生理不順に翻弄される女子はまずこれを読め!

「生理、まだ来ない。どうしたんだろう。」月に1回、必ず考えてしまう悩み。
自分の体を把握することで、生理に振り回されない体を作りましょう!

view232

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • これを読んだら生理不順で悩ませない!

  • 生理不順といわれる状態は、ホルモンのバランスが崩れ、生理周期が不規則になっている場合の事です。10代の女の子や、生理が始まって間もない女性は、そんなにひどく心配しなくて良いかもしれません。
    出典 :生理不順の原因・理由|生理痛と生理不順の悩み解消
     

    10代の頃は来たり来なかったり、何も心配はしなかったと思います。

  • ただ、20~30歳代の女性が生理不順になった場合、何らかの異常があると考えたほうが無難だと思います。
    出典 :生理不順の原因・理由|生理痛と生理不順の悩み解消
     

    何らかの異常があるかもしれない。ということを肝に銘じ、自分の生活を見返してみることが必要となります。

  • 生理不順の原因を知る。

  • ファストフードの取りすぎ

     

    ファストフードはトランス脂肪酸の量が半端なく多いです。トランス脂肪酸とは、マーガリンやポテトを揚げる油です。アトピーや肥満の元になると言われ、アメリカの州によっては禁止されている油です。クッキー、ケーキ、クリーム、気が付かないうちに摂取をしている可能性があります。体を酸化させてしまい、ホルモンバランスを崩してしまいがちです。

  • レバーやほうれん草を食事メニューに取り入れてみましょう。他にも、豆腐や厚揚げなどの大豆食材は取り入れていきたいですね。
    出典 :食生活とダイエットと生理不順
  • 好き嫌いをしたり、睡眠不足気味

     

    不規則な生活をしていると、ホルモンバランスがくずれ、生理が送れる可能性があります。

  • 生理不順になると、ちょっと気になる言葉が「プレ更年期障害」です。ほてりやイライラなどが生じます。通常、45歳から55歳くらいで起こりますが、それと同様の症状が20代や30代ででるのがプレ更年期障害です。原因は、女性ホルモンの異常。ストレスや過度のダイエットなどで脳からホルモン分泌の指令がでなくなってしまうことで起こります。
    出典 :特集「生理不順」-周期の乱れと痛みを解消
  • ただ痩せたいだけダイエット

     

    食事を抜いたり、食べたり食べなかったりを繰り返していると、生理周期が乱れてきます。若いからまだ大丈夫と思っていても、5年後、10年後にそのツケが回ってくる恐れがあります。

  • 「食事療法」という意味の「ダイエット」をしっかり理解して、食事の改善をしましょう!

    ~女性ホルモンがつくる、キレイの秘密~より抜粋

  • 生理不順を緩和するにはまず健康!栄養価の高い食べ物をバランスよく取りましょう。無理なダイエットは、気づかずに体に負担をかけてしまい、生理不順を引き起こすことがあります。
    出典 :特集「生理不順」-周期の乱れと痛みを解消
  • 乳製品の取りすぎ


  • ただし、女性ホルモンの濃度が高くなりすぎると、乳がんや子宮筋腫にかかりやすい
    動物性脂肪などの摂取量が増えると、それにともなって女性ホルモンの濃度も高くなります。


    出典 :女性ホルモン
  • タバコは吸わない

     

    体を冷やします。

  • 自律神経の乱れ

     

    朝食を食べ脳を活性化して、自律神経を安定させましょう。これだけでも、生理不順を改善できます。

  • 過剰なストレス

     

    ストレスを感じると活性酸素が体の中で発生します。活性酸素は体を酸化させ老化にもつながり、生理周期に影響を与えます。ストレスに負けないように、リフレッシュできる環境を作りましょう。

  • 寝る前にぬるめのお湯につかったり、休日に軽く体を動かすなどして、ストレスを発散し、生理不順を解消しましょう。最近は、生理不順で婦人科に行っても、アロマテラピーなどを薦められますよ!
    出典 :特集「生理不順」-周期の乱れと痛みを解消
  • 原因は年齢でなくホルモンバランス

     

    不規則によって、年齢のせいしないように生活しましょう!

  • 50代になると確実に女性ホルモンは低下していきます。その前に、自分自身でホルモンバランスを崩してしまうと、更年期障害を前倒しにしも起こりかねません。

  • 漢方で生理不順を治そう!

  • 月経不順では、「血」の異常にあたる「お血(いわゆる血行不良)」が主な原因であるとされています。
    出典 :月経不順(生理不順)|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト
     

    血行不良は冷えにも関係がありそうです。

  • 最近はストレス社会を反映しているのか、気・血・水の「気」の異常である「気虚(ききょ:気が不足した状態)」や「気鬱・気滞(きうつ・きたい:気の流れが障害された状態)、「気逆(きぎゃく:気の流れが逆行した状態)」が最初にあり、その気の異常がお血を引き起こし、月経不順を招くというケースが多くなっています。
    出典 :月経不順(生理不順)|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト
     

    ストレスのことですね。

  • 月経不順に有効な主な漢方薬

  • 「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」
    体力中等度以上でのぼせて便秘しがちな方の「月経不順」、「月経困難症」、「腰痛」、「便秘」、「高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)」等に用いられています。
    出典 :月経不順(生理不順)|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
    血行をよくして熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを改善し、子宮などの炎症をしずめます。また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。体格がわりとしっかりした赤ら顔の人に向きます。
    出典 :桂枝茯苓丸
  • 通導散(つうどうさん)
    オススメのタイプ
    月経不順や月経時にイライラのある、便秘がちの方に。
    出典 :105 ツムラ通導散(ツウドウサン) - 漢方薬ダイレクト
     

    PMSにも効きそうです。

  • どこで買うの?

     

    漢方薬局へ出かけるのもいいと思います。しかし、値段が高めだったり、なんとなく入りにくい印象があります。薬局チェーン店でも漢方は売っています。まずは手軽なところで買うことをお勧めします。