睡眠のゴールデンタイムって何? 成長ホルモンの効果

睡眠時における成長ホルモンの効果についてまとめてみました。
午後10時~午前2時の間の睡眠中に成長ホルモンが最も分泌される時間をゴールデンタイムと呼ぶようですが、そこまで言われる成長ホルモンとは一体……?
ここでは成長ホルモンの役割と、成長ホルモンを効果的に分泌させる睡眠方法について紹介していきます

view348

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 成長ホルモンとは…

  • 成長ホルモンは、文字通りカラダをつくり成長させるホルモンで、新陳代謝を活性化して肌や骨を再生・修復したり、免疫力を高めたりする働きがあります。昼間にも分泌されますが、その70%は睡眠中に分泌されます。
    出典 :睡眠編|あんしんセエメエの健康・長生き学園
  • 成長ホルモンは、睡眠後すぐにでてきます。
     骨を伸ばす、筋肉を増やす、痛んだ組織を修復したり脳を休ませて、心身の疲れを回復させるはたらきがあります。 (お肌の新陳代謝にも良い効果があります。)
    出典 :睡眠と健康について
  • 成長ホルモンの作用

  •  

    成長ホルモンにはこのように様々な効果があります。
    次のように体の成長や老化の防止につながることも。

  • 睡眠中は成長ホルモンが分泌される貴重な時間です。
    成長ホルモンは、入眠後に現れるノンレム睡眠時に特に多く分泌されます。
    成長期など、体が大きくなる時期には睡眠をよく取り、成長ホルモンを沢山分泌させることが成長の秘訣です。
    また、成長ホルモンには、大人にとっても重要で、古くなった肌や怪我、その他体組織の修復・再生、脂肪を燃焼させる働きなどがあるため、質の良い睡眠を取ることで、若さを維持する事、老化の防止にも役立ちます。
    出典 :睡眠の効果と必要性
  • 成長ホルモン的睡眠のとりかた

  • ゴールデンタイム

     

    午後10時~午前1時の間のゴールデンタイムを目安に睡眠をとりましょう。

  • 入眠後の3時間はノンレム睡眠の割合が多いため、成長ホルモンの分泌や、体の疲れを効率的に取るためには、最低でも3時間は睡眠時間を確保しましょう。
    ※「3時間睡眠法」や「短眠法」というのも、こうした根拠から語られているようです。
    出典 :最適で理想の睡眠時間と起床時間
  • ちなみに…

  • まとめ

  • ■成長ホルモンの働き

  • 成長ホルモンの主な働きは、
    ・組織の成長を促すこと
    体の成長(骨や身長を伸ばす、筋肉の強化)やバストアップ効果など
    ・代謝のコントロール
    疲労回復、脂肪の燃焼、病気への抵抗力、肌や筋肉など、体組織の修復・再生など
    出典 :睡眠と成長ホルモン
  • ■睡眠方法
    睡眠は3時間以上。
    寝る2時間以上前に夕飯は済ませておく。
    ノンレム睡眠が成長ホルモンの鍵。

  •  

    成長ホルモンを最大限分泌するためにもぐっすり寝ることが大切なんですね。