新しい国民病となるのか・・・ロコモとは?

それまでは聞きなれなかった用語ですが、最近注目されつつある現代病の一種「ロコモ」についてまとめました。チェックもできるリンクもあります。今から予防対策の参考に!

view267

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ロコモってなんでしょう?

  • 名称だけを聞くと、ちょっと可愛らしい感じですが・・・実は恐ろしい部分が隠れています。

  • ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは、骨や筋肉といった運動器の障害により、要介護になっていたり、要介護になるリスクが高い状態になることを言います。

  • 介護と聞けば、普通は祖父母や両親に対してのことを思い浮かべがちです。しかし要介護になるか否かの分岐点とは、40歳からの生活にあるのだそうです。 40代から次第に確実に、運動器の低下が始まるためと言われています。

  • ロコモの概要。

  • ロコモジムナスティックス(ロコモ体操) - YouTube

     

    こんな体操もありました。

  • 厚労省が2003年から進めている国民の健康づくり運動「健康日本21」は、2013年2月で10年間の「第1次計画」期間が終了しました。現在は2013年3月から次の10年間を対象に「第2次計画」がスタートしています。

  • ロコモチャレンジ!推進協議会委員 山田恵子医師 - YouTube

  • 「第1次計画」では「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の認知度向上が大きなテーマで、そのキャンペーンが功を奏し、スタート当時は2割程度だった「メタボ」という言葉の認知度は9割まで上昇したそうです。

  • ロコモ(腰痛・膝痛予防)体操動画 ③ (仰向けになって手足を揺する運動) - YouTube

  • そしてこれから政府が広めようとしているのが「ロコモ」というキーワードです。

  • ロコモの認知度はまだ17%程度(60代以上では30%)で、政府は第2次計画によって8割まで高めることを目標としています。まだ「聞いたこともない」という人が多いのではないでしょうか?