あなたがどんどん幸せになる幸福脳の作り方

幸せは自ら作ることができるんです。あなたがどんどん幸せになれる脳の作り方を紹介します。

view472

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ではなぜ運動をすると元気になり、ストレスが減り、幸福感が増すのでしょうか?

    それは脳内ホルモンの影響です。

    運動をはじめて15分ぐらいすると、『βエンドルフィン』という脳内ホルモンが分泌されます。
    これは『脳内麻薬』と言われるほど、強力な鎮痛作用と、幸福感を増加させる作用があります。

    またしばらく運動を続けると、『ドーパミン』という脳内ホルモンが分泌されます。
    これは脳を興奮させ、やる気や高揚感を高めるホルモンです。
    これによって、いわゆるランナーズハイという状態になります。

    またこれらのホルモンとバランスをとるように『セロトニン』という脳内ホルモンも分泌されます。
    これはドーパミンとは逆に鎮静作用が持ち、心を安定させ、ストレスを打ち消し、幸福感を増加させる作用があります。

    出典 :運動をすると脳内ホルモンによってストレスが減り、幸福感が増す
     

    運動すると幸せになります。

  • ハグするだけで幸福脳に

     

    男女ともにアンチストレスとして最高に良いと言われているのが、「ハグ(抱擁)」。ハグをすると、「幸福ホルモン」と言われるエンドルフィンが脳内で分泌され、ストレス解消に効果があるのだそう!

  • 運動をした後に、幸福度が増加する。そう言われると、なんとなく、そんな気もする。たしかに、思いっきり運動をした後というのは、気持ちがいい。体の疲労が残っていても、それを上回るような喜びもある。この満足感や幸福感はどこから来るのか探ってみよう。



    運動をすると、脳がストレスを感じる。心臓の鼓動が速くなるにつれて、脳は次のような思考をする。「自分は、今、何かと戦っている」もしくは、「何かから逃れようと必死になっている」。



    このとき、自分自身や脳をストレスから守ろうとして、BDNF(Brain-Derived Neurotrophic Factor)というタンパク質が生成される。BDNFは記憶の保護と修復の効果を持っていて、記憶神経をリセットする役割を果たす。運動をした後に頭がすっきりしたり、思考がクリアーになるのも、納得出来る。

  • 近年注目されている、オキシトシンの効果をまとめると、次のようなものです。

    1、人への親近感、信頼感が増す。
    2、ストレスが消えて幸福感を得られる。
    3、血圧の上昇を抑える。
    4、心臓の機能をよくする。
    5、長寿になる。

     オキシトシンが分泌されると、脳内では「脳内物質」として働いて心を変え、さらに血液中のホルモンとなって体にも効くのです。

    出典 :カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    オキシトシン知っていましたか?

  • 母子の愛情や男女間の愛情の交流だけでなく、仲間と飲んだり食べたりしながら話すこともグルーミングになります。とくに、高級レストランなどよりも、狭くてカウンターで肩を寄せ合うように飲み食いするような赤提灯や居酒屋のほうが、グルーミング効果があるのです。

     こうしたグルーミング行為で、最初にオキシトシンが分泌されますが、それによって信頼感や幸福感が高まるのです。そしてセロトニン神経も活性化されるので、気分が安定することにもなるわけです。

    出典 :「脳の疲れ」がスーッととれる!“癒しホルモン”オキシトシンの増やし方 | 生活・健康 | PHPビジネスオンライン 衆知|PHP研究所
     

    人との密接なつきあいが良いみたいですね。

  • 1992年にウィスコンシン大学のリチャード・デビッドソン教授らのグループにより、健常者の脳波を測定し、前頭葉の活動と感情の起伏との間に密接な関係があることを示すデータが発表されました。

    それによると、

    •左脳の前頭葉の活動が右脳の前頭葉の活動より高い人は、「元気」「熱意」「喜び」などのプラス感情が多い。これらの人は人生を楽しく生きているため、幸福を感じやすい

    出典 :NLPコーチング・カウンセリング・催眠療法 (埼玉県・大宮) » 幸福を感じる脳・不幸を感じる脳
     

    脳の活動の仕方によって幸福を感じやすい人がいるみたいですね。

  • 頭の体操

     

     「あ、今、私は自己中心的だ」
     「自分の正しさばかり主張して、思いやりがなかった」
     「自分を認めて欲しい心ばかりが先行して、心が苦しい...」

     そんな風に気がついたら、心を「思いやり」にチェンジ。
     そうすれば、頭に幸せな脳波がではじめ、スカッとさわやかに、世界を明るくみれるようになれるはず。

  • 幸福になる「脳の使い方」

     

    本書では、脳科学の最新知見を元に、幸福になるための脳の使い方を著す。内容例を挙げると、◎幸せはお金で買えるのか ◎不安を人生のスパイスにする ◎口癖をコントロールする ◎「気分転換」を味方につける ◎脳は年齢を重ねるほど自由になる ◎「幸せの方程式」は自分でつくれる等々

  • 脳は習慣付けに弱いです。
         これは脳の特性です。
         うまく脳を活用してくださいね。

         あなたの使う言葉を肯定語にするだけで 
         人間関係が良くなります。 
    出典 :幸福脳になっちゃった! - 自分でできる「脳と心のセラピー 」 - Yahoo!ブログ
     

    幸せ脳を作るために、肯定する癖づけを。

  • 自分の手をじっくり見て、人差し指と薬指の長さを比べてみてください。人差し指のほうが短く、またその差が大きければ大きいほど、株取引で儲け上手という実験結果が出たそうです。

    これには「テストステロン」という物質と関係がしています。テストステロンは男性的な物質で、筋肉を増強させやくしたり、攻撃性・闘争心などに影響する物質。胎児の時に母親の体から分泌され、その量で指の長さも決まるのだそう。テストステロンを多く浴びると人差し指が短くなるので、人差し指が短ければ短いほど、脳に男性的な要素が含まれているというのです。何とも不思議な話ですが、気になる男性がいたら、指を観察してみるのもおもしろいかもしれません。

    出典 :脳科学が教えてくれた「幸せになる方法」 : ライフハッカー[日本版]
     

    興味深い話ですね!

  • なんと、恋をすると、脳の処理能力が上がるというのです。単語を画面に表示しそれを判断させるという実験で、単語の間に恋人の名前を差し込むのと差し込まないのとを比べた場合、前者のほうが成績が良かったとういう結果に。これは、愛する人の名前を見ると、やる気やモチベーションに関わる脳深部が活性化するのが原因だそう。恋をしている人は、恋人の写真を携帯電話の待ち受け画面にすると、ぐんぐん仕事がはかどるかも!

    出典 :脳科学が教えてくれた「幸せになる方法」 : ライフハッカー[日本版]
     

    キャリアアップしたいなら恋をしよう。

  • 「笑う門には福きたる」は有名なことわざですが、実はこれ、脳科学的に見ても事実なのです。

    笑顔に似た表情をつくると、ドーパミンが活性化します。ドーパミンは、脳の「快楽」に関係した神経伝達物質なので、楽しくなくても笑顔をつくれば「幸福物質」が脳に出てくるのです。
つまり、「楽しいから笑顔になる」ではなく「笑顔をつくると楽しくなる」という仕組みが、人間の脳にはあるということ!

    出典 :脳科学が教えてくれた「幸せになる方法」 : ライフハッカー[日本版]
     

    有名な話ですね。