メタボ男子が性機能障害を起こしやすい理由

メタボ男子が性機能障害を起こしやすい理由、知っていますか? じつは、太っていると体に良くないことがたくさんあるんです!

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メタボとは

  • 糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。
    内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
    出典 :【基礎知識編】メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を知ろう|厚生労働省
     

    肥満は、あらゆる生活習慣病のもととなる危険な状態です。だからこそ、メタボリックシンドロームの健診が行われたりしているのです。

  • メタボ男子は夜が弱い?

  • 男性の場合、メタボリックシンドロームや糖尿病が、ED(勃起不全・勃起障害)の原因になることを示唆する研究結果が世界中で数々報告されています。

     そして近年は、メタボリックシンドロームや糖尿病により、動脈硬化が進展したとき、その初期症状こそEDである、という指摘があります。
    出典 :初期のED (勃起不全・勃起障害)は生活習慣病の兆候? | 大東製薬工業
     

    こんな研修結果が出ています。

  • 太ってる人は皆ED予備軍なの?

  • 「メタボ体型」、肥満そのものがEDを引き起こすのではありません。
    出典 :メタボとEDの関係|ED克服のポイント|YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    太っている=男性機能が低下する、というわけではないのです。

  • メタボの方は、動脈硬化が進行しやすく血管が細くなってペニスに血液がスムーズに流入しなくなるため、勃起する力が弱まります。また糖尿病にかかると自律神経に障害が起こり、脳から勃起を促す指令がうまくペニスに伝わらず、EDになる可能性があります。
    出典 :メタボとEDの関係|ED克服のポイント|YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    これがどういうことかわかりますか? つまり、メタボ男子は太っているから別の病気になりやすい状態で、別の病気の初期症状や合併症状として、EDというものが出やすい、ということなのです。

  • 朝立ちがなくなったら対策を始めよう

  • EDが重症化して性をあきらめ、余生を重い生活習慣病と付き合い、不自由な生活となり、医療費や介護費用がかさむ状況に陥る状況を避けるためにも、軽症のEDを「元に戻れる最後の機会」と捉えて対処する事をお勧め致します。
    出典 :初期のED (勃起不全・勃起障害)は生活習慣病の兆候? | 大東製薬工業
     

    とくに、糖尿病の症状のひとつとして性機能障害を起こしている場合、放置しておくと重度の糖尿病に発展し、取り返しのつかない状態になってしまいます。

  • ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ病院へ。

  • セックスレスの人も含めて、中高年の全ての男性にとって、早朝勃起(朝立ち)は勃起機能の維持と確認のために重要な生理現象です。そして、十分な硬さの勃起が出来なくなった人は、EDのみならず生活習慣病の初期症状を疑い、健診データや生活習慣を踏まえて、これらの改善に取り組むことをお勧め致します。
    出典 :初期のED (勃起不全・勃起障害)は生活習慣病の兆候? | 大東製薬工業
     

    と言われています。1つのバロメーターとして、朝立ちがあるかどうかを目安にしておくと良いでしょう。

  • パートナーがメタボ気味だったり、自分がメタボ気味だなあと自覚がある人は、健康的な生活を心がけましょう!