【ジェネリック医薬品】何が違うの?問題点は?損はしないまとめ

ジェネリック医薬品が普及して時はたっていますが
知らない人も多い事があるのです
まとめてみました

view293

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ジェネリック医薬品って結局なに?

  • 医薬品には、一般の薬局・薬店で販売されている「一般用医薬品」と、医療機関で診察を受けたときに医者から処方される「医療用医薬品」があります。さらに、「医療用医薬品には、新しく開発・販売される「先発医薬品(新薬)」と、先発医薬品の特許が切れた後に他の医薬品メーカーが同じ有効成分で製造・販売される「後発医薬品」があり、後者を「ジェネリック(generic = 一般的な)医薬品」とも言います。
    出典 :安心してご利用ください ジェネリック医薬品:政府広報オンライン
  • 医療用医薬品は新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)に分けられます。新薬は、10~15年もの歳月と、数百億円以上といわれる費用をかけて開発されるので、開発した製薬会社は、特許の出願によりおよそ20~25年間(特許期間※2)そのお薬を独占的に製造・販売する権利が与えられます。けれども、特許期間が過ぎると、その権利は国民の共有財産となるため、他の製薬会社から同じ有効成分を使ったお薬が製造・販売されるようになります。それが、ジェネリック医薬品です
    出典 :1. ジェネリック医薬品を知りたい方へ | 日本ジェネリック製薬協会
     

    これがジェネリック医薬品なのです

  • メリットなどって存在する?

  • 先発医薬品の研究開発には、9年~17年程度の長い歳月と数百億円以上を要すると言われる莫大な投資費用が、コストとして薬の値段に反映されています。これに比べてジェネリック医薬品の場合、既に有効性や安全性について先発医薬品で確認されていることから開発期間やコストを大幅に抑えられ、結果として薬の値段も先発医薬品と比べて3割~5割程度も安く設定することができます。
    出典 :安心してご利用ください ジェネリック医薬品:政府広報オンライン
     

    低コストはありがたいですね

  • 先発医薬品が湿気に弱かったり、光に弱い性格を持っていても、ジェネリック医薬品は、それを改善したり、薬の味が改善されていることもあります。小児や老人が飲みやすい剤形等を開発することで、国民の皆様によりよく薬を飲んでもらえるように努力しています。
    出典 :ジェネリック(後発医薬品)とは?
  • ここまであっても浸透しない・・・

  •  

    日本でのジェネリック医薬品の使用率は上昇傾向ではありますが2010年で約40%(置き換え可能な市場シェア)と世界の使用率に比べると、まだ低い状況にあります。
    国は2018年度までに、ジェネリック医薬品のシェアを60%以上に引き上げるという目標を掲げており、今後、ジェネリック医薬品の使用は更に進み、シェアが拡大していくことが予想されます。
    欧米では、新薬の特許が満了した1ヶ月後には、市場の約80%がジェネリック医薬品に切り替わるお薬もあるほど、ジェネリック医薬品は世界中で浸透しています。ジェネリック医薬品の世界市場(2010年・数量ベース)は、アメリカ91%、ドイツ82%、イギリス73%、フランス62%とジェネリック医薬品の使用率が60%を越えています。

  • そもそも、ジェネリック医薬品が「安い」「同じ効果」と利点ばかりであれば、医師もすぐにジェネリック医薬品に変えているはずです。しかし、実際はそうではありません。



    なぜなら、ジェネリック医薬品にはそれなりの欠点が存在するからです。本当ならこの部分もマスコミは宣伝すべきなのに……。



    「ジェネリック医薬品は特許が切れた薬」
    「同じ効果を得ることができる」



    これらは一部真実であり、一部ウソです。なぜなら、ジェネリック医薬品は完全に特許が切れたわけではないからです。



    特許が切れたのは物質特許であり、薬の本体です。つまり、有効成分そのものです。実は、薬の特許には物質特許以外にも「製法特許」や「製造特許」が存在します。
    出典 :ジェネリック医薬品の問題点
     

    詳しくは説明しにくいですが、欠点があるのですね

  • しかし、最も重要なことは、ジェネリック医薬品は古い薬でもあるということです。新たな効果を謳って新薬が次々と生まれています。早く患者さんに良くなってもらいたくて、医師は新しい薬を使用しているのです。
    出典 :ジェネリック(後発医薬品)とは?
  • デメリットは果たしてあるのか

  • ジェネリック医薬品(後発医薬品)は成分や製法こそ先発医薬品と同じですが、加える添加物の種類やコーティング剤など、異なる部分もあるからです。

    薬というのはデリケートな商品で、全く同じ薬でも全ての人に同じように効くわけではありません。
    ちょっとしたコーティングの違いで同じ人に処方していても同じ効果が得られないこともある、といういうのがジェネリック医薬品のデメリットです。
    出典 :ジェネリック医薬品(後発医薬品)のデメリットとは
  • ジェネリック医薬品には安全性試験がない
    ジェネリック医薬品には製薬会社での「有効性試験」はあるが、「安全性の試験」はない。もちろん先発医薬品は「安全性の試験」をしっかり行う。
    出典 :ジェネリック医薬品とは?|メリットとデメリットを把握しよう
  • ジェネリック医薬品を使用するかどうかは自分で意思表示しよう


    現在、日本では医療費削減を図る為に、ジェネリック医薬品の普及を推進中。
    患者側から医師にジェネリック医薬品の処方を要求できるようになったのだ。

    様々な問題も存在するが、先発医薬品との違いはほんのわずかだという意見もある。不明な点は医師に相談しながら自分の意思で先発医薬品かジェネリック医薬品を選択するようにしよう。

    医師に処方してもらう以外に個人輸入で入手する方法があるが、個人輸入でジェネリック医薬品を入手し服用した場合、副作用等何が起きても一切自己責任となるので注意が必要だ。
    出典 :ジェネリック医薬品とは?|メリットとデメリットを把握しよう
  • メリットとデメリット

     

    しっかり把握して
    自分の意志で選んでくださいね