【妊娠32週の胎児の大きさ】ってどのくらい?

【妊娠32週の胎児の大きさ】ってどのくらいでしょうか?
妊娠32週とは、妊娠妊娠9ヶ月に入ったばかりの頃でお腹はかなり目立ってきて出産に向けての心の準備も意識する時期と言えます。
また赤ちゃんもこの1ヶ月で急速に成長し、出産に備えて準備を始めるのです。
32週の赤ちゃんはどんな様子なのでしょうか?

view6607

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【妊娠32週の胎児の大きさ】

  • 妊娠32週は妊娠9ヶ月に入った頃です。
    今まで長い間お腹の中で育ってきた赤ちゃんですが、いよいよ外の世界に出るための準備を着々と進めて来ています。

    米粒よりも小さかった赤ちゃんは、どのくらい大きく成長したのでしょうか?

  • ★赤ちゃんの状態★

     

    この頃の赤ちゃんは見た目は新生児と同じくらいに成長しています。
    平均的な身長は47cm、体重は2500g (パイナップル中1個くらい) くらいの大きさです。

    内臓の機能もほぼ完成し、羊水の刺激から守るための全身の胎毛が消えて脂肪がつき始めふっくらしていきます。
    また起きている時と寝ている時の区別がつき始めたり、あくびをしたり・笑ったり・怒ったり・指しゃぶりをしたりなど表情が豊かになっています。

    かなりの成長を遂げている赤ちゃんですが、体温調節機能がまだ未熟なため出来れば37週0日までお腹の中で育てることがベストと言えます。

  • 37週未満の出産は早産のくくりに入ります。
    しかし現代の医学では34週を過ぎていれば、正産期の子供と同じように成長できると言われています。

    とはいえ、出来るだけ長くお腹の中で育てておく方が良いのでお母さんは無理をしないように気をつけましょう。

  • 赤ちゃんの様子

  • 9ヶ月の赤ちゃん、どんな様子?

     

    頭を下に向けた頭位で落ち着くと、以前のようには動けなくなるため胎動が減る傾向にあります。
    しかし明らかに胎動が減った…など様子がおかしいと感じた場合は、すぐに産婦人科に連絡をして指示を仰ぎましょう。

    また、この頃に赤ちゃんが逆子の場合には帝王切開での出産も視野に入れておかなければなりません。
    逆子を治す体操やお灸などで正しい位置に収まるように働きかけます。

  • 妊娠32週のお母さんの様子

  • お母さんの体に起こり得る事

     

    妊娠32週から出産に向けて、お腹は急激に大きくなります。
    そのため肺や胃が圧迫されて息苦しくなったり・動悸・膨満感が出てきます。
    膀胱が刺激されてトイレの回数が増える方もいるでしょう。

    また子宮が大きくなることによって、お腹が張ったり恥骨部分がチクチク痛んだりすることもあります。
    この時に痛みと同時にお腹がカチカチになっている場合は、子宮の収縮が起こっています。

    1日に何度も張る・出血がある場合は至急産婦人科に連絡をして下さい。

  • この時期にお母さんが気をつけることとして、体重の管理が挙げられます。
    妊娠後期は「空気を吸っても太る」と言われるくらい、脂肪がつきやすいです。

    今まで適正な体重管理が出来ていた・あともう少しで出産…という気のゆるみで、この時期に一気に体重オーバーしてしまうお母さんが多いので注意が必要です。

    おりものに血が混ざっていないかなど、出産の兆候が無いかどうかの確認も必ずしてください。
    無理をしない程度にウォーキングをして、出産しやすい体作りも始めましょう。

  •  

    赤ちゃんとのご対面まであと少し。
    出産を終えると、しばらくの間お母さんは大忙しになります。

    体調が安定していて赤ちゃんの成長に問題のない人は、比較的自由に動ける今のうちに色々なことを片付けておくと良いでしょう。

    また急に出産に対しての恐怖や不安に襲われることもあると思います。
    そんな時には、これからの赤ちゃんとの楽しい生活を思い浮かべる・音楽を聞いてリラックスするなど気分を落ち着かせると楽になります。

    くれぐれも無理のないように、残り少ないマタニティーライフを楽しんで下さい。