ナイスバディ芸人?サバンナ八木の八木式ダイエットとは?

八木式ダイエットとは?吉本一の肉体美を誇るといわれている、お笑い芸人のサバンナ・八木さん。実は、今でこそ人もうらやむナイスバディを手に入れた八木さんではありますが、中学生の頃には肥満に悩まされ続け、好きな女の子ができたことをきっかけに一念発起。彼のダイエット生活が始まりました。

view99

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 八木式ダイエットとは?

  • お笑い芸人であるサバンナ・八木さんが、紆余曲折の末自ら編み出したという八木式ダイエット。
    その方法は実に理にかなっています。
    八木式ダイエットとは、早い話が時間割ダイエットです。

  • まず、1日に必要な層摂取カロリーを決定します。
    八木さんの場合では1日3食の食事を摂取することを前提とし、必要な摂取カロリーを2400キロカロリーと定めてダイエットを開始しました。
    1日は24時間、睡眠時間を6時間とすると、就寝時間を除いた稼働時間は18時間となります。
    その稼働時間を2400キロカロリーで割ってみると・・・。
    1時間当たりに摂取することのできるカロリーが133キロカロリーとなります。
    次に、朝食から昼食までの時間を決めます。
    たとえば、午前7時に朝食を摂取し、12時に昼食を摂ることにすると、7時~12時までは5時間あるわけですから、133キロカロリー×5時間で、朝食として摂取しても良いカロリーが665キロカロリーとなります。
    ということは、極端なお話をすると午前9時に朝食を摂り、12時に昼食を摂るということになった場合では、133キロカロリー×3時間で、午前中に摂取してもよいカロリーは399キロカロリーとなるということですね。

  • 八木式ダイエットを実行する前に

  • まずはご自身が必要とする、就寝時間を除いたカロリーを算出してみることにしましょう。
    1日の必要カロリーを計算する方法は以下の通りです。
    まず、ご自身の身長から標準体重を割り出します。
    身長(m)×身長(m)×22
    これで標準体重を調べることができます。
    たとえば、身長160㎝の方を例に挙げて計算してみると、
    1.60×1.60×22=56
    となり、標準体重が56キロということになります。
    その標準体重に25~30を掛けた数字が、1日に必要となる摂取カロリーです。
    160㎝の方であれば、1400~1680キロカロリーとなりますね。
    目安としては、成人で1800~2200キロカロリーであるといわれています。
    ですが、これはあくまでも基準となる数字であり、年齢、性別、体重、運動量などにより大きな差が生じます。

  • 制約が多過ぎるダイエットは継続が困難

  • どのような方法であれ、ダイエットには忍耐がつきものです。
    これは、なんらかのダイエットのご経験をお持ちの方であれば容易にご理解頂けるのではないかと思います。
    また、食事制限によるダイエットを行う際には、21時以降に食事を摂取してはいけないとか、就寝前の3時間はいかなる食品も摂取してはいけないとか・・・。
    また、ダイエットの種類によっては、とにかく毎日野菜だけを食べ続け、動物性たんぱく質の摂取は週1回だけとか・・・。
    どの食事制限によるダイエットを摂り上げても、少々非現実的な要素が含まれ、継続することが困難になってしまうことも少なくはないでしょう。
    では、八木式ダイエットではどうなのでしょうか?

  • 八木式ダイエットのメリット

  • カロリー制限を除いては、食事の摂取時間に規制はありません。これがいちばん大きなメリットなのではないかと思います。
    たとえば、深夜まで残業が続き、夕食の時間がとんでもなくずれてしまった、というようなこともあるでしょう。
    このような場合であっても、1日の決められた摂取カロリーを上回るカロリー摂取を行わなければ、その日1日のダイエットをクリアしたことになります。
    つまり、不規則な生活を送っている方であっても続けることができるのが、八木式ダイエットであるということですね。

  • サバンナ・八木さんに続け!八木式ダイエットで、あなたもナイスバディを手に入れましょう!