豚肉は、身体によい?豚肉の健康効果について

view314

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康食品を調べているとよく豚肉がいいって聞きますが、実際のところ、どういった効果があるのか調べてみました。

  •  
     

    ペプチドって、最近よく聞きますよね。

  •  
     

    特に、ポークペプチドは豚のもも肉に含まれているそうです。

  •  
     

    貧血にも良いんですね。

  •  
     

    特に、貧血の方は豚のレバーを食べるとよいですね。

  •  
     

    筋肉をつくりたいなら、豚肉はよさそうですね。

  •  
     

    豚肉を食べれば記憶力がよくなるかも?

  • 豊富なビタミンB1

     
     

    豚肉は良質なタンパク源であり、疲労回復効果の高いビタミンB1が豊富です。沖縄に長寿な人が多いのは、生活習慣病に効果のある昆布と豚肉を組み合せて、よく食べるからともいわれています。

  •  
     

    コレステロール値を下げたい人には、よいですね。

  •  
     

    イライラの解消にもつながるようですね。

  •  
     

    なんでも、食べ過ぎはよくありません。

  •  
     

    疲労回復には、ばっちりですね。

  • 「でも豚肉っていうと、あの脂身がなぁ」という人いますよね!
    「脂身」つまり「脂肪」実はこの「脂肪」は酸化しにくいため、たいへん効率のいいエネルギー源となるんです。また、「コレステロール」の一種で、体内の細胞膜を構成する重要な脂肪なんですよ。そのほかにも、血清コレステロール値を下げたり、必要以上に上昇させない作用を持つと言われています。ダイエットだから…といって、豚肉を避ける人もいるかもしれませんが食事バランスからトラブルを引き起こしたりしますよ!注意しましょう!

  • 豚肉の栄養・効果

     
     

    豚肉はビタミンB1がすごく豊富で、牛肉の約10倍もあるんですね。
    豚肉のビタミンB1は、糖質の代謝や神経の働きに関係している栄養素のため、疲労を回復したり、イライラを防いでくれたりする効果があると言われています。

  •  
     

    コレステロール値はヒレ肉の方が高いんですね。

  •  
     

    ビタミンB1が加熱しても壊れにくいというのが豚肉の強みなんですね。