Baby誕生までには数々のハードルあり。妊娠中期の止まらない【体重】増加も結構キビシイ!!

妊娠中期は赤ちゃんがお腹の中で大きく育っていくので、妊婦さんの【体重】増加は当たり前のこと。
しかし、あまり増加すると妊婦さんには糖尿病や妊娠中毒症、また脂肪のつき過ぎで難産の危険性が出てくる。
体重増加の許容範囲は個人差があるが、医師とも相談し極端な【体重】増加は避けなければならない。

view1037

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の体重の増加はどの程度まだなら良いの?

  • 急激な増加に注意!!

     

    妊娠中に急激に体重が増加してしまう事は、妊婦さんにも赤ちゃんにも決して良い事ではありません。
    自分は妊娠中どの程度までなら体重の増加が悪影響を及ぼさないのかを、しっかりと把握しておく必要があります。
    妊婦さんの体格、BMIによって異なってきます。

  • 異常な体重増加をしない為に食事面の留意点

  • やはり、食べる事に注意!

     

    1日10品目を目標に、色々な食品をバランスよく食べる事。
    食物繊維をたっぷりと。
    甘いもの(間食)はなるべくしない。
    生ものは食中毒の原因となるのでひかえる。
    塩分の摂り過ぎに注意!
    細かい事は病院で医師や助産婦さんによく聞く事。

  • 適度な運動・・・無理をしないように

  • 運動はお手軽ウォーキングで!

     

    ウオーキング(散歩)は特別な何か用意が必要なわけではなく、手軽に始められる。
    また、外を散歩すれば景色が楽しめるので、ストレス解消になる。
    気分転換のつもりで、妊娠初期からは初めてみよう!

  • マタニティピラティス Vol.2 妊娠初期2[ウォーキングと肩コリ対策] - YouTube

  • マタニティビクス

     

    エアロビクスを妊婦さんの為に改良したもので、妊娠中も安心して運動できる。
    体調を考慮して有酸素運動を適度に行なう。

  • マタニティビクス - YouTube

  • 妊娠中に起こりやすい腰痛

  • 妊娠中の腰痛原因と対策は・・

     

    妊娠して腹が出てきはじめると、人間に生来備わっている背骨の緩やかなS字カーブが乱れてきて、腰痛の原因となる。
    また、妊娠をするとリラキシンというホルモンの分泌が盛んになり、骨盤などの靭帯をゆるくしてしまい、骨盤の関節が不安定になり、腰痛の原因となる。
    前屈みになる姿勢はなるべくとらないように!
    冷やさない事も大切。