パフォーマンスが落ちる!脳疲労について

脳疲労は、パフォーマンスを落としてしまい、勉強や仕事に影響を及ぼします。
今回は、そんな総疲労について紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/26

view270

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳の疲れ

  • 脳は情報の処理や記憶などたくさんの仕事をしているため、
    疲れてしまいます。
    なので、脳をしっかり休ませなくてはなりません。
    今回は、脳疲労について紹介します。

  • 脳疲労の悪影響

  • 脳が疲れている状態が長く続きストレスが慢性化すると、脳のサイズが小さくなるという研究結果があります。
    また、集中力や記憶力が劣ってしまい仕事にも脳疲労は良くありません。

  • 脳疲労の症状

  • 脳疲労の症状は体が重いかったりやる気が沸かない、風邪っぽいなどで、脳が直接疲れていることが影響していると考えにくい症状が多いです。そのため、脳疲労とは思われないで対処されがちです。

  • 脳疲労の原因

  • 脳に疲労がたまる原因は、過度に働かせることやストレスなどが影響しています。
    また、栄養不足なども原因に挙げられます。
    疲労を取る方法はいろいろあり、その原因によって対処法が違います。

  • 栄養不足の脳疲労

  • 栄養不足の場合は、ビタミンB郡をとりましょう。
    なかでもビタミン12は記憶力や集中力に影響します。
    そのため、勉強や仕事で疲れている場合に効果的です。
    また、ビタミン6はやる気をアップさせるので、
    落ちこんでいるときに効果が期待されます。

  • ストレスや働きすぎから来る脳疲労

  • ストレスや働かせすぎから来る脳疲労は、睡眠で対処しましょう。
    ストレスなどの脳疲労に睡眠は効果的で、睡眠をしっかりとった後は、作業の効率も上がります。
    なので、しっかり睡眠をとりましょう。
    睡眠不足はストレスにつながり、余計にストレスを生んでしまい、さらに疲れてしまいます。

  • おわりに

  • 脳は、とても大切なところなのでしっかり丁寧に扱い時々休ませてあげましょう。