こんな指のしびれの症状が出たら病気かもしれない? 注意をしましょう!

ただの指のしびれだと放っておかないでください。頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)という立派な病気かもしれません。首・肩・腕・指などに出やすいのです。主に最近の仕事での当たり前の作業である、パソコンの扱いからくることが多いです。例えば図の範囲でしびれる人も多いけれど、この範囲に限りません。

view1869

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 頚肩腕症候群はこんな症状

     

    ・肩こりがひどい
    ・首、背中の筋肉が張って痛い
    ・手・指のしびれ
    ・手の力が入らない
    ・腕の筋肉が重い感じ、動かすと痛い
    ・腕や手の冷えた感じ
    ・頭痛、めまいがする

  • 近年、パソコンでデスクワークをする人に増えてきました

     

    指でキーボードから半分浮かせた状態で叩く、
    右手でマウスを動かす際に右肩が張るなど、
    パソコンデスクワークは意外なところを痛めています。
    パソコンの無かったころでも
    設計図などを書いていた人は同じような
    痛みがあったのではないでしょうか。

  • 指のしびれは早めに受診を!

  • しびれを先延ばしにせず、早めに整形外科などを受診しましょう。
    身体のどこに変化があるのか検査してもらい、
    腕・手指・肩などのしびれ、筋力低下の原因を探ってもらいましょう。

  • 検査の結果、頚椎椎間板ヘルニアや変形性頚椎症などの頚椎の疾患、腱鞘炎、胸郭出口症候群などの名称がつき、分類されるものもあります。疾患名がつかないその他の上記のような症状は、原因のつかめない『頚肩腕症候群』として呼ばれることが多いようです。
    出典 :指のしびれに要注意!頚肩腕症候群 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    原因が分からないことも多々あるようです。
    それにはやはり休養が一番のようです。
    身体に疲労が蓄積しているのですね。
    それでも治らなければ、また別の病院へ行ってみるのもいいですね。
    『頚肩腕症候群』ではない別の病名がついた場合は、
    直ちにその病気の治療に当たってください。
    整形外科系だと、温めたり、筋力UPをしたり……ということが多そうです。

  • 思い切って仕事を休んでしまえ!

     

    パソコンの打ち過ぎ、急ぎの仕事でいつも緊張気味では、
    知らないうちに身体が悲鳴を上げます。
    診断してもらったら思い切って診断書を出してもらい、
    身体がリラックスするまで休んでしまいましょう。
    もし無理して続けていても、そのうち倒れてしまいますよ。
    そんなことにならないために。

  • 【DVDサンプル】日永保美「オフィスで疲労回復 即効ストレッチ」 - YouTube

     

    こちらはパソコン作業での、主に首の凝りをほぐすストレッチです。
    直接指のしびれには関係ないように思えるかもしれませんが、
    実は頚肩腕症候群かもしれませんから、少しでも予防・又は
    軽くするために、ゆっくりやってみてください。

  • デスク周りの環境をもう一度考えて!

  • 今座っているイスの高さは合っていますか?
    もう一度調節を。身体に無理をかけてはいけません。
    パソコンを使うには、なるたけ使い易く、
    アームレスト(手首を乗せて負荷を軽減するもの)も
    あったほうがいいですね。
    手首の疲れ加減がまるで違いますよ。
    それくらいのお金は惜しまないほうがいいです。
    医療費のほうが高くつきますから。

  • 休憩は大切!

  • 1時間仕事したら、軽く10分ほど休憩を。
    首・肩・腰などをストレッチ。
    気分もリフレッシュ!

  • ストレッチは……

  • 後ろで伸ばした右手を左手で掴み、そのまま右手を下に引っ張りながら、
    首は左やや前下に向ける。
    結構簡単にできるストレッチです。

  • 鍼灸・整体院などもかかってみてもいいかも?

     

    鍼灸・整体院は、うまく自分の体質やそこのやり方に合えば、
    身体の凝りはかなり改善されます。
    しかし院によってもだいぶやり方が違うようなので、
    しばらく通っても改善が見られないようなら、
    鍼灸・整体院を使うこと自体を見直すか、
    他の院を探すことになるだろうと思います。
    合えばとにかく楽になるということです。

  • レクリエーションも大切!

     

    仕事以外で、カラオケをしたり、買い物をしたり、音楽を聴いたり、
    スポーツ観戦したり、実際にフットサル・ゴルフ・テニスなどをしてみたり、
    静かに読書したり……心身を寛がせる時間も大切です。
    病気の予防にもなります。