市販薬だけど「二日酔いで頭痛薬」を飲んでも大丈夫?

二日酔いで頭痛薬は問題ないのでしょうか?市販薬も多いですね!

view337

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二日酔いは何故引き起こされるのか

  • 私達が摂取したアルコールは、まずは肝臓にて有害な物質であるアセトアルデヒドに分解されます。その後、いくつかの段階を経て最後に水と炭酸ガスになり、身体の外へ排出されます。しかしアルコールを大量に摂取すると、身体がアセトアルデヒドを分解することができず体内に残ってしまいます。
    出典 :我慢できない二日酔い頭痛!頭痛薬を服用する場合の3つのポイント | iGotit
     

    この結果血液とまざり全身にながれるので、二日酔いになるのです

  • 体内に残ったアセトアルデヒドは、脳にまで達します。すると血管が拡張し、周辺の神経を刺激することで頭痛を引き起こしてしまうのです。またアルコールを代謝する際、大量の水分が身体から失われます。すると脳を保護している髄液が少なくなり、脳の周りの神経が刺激され頭痛が引き起こされるともいわれています
    出典 :我慢できない二日酔い頭痛!頭痛薬を服用する場合の3つのポイント | iGotit
     

    偏頭痛が起きると辛いですよね

  • 頭痛薬は最終手段

  • 二日酔いの頭痛を緩和してくれるのが、頭痛の鎮静剤です。その中でも効果的とされているのが、イブプロフェンという成分が配合された頭痛薬です。イブプロフェンは、効果が高く副作用も少ないのが特徴です。頭痛を感じ始めたら服用し、服用後はゆっくり休むと良いでしょう。
    出典 :我慢できない二日酔い頭痛!頭痛薬を服用する場合の3つのポイント | iGotit
  • 頭痛薬はあくまでも頭痛を緩和するための薬です。前述でご説明した血管の拡張や髄液の減少により頭痛が起こっている場合、頭痛薬を服用することにより、血管を縮小させたり髄液を増加させるなどの働きはありませんので、その点は注意が必要といえるでしょう。
    出典 :我慢できない二日酔い頭痛!頭痛薬を服用する場合の3つのポイント | iGotit
  • 確かに

     

    頭痛薬はつらい症状を緩和してくれますが、根本的改善にはならないと言えばならないのです。アルコールを分解し、頭痛を和らげるという事ではなく、頭痛の痛みを緩和させるだけなのですから

  • 飲む際の注意点

  • 吐き気とともに、とてもつらいのが頭痛ですが、頭痛薬は要注意。お酒でさんざん痛めた肝臓と胃腸を、よけい痛めることになります。とはいっても、我慢できないときは、ぜひ胃腸薬もご一緒に。
    出典 :つらい二日酔い。でも頭痛薬は要注意
  • 、「二日酔いの頭痛を何とかしたい」時のための最終兵器という感覚で使用してくださいね。お酒もそうですが、頭痛薬も毎日飲んでいたら、そりゃ身体も壊すでしょう。やはり、日々の予防と体質改善により「二日酔いしない体質・お酒の残りにくい身体」にしていくのが一番です。
    出典 :二日酔いの頭痛を治す頭痛薬はロキソニンが一番な理由
     

    毎日はだめですよ

  • 頭痛薬は、必ず食べ物を少し口に入れた後に摂取しましょう。一般的に薬を服用するときにもいえることですが、アルコールを大量に摂取した後は胃が荒れていることが多いです。その状況で、頭痛薬を服用すると更に胃が荒れる可能性があります。
    出典 :我慢できない二日酔い頭痛!頭痛薬を服用する場合の3つのポイント | iGotit
  • 頭痛薬が駄目ならカフェイン!?

  • 薬にばかり頼らなくても、濃いめのコーヒーに入っているカフェインは、知る人ぞ知る、頭痛薬ですから。それから、頭からツノが出ている恐いお母さんに頼まなくても、蛇口をひねれば黙って出てくる水。のどの渇きを取ると同時に、血液中のアルコール濃度を薄めて、尿からの排泄を助けます。つらい二日酔いのつよーい見方なのダ!
    出典 :つらい二日酔い。でも頭痛薬は要注意
     

    便利ですよね

  • コーヒーに含まれるカフェインが役に立つのです。もともと頭痛に対しては、鎮痛作用のあるアスピリン、鎮静作用のあるバルピタール 血管拡張作用のあるカフェインを用いることが最も一般的な治療法であるとされています。
    出典 :効用その9
  • 頭痛薬のロキソニンは

     

    ・早くよく効く
    ・胃や腎臓を全く刺激しない
    ・眠くならない
    ・依存性がない
    こんなメリットがあるので使っても良いかもしれませんね