【知ってお得】体の疲れを解消する、冬こそ食べたい食べ物

これから年末に向けて忘年会、新年会と忙しい時期に突入します。
身体の疲れ同様、見逃せないのが胃腸の疲れ。12月・1月はお酒を飲む機会も多く、つい食べ過ぎたり飲みすぎている方も多いのでは。
飲酒や夜更かしで疲れてしまった体のリズムを整える食材をご紹介します!

  • choco 更新日:2013/12/03

view314

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 年末年始、体のだるさの原因は?

  • 体のだるさは胃腸の疲れのサイン?

  • 1.暴飲暴食で胃腸が疲れている

    アルコールや食べる量が増えることで、胃腸や肝臓に負担がかかってきます。特にアルコールは、1合代謝するのに肝臓が約3時間働かなくてはいけません。無理が続くと体も疲れて、だるさがでてしまいます。

    2.ビタミンやミネラルが不足している

    お正月は、食生活が炭水化物や糖質に偏りがちなのはご存じですか?くりきんとんや黒豆、田作り、錦玉子、伊達巻などすべて砂糖を使って調理します。さらに、お餅など炭水化物を多く口にしています。けれどこの炭水化物の代謝をサポートするビタミンB1(玄米や豚肉)などは不足しがちです。そして、代謝が滞ると疲れやだるさの要因につながるわけです。

    3.だらだらしすぎて気力がなくなった。体重が増えて動きづらい。

    総合的な結果ですが、なんとなくだらだらしていたら、体重も増えてしまって・・・という結果に。いわゆるお正月ボケの典型パターンです。
    出典 :発毛専門リーブ21 : 発毛大辞典 > 髪にうれしいリラックス法 VOL.78
  • 食事の取り方を変えて、内臓をいたわる

  • 食事の摂り方を変えるだけで効果的

  • 「最近、暴飲暴食ぎみ」「内臓が疲れている」と感じたら、以下の方法を実践してください。

    ○ お腹7~8分を目安に、よく噛んでゆっくりと食事を摂る
    ○ 食後すぐ動いたり入浴したりせずに、30分以上は休む
    ○ 消化吸収を助けるものを食べる(代表的なものは、パパイヤ、イチジク、パイナップル、大根、ヤマイモ、納豆など)
    ○ 肝臓の解毒を助けるために、青菜の野菜をしっかり摂る(春菊・せり・ほうれん草など)
    ○ どうしても外食やお酒の場が多くなる方は、野菜たっぷりの鍋や、栄養価の高い食品が多く入っているサムゲタンなどがおすすめ
    出典 :疲れの溜まった身体を、3ステップでリセット!|高品質マカ・通販専門店 - ホットストア
  • 胃にやさしい食材

  • 飲み会の時期が多い冬に旬を迎える、れんこん。

  • 「れんこん」
    れんこんに多く含まれるタンニンには、炎症を抑える効果があり疲れた胃腸に効果的。また、れんこんの切り口は糸 を引きますが、これはムチンという糖タンパク質の一種で、タンパク質や脂肪の消化を促進するので、胃腸の負担を軽くします。

    「じゃがいも」
    傷ついた胃腸の粘膜を正常に戻してくれます。

    「キャベツ」
    胃腸薬の「キャベジン」はキャベツの消化酵素、ビタミンUという成分を取り入れた薬です。
    とんかつにはキャベツのせん切りがつけ合わせになっていますが、これはキャベツがとんかつの消化をよくする働きがあるので、栄養学的に大変理にかなった組み合わせなのです。
    出典 :胃に優しい食事とは? : タニタ運営[からだカルテ]
  • 消化を助ける酵素を含む食品はでんぷん消化酵素であるアミラーゼを含む長いもや山芋、たんぱく質の分解酵素であるジアスターゼを含む大根、かぶなどがあります。ビタミンUはキャベツ、ほうれん草、アスパラガスに、ナイアシンはかつお、さば、ぶり、レバーなどに含まれます。胃腸の状態が悪いときでも体力の源になるたんぱく質は卵や牛乳、鶏のささ身、白身魚、豆腐、豆類などで1日に必要な量を確保しましょう。
    出典 :胃にやさしいレシピ【AJINOMOTO PARK】
  • 体の疲れを解消する、冬こそ食べたいレシピ

  • れんこん和風バーグ

     

    いつもと違うハンバーグで楽しく

  • 鮭とじゃがいものパングラタン

     

    パンとグラタンの食感がたまりません

  • キャベツとそぼろのだしうま煮

     

    おだしが効いて、とろっと美味しい

  • 冬になると不足しがちなのは、緑の葉物野菜。夏場にくらべ、色の濃い野菜が減ってくる特徴があります。さらに、冬の代表的な葉物野菜のほうれん草や小松菜も年末に近づくにつれ、値段も高くなっていきますよね。野菜不足になることで、栄養素ではビタミンCをはじめ、食物繊維や生野菜に含まれる酵素なども不足しがちになります。お正月は意識して「生野菜」を食べるのがおすすめです。
    出典 :発毛専門リーブ21 : 発毛大辞典 > 髪にうれしいリラックス法 VOL.78
  • 鶏ささ身の野菜とろり炒め

     

    ささ身と小松菜を使った栄養満点レシピ

  • 年末年始の疲れた体を癒すほっとドリンクレシピ集!

  • 心も体も癒される、フルーツたっぷりホットワイン

     

    ドライフルーツ(レーズン、クランベリー、ブルーベリー)やりんごなどフルーツたっぷりで胃も温まります

  • 「ハーブも有効」
    疲れは、身体のコリや肉体的な消耗が主な原因ですが、ビタミン類が欠乏することでも疲労物質がたまりやすくなります。理想は、食物でビタミンやミネラル、たんぱく質などを摂取するのが望ましいですが、サプリメントや、生薬・漢方薬、ハーブを摂取することで、足りない栄養素を無理なく補給することが可能です。自分の身体の声を聞き、徐々に体質の改善を図ることが、「滋養強壮」につながります。
    出典 :疲れの溜まった身体を、3ステップでリセット!|高品質マカ・通販専門店 - ホットストア
  • お手製ミントティー

     

    ミントはリラックスとリフレッシュ効果を持っています