更年期で生理が遅れる場合は病気ですか?

更年期の女性の場合、生理が遅れることもあるのでしょうか。その場合にはやはり病気の可能性があるのでしょうか。調べてみました。

  • rinko 更新日:2014/03/17

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期で生理が遅れる場合

  •  

    あれこれ考えてる間に不調になってしまいます。

  • 更年期の閉経前に生理不順が起きます。月経周期の短縮と遅延が起きて月経回数が減少し、最終的に閉経に至ります。これが更年期の生理不順(月経不順)です。更年期に生理が1年以上ない場合、閉経したと見られます。生理不順(月経不順)と共に卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下します。ですが、このエストロゲンは閉経後1~2年、長い場合は3~4年も分泌されます。この分泌が止まった時に更年期が完了したと考えられます。
    出典 :更年期症状:生理不順についての情報です!
     

    閉経前の女性の場合には不順か閉経かの見分けが難しい場合も多いのです。

  •  

    閉経前の更年期の自分の体についてよく知っておきましょう。

  • 更年期になると、まずは生理の起こり方に変化が現れてきます。徐々に生理の周期が短くなってきたと思うと、しばらくすると逆に周期が長くなり、生理の回数が減ってきます。出血量や日数も不安定になり、生理日ではない日に出血(不正出血)することもあります
    出典 :40代の生理|生理痛と女性のからだの悩み 生理のミカタ
     

    冷静に自分の体の不調と向き合いましょう。

  •  

    更年期の生理不順については深く悩まずに専門家に相談をして少しでも楽になりましょう。

  • 閉経前に生理不順について

  • 生理の周期が遅くなってきたり、量が減ってくるなど閉経までは様々です。更年期の初期には、生理周期に乱れが生じることがあります。生理周期は人それぞれですが、一般的な生理の周期は普通25日~28日の間隔で訪れます。自分の生理の周期よりも6日遅れるといったくらいのずれは正常範囲ですが、40代後半になると、生理周期がこの範囲を超えて短くなったり、長くなったり乱れてきます。更年期に差し掛かり、排卵のリズムが乱れるために起きる現象です。
    出典 :閉経になるのかな?という生理:更年期障害と更年期の症状・治療・更年期チェック
     

    生理的なものなのか病的なものなのかを婦人科で調べる必要もあると思います。

  •  

    女性にとっては生涯において生理は大事なことなのです。

  • 更年期の生理遅れが病気の場合

  •  

    更年期の生理不順は憂鬱なものです。

  • 一週間続いて終わったと思ったその二日後にまたダラダラ生理が続く・二か月何にも音沙汰がなかったのに、急に来てものすごい出血でくらくらする・生理の周期が少し短くなってきてる(23~26日位)経血の量も少ない・一か月のうちに二回生理が来るようになった・などがあります。それに伴い生理痛やPMSのような生理前の体調不良がエストロゲン分泌が乱れているせいで更年期になったらひどくなって
    困っている女性もたくさんいるみたいです。
    出典 :更年期の生理周期はバラバラすぎる!ローヤルゼリーで疲れを取ろう
     

    女性の体の仕組みを閉経前にもよく理解して症状についても閉経前か子宮の病気かの判断は医師に仰いでください。

  •  

    エストロゲンの減少ということを認識して自分の体が閉経に
    近づいているという事に気が付きましょう。

  • 閉経前は、数か月生理がない、間隔を開けずに生理がくる、大量出血、ダラダラ出血が続く、生理の期間が2~3日、、大体このようなパターンだと言われています。閉経前の不正出血の場合はその出血の続く期間の長さは個人差が大きいようです。閉経前に不正出血があり、生理不順だから、、と放置していたら実は子宮の病気だったというケースもあります。
    出典 :不正出血
     

    子宮に病気がないのかを調べておく必要もあります。