妊娠線ができやすい人、できにくい人の違いについて

妊娠・出産を経験した女性の悩みが妊娠線です。
妊娠線はできやすい人とできにくい人がいるようですが、その違いはどこにあるのでしょうか?

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線はなぜできるの?

  • 妊娠線は妊婦さんのおなかや胸、お尻、太ももなど脂肪のつきやすいところに、みみず腫れのようにできる状態を指します。体質などにもよりますが、妊婦さんの6~7割に見られます。
    出典 :妊娠線の原因と予防法 - はっぴーママ.com
     

    多くの妊婦さんは、妊娠線ができてしまいます。

  •  

    妊娠線の度合いは人それぞれ違いますが、このように赤く目立ってしまうことも珍しくありません。

  • 原因は、妊娠によりおなかや乳房が大きくなる過程で皮下組織が表面の皮膚の伸びについて行けず、亀裂ができることにあります。亀裂が入った部分の皮膚は伸びて薄くなるため、皮膚の下に毛細血管が透けて見え赤っぽい波状の線として表れるのです。
    出典 :妊娠線の原因と予防法 - はっぴーママ.com
     

    急にお腹が大きくなると、それだけ妊娠線ができやすくなってしまうようです。

  • もうひとつの原因はステロイドホルモンの影響です。妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌が増加しますが、このホルモンには肌の弾力を失わせる働きがあります。
    出典 :妊娠線ができるメカニズム | スキンケア大学
     

    妊娠中は肌が弱ってしまうため、妊娠線ができやすいのです。

  • 妊娠線ができやすい人

  • まず、もともと太り気味で、皮下脂肪が厚い人にはできやすいようです。皮下脂肪は弾力性がないため、引っ張られてもなかなか伸びることができなくて裂けてしまうことが多く、妊娠線ができてしまいがちです。
    出典 :妊娠線ができやすい人 | 妊娠線予防ガイド
     

    妊娠線予防のために、妊娠中の急な体重増加は避けましょう。

  • 次に、双胎以上多胎の人。
    当然、子宮も大きくなりますからお腹も出てきます。
    出典 :妊娠線ができやすい人 | 妊娠線予防ガイド
  • 経産婦も妊娠線ができやすいと言われています。一度出産を経験しているので、子宮が伸びやすく、急激にお腹が出てきやすいので、肌の伸びもついていけなくなるのでしょう。
    出典 :妊娠線ができやすい人 | 妊娠線予防ガイド
     

    1人目妊娠の際はもちろんですが、2人目以降は更に念入りな妊娠線予防を心がけましょう。

  • 小柄でお腹が出やすい人。小柄だと骨盤も小さくて、赤ちゃんの居場所を前へ前へと確保していくしかありませんから、お腹も前へ前へと出てきます。
    出典 :妊娠線ができやすい人 | 妊娠線予防ガイド
  •  

    もちろん、妊娠線ができてもおなかの赤ちゃんに大きな影響はありません。
    しかし、見た目が気になることから妊娠線予防を行う妊婦さんが多いようです。

  • 妊娠線予防にはコレがおすすめ!

  • まずは体重のコントロールがあげられます。あまり急激に体重を増やしてしまうと、真皮の伸びは追いつきにくくなるので、お医者様からの体重指導に従うことが妊娠線の予防につながります。
    出典 :妊娠線ができるメカニズム | スキンケア大学
     

    太り過ぎは妊娠線ができるだけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えます。

  • 腹筋を鍛える妊婦体操もおすすめです。腹筋が鍛えられていると急激な皮膚の伸びを抑えて、妊娠線を予防する効果があります。
    出典 :妊娠線の原因と予防法 - はっぴーママ.com
     

    妊娠していてもできる運動はあります。
    無理のない程度で行ってみましょう。

  • そして肌の弾力を保つにはやはり保湿ケアが重要です。専用のクリームやオイル、美容液などで保湿をしながら潤いを与えることで、妊娠中でも肌をハリのある柔らかい状態をキープすることができます。
    出典 :妊娠線ができるメカニズム | スキンケア大学
     

    妊娠線予防のために、お風呂上がりの保湿は毎日欠かさず行いたいですね。

  • ケアをはじめる時期は、お腹が出始める妊娠4ヶ月頃からの方が多いです。しかし予防ということを考えると、肌の調子を整えるためにも妊娠2~3ヶ月頃から、早めの方が良いでしょう。
    出典 :早めが肝心!「妊娠線」ができやすい人の特徴と予防ケア