豚肉は、身体によい?豚肉の健康効果について

健康食品を調べているとよく豚肉がいいって聞きますが、実際のところ、どういった効果があるのか調べてみました。

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 豚肉の良いところは良質タンパク質が豊富な点です。豚肉のタンパク質から、注目の物質「ペプチド」が発見されています。ペプチドとは、タンパク質が分解されてできるアミノ酸の小規模な集合体のことで、タンパク質や酵素の種類によって様々なペプチドが生まれて、様々な働きをします。近年、豚肉のタンパク質からもペプチドが作り出されることがわかり、中でも最も注目されているのが「ポークペプチド」です。現在はまだ実験段階ですが、『肝臓の機能を高める』『コレステロールを低下させる』などの働きがあると考えられています。


    出典 :豚肉:栄養素・効果と効能 - 小さな癒しの海へ
     

    ペプチドって、最近よく聞きますよね。

  • 豚のもも肉には“ポークペプチド”という成分が多く含まれています。
    ポークペプチドとは、豚肉のタンパク質が酵素で分会されて出来る豚肉特有の成分です。
    ポークペプチドは肝臓に働きかけ、動脈硬化の原因となる中性脂肪やコレステロールを下げてくれます。
    出典 :豚肉の健康効果
     

    特に、ポークペプチドは豚のもも肉に含まれているそうです。

  • 豚肉には、鉄、リン、カリウムなども豊富に含まれています。鉄は、貧血の予防や血行をよくする働きが、リンは骨や歯を作り、神経や筋肉の働きを保ち、カリウムは、体の水分バランスを整えてくれます。

    出典 :豚肉(ぶた肉)の効能・効用--「食の効能・効用 e情報館」
     

    貧血にも良いんですね。

  • 豚のレバーに豊富に含まれる“鉄分”は女性には不足しがちな成分です。
    鉄分が不足すると貧血・疲労感・肌荒れなどを引き起こしやすくなります。
    食肉の中で最も多く鉄分を含んでいるのが豚のレバーです。
    鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると非常に吸収が良くなります。
    出典 :豚肉の健康効果
     

    特に、貧血の方は豚のレバーを食べるとよいですね。

  • 豚肉はたんぱく質も良質なものを豊富に含んでいます。
    もも肉100gに含まれるたんぱく質を他の食品換算しますと、卵なら2個、ご飯なら茶碗6杯、牛乳では700mg相当のもなるそうです。

    出典 :豚肉の栄養・効果、食べ方、調理、保存、選び方
     

    筋肉をつくりたいなら、豚肉はよさそうですね。

  • 豚のヒレ肉には記憶力を良くする“アラキドン酸”という成分が豊富に含まれています。
    アラキドン酸は記憶を司る海馬に作用して学習・記憶能力を高める働きがあります。
    出典 :豚肉の健康効果
     

    豚肉を食べれば記憶力がよくなるかも?

  • 豊富なビタミンB1

     

    豚肉は良質なタンパク源であり、疲労回復効果の高いビタミンB1が豊富です。沖縄に長寿な人が多いのは、生活習慣病に効果のある昆布と豚肉を組み合せて、よく食べるからともいわれています。

  • 肉の脂身はコレステロールを下げる脂肪酸がたくさん含まれていますし、最近では、脳卒中の抑制効果もあり長生きに欠かせないともいわれています。

    出典 :豚肉(ぶた肉)の効能・効用--「食の効能・効用 e情報館」
     

    コレステロール値を下げたい人には、よいですね。

  • ☆豚肉の効用☆
       老化、貧血、疲労、肌あれ、イライラ。

    ☆豚肉の栄養素(100g中含有量)☆
       タンパク質  21.5g
       ビタミンB1  0.8mg
       ビタミンB2  0.25mg
       鉄  1.3mg
    出典 :豚肉は栄養たっぷり : 良食健康豚肉料理
     

    イライラの解消にもつながるようですね。

  • 豚肉は、疲労回復効果が高い食品と言えますが、食べ過ぎると疲労の元凶、ピルビン酸が増えて、体内の水素と結びついて疲労物質の乳酸がたまってしまいます。
    これを回避するためには、クエン酸を同時に摂取します。
    クエン酸によって、ピルビン酸はクエン酸に変わります。肉類に、レモンやスダチが合うのは、こういうことだったんですね。
    出典 :豚肉の栄養・効果、食べ方、調理、保存、選び方
     

    なんでも、食べ過ぎはよくありません。

  • 豚肉は現代人に不足しがちなビタミンB1が豊富に含まれ、疲労回復に効果を発揮するだけでなく、頭と心の元気の素でもあります。このB1は別名「疲労回復ビタミン」といわれ、疲労回復用ドリンク剤の主成分として使われています。疲労は、体に溜まった老廃物が上手に代謝されないことによって起こります。

    出典 :豚肉:栄養素・効果と効能 - 小さな癒しの海へ
     

    疲労回復には、ばっちりですね。

  • 「でも豚肉っていうと、あの脂身がなぁ」という人いますよね!
    「脂身」つまり「脂肪」実はこの「脂肪」は酸化しにくいため、たいへん効率のいいエネルギー源となるんです。また、「コレステロール」の一種で、体内の細胞膜を構成する重要な脂肪なんですよ。そのほかにも、血清コレステロール値を下げたり、必要以上に上昇させない作用を持つと言われています。ダイエットだから…といって、豚肉を避ける人もいるかもしれませんが食事バランスからトラブルを引き起こしたりしますよ!注意しましょう!

  • 豚肉の栄養・効果

     

    豚肉はビタミンB1がすごく豊富で、牛肉の約10倍もあるんですね。
    豚肉のビタミンB1は、糖質の代謝や神経の働きに関係している栄養素のため、疲労を回復したり、イライラを防いでくれたりする効果があると言われています。

  • 豚肉を食べるときに気になるのは、カロリーや脂質の部分ですが、脂身のあるロースは油を吸収しない性質を持ち、逆に脂身の少ないヒレ肉は赤身にある水分が蒸発して余分な油を吸収しやすい性質を持っているため、トンカツにするとカロリーはほぼ同量となり、コレステロール値はヒレ肉の方が高くなります。

    出典 :豚肉:栄養素・効果と効能 - 小さな癒しの海へ
     

    コレステロール値はヒレ肉の方が高いんですね。

  • 豚肉は、ほかのお肉と比べてみると、ビタミンB1が5倍~10倍含有してるんです。これは食品の中でもトップクラス。1日の必要量をなんと豚肉100g食べるだけで満たすことができると言われています。しかもこの「ビタミンB1」加熱しても壊れにくく、体内できちんと吸収されます。

    出典 :豚肉は栄養たっぷり : 良食健康豚肉料理
     

    ビタミンB1が加熱しても壊れにくいというのが豚肉の強みなんですね。