偏頭痛の前兆?閃輝暗点の症状とは?

突然目が見えづらいような症状を感じたことはありませんか?
キラキラしたような太陽を見た直後に見えづらくなる感じ。。
これは目の病気ではなく偏頭痛の兆候であるともいわれています。
どのような症状なのでしょう?

view315

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 偏頭痛とは

  • 片頭痛は、頭の片側(時に両側)が、ズキンズキンと脈打つような強い痛み(拍動性頭痛)に襲われます。このような痛みが月に1~2回、多い人では週に1~2回発作的に起こり、数時間から3日間ほど続きます。
    出典 :片頭痛(偏頭痛)の症状|頭痛に関する総合情報サイト[ずつう.jp]
     

    頭痛は本当にイヤですよね・・。

  •  

    頭痛に悩まされている方は多いですよね

  • 偏頭痛が起こる原因

  • 血管説

    頭部の血管が拡張することによって頭痛が起こると考える説です。

    血小板からのセロトニン(血管を収縮させる作用を持つ)が放出されるため一旦脳の血管が収縮します。 その後、時間の経過とともにセロトニンが分解されていき減少することによって一度収縮した血管が逆に拡張するために頭痛が起こるというものです。
    出典 :片頭痛 | 頭痛の原因 | 頭痛Online
  • 三叉神経血管説

    脳神経の中で最も大きい三叉神経(顔面周辺の感覚をつかさどる)が関与しているという説です。

    何らかの刺激によって三叉神経が刺激されることにより、三叉神経の末端から血管を拡張させる作用をもつ様々な神経伝達物質が分泌されます。 それらの働きで拡張した血管や、それによって発生した炎症が神経を刺激して痛みが起こるというものです。
    出典 :片頭痛 | 頭痛の原因 | 頭痛Online
     

    血管説と三叉神経血管説があります

  • 偏頭痛が起こる前の予兆と前兆とは

  • 片頭痛(偏頭痛)では、頭痛が起こる前に「予兆」と呼ばれる症状が、また、痛む前に「前兆」と呼ばれる症状があります。

    出典 :片頭痛(偏頭痛)の前兆と予兆|頭痛に関する総合情報サイト[ずつう.jp]
     

    頭痛にも予兆や前兆があるのですね

  • 閃輝暗点(せんきあんてん)

  • 「前兆」は、頭痛の前に、視野の欠損(半盲)や、ギザギザした光が見える症状(閃輝暗点)が起こります。前兆は片頭痛に特徴的な症状です。
    前兆は通常、頭痛が始まる前に消失します。前兆として最も多い症状は閃輝暗点と呼ばれる視野の異常であり、視野のなかの小さな欠損部が徐々に拡大し、その辺縁はジグザクに輝き、内側に視野の欠損部が残るのがこの症状の特徴です。

    出典 :片頭痛(偏頭痛)の前兆と予兆|頭痛に関する総合情報サイト[ずつう.jp]
     

    目に起こるのでちょっと怖いですよね。。

  •  



    見え方はこんな感じです。

  • 偏頭痛の前兆だけとは考えないで

  • 慶応義塾大学病院(東京都)眼科の大出尚郎氏は「脳循環障害が原因で起こる場合があるので注意を」と警告する。
    出典 :【健百】目の前に稲妻が走る「閃輝暗点」にご注意! | あなたの健康百科
     

    脳に何か病気がある場合もあります。
    気になる場合は受診しましょう。

  •  

    受診することも必要なのです。

  • かんたん偏頭痛解消法

  • •片頭痛の患部を冷やす
    •暗くて静かな部屋に行く
    •コーヒーを飲む
    •睡眠を改善する
    •生活習慣を改善する
    •ストレスを溜めない、解消する
    •チョコレートや赤ワインなどの摂取を控える
    出典 :正しい片頭痛の治し方 | iGotit
     

    かんたんなのでやってみましょうね。