難病!?トゥレット症候群とは?

難病と言われているトゥレット症候群とはなに?
音性チックを伴うそうなのです!

view402

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どのようなもの?

  • 多彩な運動性チック症状と、音声チック症状を合併した重症のチック障害(tic disorder)。運動性チック症状は、まばたきや顔をしかめたり、また、頭部の急激な動きから始まり、胴や上下肢に及び、自分をたたいたり、飛び跳ねたりという症状に至ることもある。
    出典 :トゥレット症候群 とは - コトバンク
  • 音声チック症状は、「アッ」「ウッ」などの声を出す、咳払いをするといったものから、社会的に望ましくない言葉や罵声を発したり(汚言症)、他人の言葉を繰り返したり(反響言語)する場合もある。小児期や青年期初期に発症し、成人期まで持続することが多い。薬物療法によって症状が改善する。
    出典 :トゥレット症候群 とは - コトバンク
  • 原因は分かっている?

  • 本症の原因は完全には解明されていない。家系発症が多く、遺伝性素因が 指摘されている。5~6歳に発症し、増悪・寛解を示し、一年を越え持続する単純チックは、10歳代中頃に軽快の方向をとり、10歳代後半には自然寛解する ことより、大脳基底核のドパミン神経系の発達障害が示唆される。
    出典 :難病情報センター | 神経系疾患分野 トゥレット症候群(平成22年度)
  • 一方、10歳頃より出現する複雑チックも薬物に対する反応からドパミン神経受容体の異常が 考えられるが、強迫神経症を伴い、長期持続、難治化する。したがって、TSには少なくとも2つの病態の存在が考えられる。
    出典 :難病情報センター | 神経系疾患分野 トゥレット症候群(平成22年度)
  • 症状☆

  • トゥレット症候群の発症の平均年齢は7歳前後とされ、ほとんど の例が14歳までに発症する。発症時の症状で最も多いものは、ま ばたきなどの目の運動チックであり、次が頭や顔の運動チックで ある。音声チックで発症する例はより少ない。
    出典 :トゥレット症候群の概要
  • トゥレット症候群にしばしば合併する障害には、多動症候群と 強迫性障害がある。多動症候群は、約30~70%に合併するとされ ている。多動症候群の治療には中枢刺激薬がしばしば用いられる が、その使用によってトゥレット症候群の発症が促進されたり増 悪することがあると言われている
    出典 :トゥレット症候群の概要
  • 治療方法は

  • ハロペリドールほかドパミン受容体の異常に対し、種々の薬剤が試みられ ているが、すべての患者に有効なものはない。小児期から日中の活動を高め睡眠覚醒リズムを正し、きちんとした歩行を行わせることも併発症発現予防に必須と考 えている。
    出典 :難病情報センター | 神経系疾患分野 トゥレット症候群(平成22年度)
     

    とても難しい話ですね・・・

  • 難病だけあって

     

    中々簡単に完治とまではいかないようですが
    まだコレといって完治出来る薬もなく
    有効なものというのは存在していない
    というようなのです

  • 色々なアプローチ

  • チックは、ドーパミンという神経伝達物質に関連する薬剤の投与によって軽減することから、脳に問題が起きていることが示唆されています。そこで"オーソモレキュラー療法"のチック治療へのアプローチでは、子どもの脳は小学校入学後もまだ発達段階であるということを大前提として、血液検査によって不足している栄養素を調べ、それを補うというアプローチを行います。
    出典 :チック(トゥレット障害) | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
     

    この療法でのアプローチが必要なのです
    結構重要な点だと思います

  • こんな療法をしっていますか?

     

    "オーソモレキュラー療法"では、すべてのチック(トゥレット障害)の方に血液検査を行います。そしてそのお一人おひとりにとって正常な脳の発達に必要な栄養素を選び、量を決めてアプローチしていきます。