【不妊】で悩んでいるのはアナタ 婦人科に行ってみませんか!?

不妊なのか、単にタイミングが合わないでいるだけなのかと悩んでいる女性はいませんか?
私がそうでした
どんなことをするのかわからない、デリケートな問題だから行きにくい
どうしていいか悩んでいる方は是非勇気を出して行ってみませんか?

view166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊症って!?

  •  

    今度こそ妊娠出来るかもしれない、次こそ出来るはず
    と中々一歩を踏み出せない人もいるのではないでしょうか?

    不妊治療をするにあたって『何年経っていないと検査しません』なんて病院は無いので結婚して子供が欲しいと思ったら、2人で異常が無いか一度病院に行くのがいいのかもしれません

  • 「不妊症」とは、産婦人科的には「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」をいいます
    出典 :【不妊症とは】 花王 ロリエ
     

    私の場合、問診で3年くらい避妊はしていないことを告げると病院では『不妊症ですよ』って言われました。
    排卵日なんて考えたことないし、営みも多くて月2回。なのに不妊症っていうの!?と思っていましたが、避妊を止めて2年で80%以上の人が妊娠するという事で2年避妊していなくて妊娠に至っていない場合は『不妊』というのだそうです

  • 不妊の原因

     

    人間は妊娠しづらい生き物です
    チャンスが多くても年に13回しかない上に色々な条件が揃わないと妊娠には至らない
    妊娠ってものすごく神秘なことなんですね

  • ①排卵因子

  • 排卵が数カ月に1回になることを希発排卵といい、まったく排卵が起こらなくなることを無排卵といいます。こうなると妊娠は望めません
    出典 :排卵因子の不妊治療/女性のための健康生活ガイド『ジネコ』
     

    もっとも多い原因がこちらのようです
    何らかの要因で(ダイエットや過度のストレス等)無排卵になってしまうと妊娠はできません
    生理のように毎月出血があっても無排卵である場合もあり、無排卵の場合の出血は生理ではなく『不正出血』と呼ぶそうで、そうなると排卵誘発剤を打ち排卵を促す必要があるようです

  • 基礎体温などを継続して測ってみてグラフにした時に2相にならない人は排卵が起こっていない可能性があります。
    出典 :女性不妊症の原因—排卵因子 | 不妊症を乗り越えるために
     

    通常排卵が起こっていると排卵前と排卵後で低温期、高温期に分かれ、生理から生理までの間のグラフが2層になります。低温期しかない、高温期しかないという場合や、ジグザグで2層ではない場合は早めに受診するほうがいいかもしれませんね

  • ・生理不順の方(月経正常周期は28+-7日)
    ・基礎体温が2相性ではない方
    ・高温期(黄体期)が短い方
    ・排卵するまでに日数のかかる方
    出典 :卵巣あるいは排卵因子
     

    このような方は注意が必要です

  • ②卵管因子

  • 狭まっていたり詰まっていたりする場合を、「卵管障害」と呼びます。卵管障害は、不妊の原因の30%程度を占めている、と言われています。
    ※不妊の原因が卵管にある場合、その要因を「卵管因子」と呼びます。
    出典 :卵管因子とは? | 不妊治療まるわかり
  • 卵管にダメージを受けると、卵巣から飛び出す卵子をうまくキャッチできなくなったり、たとえキャッチできても、卵管の中を子宮までうまく卵子を運べなくなる結果、不妊症や子宮外妊娠となります
    出典 :一般不妊治療 | 不妊治療の知識 | 英ウィメンズクリニック
     

    卵管がきちんと通れる状態になっているかを調べるのに『卵管造影』という検査があります
    生理終了~排卵までの間にだけ行える検査で、卵管に油性か水性の造影剤を流し込み調べるという以外に、この液で卵管の掃除をするという役目もあるので、これをすることで半年間は妊娠しやすくなる、通称『ゴールデンタイム』という期間に入れます

  • ・腹部の手術(虫垂炎や卵巣のう腫など)を受けた事がある。
    ・子宮内膜症の方
     月経痛、性交痛、排便痛、腰痛、内診痛などの症状がある方
    ・クラミジアなどの炎症に関係する病気の既応がある方
    出典 :卵管因子
     

    このような方は注意が必要です

  • 卵管造影検査って!?

  • 子宮の入り口(子宮頚管)から子宮、卵管の方へと造影剤を流し、子宮の形や卵管の通過性、卵管周辺に異常がないかを調べます
    出典 :熊本 産婦人科 福田病院(熊本県熊本市)地域周産期母子医療センター
     

    こちらは費用が2000円台~1万円と病院によって料金に差があるようです。
    油性なのか水性なのかによっても違いがあったり、造影検査前後の処置の違いによって値段が変わってくるようです。
    油性のほうが痛みがある分、妊娠しやすいとも言われています

  • ③子宮因子

  • 子宮筋腫や子宮内膜ポリープがあると子宮内腔の変形がおこり、精子の卵管への移動や受精卵の着床が妨げられ不妊症の原因になると考えられます
    出典 :不妊治療に関する情報
     

    子宮筋腫や内膜症の場合、生理不順、酷い生理痛、不正出血等の症状が出る場合があります。
    不妊治療で婦人科に行ったらまず最初にやるのが、この子宮筋腫や内膜症の検査、クラミジアの検査だと思います

  • ・月経量が増えた方
    ・貧血を指摘されたことがある方
    ・不正出血がある方
    ・月経痛の強い方
    ・頻尿や排便痛などの症状がある方
    出典 :子宮因子
     

    このような方は注意が必要です

  • ④子宮頸管因子

  • 膣と子宮の間の部分を「子宮頸管」と呼びます。ここに何かしらの問題がありますと、精子は子宮に進入することができなくなり、受精に至れなくなってしまうわけです
    出典 :子宮頸管因子とは? | 不妊治療まるわかり
     

    子宮の入り口にある子宮頸管に問題があると、精子の侵入を妨げたり、サポートできずに追い出してしまうため妊娠に至らないようです

  • ・排卵日頃におりもの(頚管粘液)が増えない方
    出典 :頸管因子
     

    このような方は注意が必要です

  • ⑤男性因子

  • 男性因子は不妊原因の1/3を占めるといわれています。
    また最近は環境ホルモンの影響で男性不妊が増えているという報告もあります
    出典 :男性因子
     

    不妊の原因が男性にある場合です
    不妊治療に行くとどっかのタイミングで必ず男性の精子の検査も必要になります。
    家でとるか、病院でとるのかは様々ですが、精子の数や運動量に問題が無いか調べるものです

  • ・過去に高熱を出した事のある方
    ・以前より性欲が減った
    ・射精される精液の量が以前より減ってきた
    ・睾丸に左右差がある、睾丸が陰のう内に下りてこない
    出典 :男性因子
     

    このような人は注意が必要です

  • 最低でも上記の5つが揃わないと妊娠って出来ないんですね

  • 妊娠を考えたら婦人科へ

     

    私は自分が不妊症だと思っていなかったので約3年間何もしないできました。
    不妊症だとわかってから治療するのでは早ければその周期に授かれる人もいますが、何年も授かれない人も少なくありません。

    正直行こうか行くまいか悩んでいた時間が本当にもったいなかったと後悔しています

    今妊娠を希望していなくても、妊娠を希望する時のために自分の子宮の状態や卵巣、卵管の状態が妊娠出来る状態になっているのか受診するのがおすすめです