  • 嵌頓は、いつ起こるのか予想できません。 嵌頓が起きた場合には緊急手術が必要になります。腸の壊死があった場合には腸を切除しなくてはならないこともあり、長期の入院治療が必要になります。 普段の数倍の大きさになり戻らないときにはすぐに救急病院を受診してください
    出典 :そけいヘルニア(脱腸)の日帰り手術|多根総合病院 日帰り手術センター
  • 腸が嵌頓状態になると、強い痛みを感じるとともに、はみ出した腸には血液が流れないため腸が壊死してしまいます。敗血症や腹膜炎といった命にかかわる合併症を起こしかねないので、一刻も早く適切な治療を受けなければなりません。
    出典 :健康の森/鼠径ヘルニア
  • 外鼠径ヘルニアの手術をしましょう

  • そけいヘルニアの治療法は手術しかありません。薬物治療、ヘルニアバンド、筋力トレーニングでは直りません。そして、嵌頓を起こす前に治療することが体にとっても経済的にも一番負担がかからず、そして安全です。
    出典 :大和徳洲会病院 | 日帰り手術 - そけいヘルニア(脱腸)手術
     

    外鼠径ヘルニアの手術は必ずうけないといけないものなのです

  • 昔は筋肉の隙間を引き寄せて縫い合わせる手術を行なっていました。しかしこの方法では術後の痛みがあり、また再発率も10%と高かったため長期の安静が必要でしたが、それでも再発を起こす方も多かったようです。
    出典 :大和徳洲会病院 | 日帰り手術 - そけいヘルニア(脱腸)手術
     

    昔の外鼠径ヘルニアの手術だと、なんだか受けるのをためらってしまいますね

  • 現在は、合成線維(ポリプロピレン)で作ったメッシュ(網)で筋肉の隙間をふさぎ、補強する手術が行なわれています。この方法は痛みが少なく、そして再発率もきわめて低いのが特徴です。
    出典 :大和徳洲会病院 | 日帰り手術 - そけいヘルニア(脱腸)手術
     

    技術は進歩しています。

  • 腸と腹膜、これをお腹の中に戻してしまって、この筋肉と筋肉の隙間、これがヘルニアの穴、ヘルニア門と言いますけれど、この部分をですね、このメッシュのシートで穴を塞いでしまいます。
    出典 :鼠径ヘルニア日帰り手術【1】 - ヘルニア倶楽部
  • クーゲル法

     

    ヘルニア門をメッシュで塞ぎます

  • クーゲル法は3つのすべて一度に治す方法で、筋肉の裏側にメッシュシートを挿入するので違和感や術後神経痛が少なく再発率も非常に低くなっております。
    手術時間は20~30分で程度で日帰り手術に適しています。
    出典 :そけいヘルニア(脱腸)の日帰り手術|多根総合病院 日帰り手術センター
     

    これなら、外鼠径ヘルニアの手術なんて怖くないですね!