脳に関係する色々な病気

人間にとって重要な器官である脳。それだけに病気になると大変です。脳の病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳梗塞

  • 脳を形作っている脳細胞は、二十歳を過ぎる頃から徐々に減少していきますがある程度の再生能力があることが最近の研究で判って来ました。しかし、脳細胞に栄養が行き届かなくなれば脳細胞は再生することが出来なくなります。脳梗塞は、脳に繋がる血管に何らかの原因で狭窄や閉塞が起こり脳に巡る血液が不足することで、脳細胞に充分な栄養や酸素が送られなくなる病気なのです。
    出典 :脳梗塞 - 血栓やアテロームが原因/神経麻痺・感覚障害などの症状が出る脳梗塞 - 脳の病気ガイド
  • 脳梗塞の治療で一番大事なのは、治療後のリハビリテーションです。脳の機能は司る部位が元通りにならないほどのダメージを受けても、周囲の脳組織が失われた機能を代行するように働く性質があります。脳梗塞で受けたダメージは、脳の性質を活かすことで大幅に改善していくことが可能なのです。
    出典 :脳梗塞 - 血栓やアテロームが原因/神経麻痺・感覚障害などの症状が出る脳梗塞 - 脳の病気ガイド
     

    失われた機能を他の部位が補うなんて、脳って凄い。

  • 日本脳炎

  •  

    予防接種を受けた記憶がある人も多いはず。

  • 日本脳炎の原因となる日本脳炎ウィルスは、主に「コガタアカイエカ」という蚊によって媒介されます。日本脳炎ウィルスは人間だけではなく馬や牛や豚などの大型動物にも感染し発病する性質を持っています。蚊は、これらのウィルス感染動物から吸血することでウィルスの感染源となる性質を持っています。特に豚やイノシシなどは、日本脳炎ウィルスの増幅を行なうことが多いといわれています。
    出典 :日本脳炎 - 日本脳炎の症状や予防接種など - 脳の病気ガイド
     

    たかが蚊と侮ってはいけません。

  • 日本脳炎は6日から16日の潜伏期間を経た後、発症します。初期症状としては、頭痛やめまい、嘔吐や寒気などが見られます。小児の場合は腹痛や下痢を伴うことがあります。症状が進行すると、光過敏症から意識障害や神経障害を引き起こし、重篤な後遺症を残すことがあります。日本脳炎ウィルスに感染しても発症しない場合が多いのですが、発症すると手遅れになる場合が多く子供やお年寄りなどの抵抗力が弱い人ほど危険と言えます。
    出典 :日本脳炎 - 日本脳炎の症状や予防接種など - 脳の病気ガイド
     

    一見すると風邪の症状に似ています。

  • アルツハイマー病

  • アルツハイマー病は、認知症の中でも重篤な症状を示す病気です。通常の認知症では、寝たきりになることがほとんど見られないのに対し、進行したアルツハイマー病は歩行困難などの運動障害を引き起こし寝たきりになってしまうことがあるからです。
    出典 :アルツハイマー - 認知症と同じ症状/若年性アルツハイマー病についても - 脳の病気ガイド
     

    寝たきりになると、介護する家族に負担をかけてしまうという問題も出てきます。

  • 基本的に、アルツハイマー病は65歳以上の高齢者を中心に発病する病気なので認知症として取り扱われます。しかし、65歳以下の人でもアルツハイマー病が発病することがあります。それが「若年性アルツハイマー病」です。40~50代の男女を中心に発病し、通常のアルツハイマー病と同じ症状を現します。
    出典 :アルツハイマー - 認知症と同じ症状/若年性アルツハイマー病についても - 脳の病気ガイド
     

    自分は高齢者じゃないから心配ないだろうと思う方もいるかもしれませんが、そうとは言い切れないようです。

  • 基本的に、アルツハイマー病は根治治療が存在しない病気です。そのため、病院などでは症状を抑制する目的での薬剤投与を行なうのが一般的です。
    出典 :アルツハイマー - 認知症と同じ症状/若年性アルツハイマー病についても - 脳の病気ガイド
     

    医学の発展で治療法が見つかるといいですね。

  • 片頭痛

  •  

    経験したことのある人も多いのでは?

  • 片頭痛は、頭に痛みが起こる頭痛の一種で左右どちらかに偏った痛みが起こるという症状を表すものです。女性に多く見られ、成人の8%が偏頭痛持ちであるという統計結果があります。
    出典 :片頭痛 - 女性に多く見られ成人も高頻度で見られる偏頭痛を解説 - 脳の病気ガイド
     

    片側だけが痛むから「片」頭痛と言うんですね。

  • 偏頭痛は、肥満の人に見られる「睡眠時無呼吸症候群」の症状の一つとして現れることがあります。睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時の呼吸数が減少することで寝不足などを起こす病気ですが、アドレナリンの分泌が促進され高血圧を起こしやすくなるという弊害があります。このアドレナリンの作用で血管が拡張を起こし、片頭痛の原因に繋がると考えられています。
    出典 :片頭痛 - 女性に多く見られ成人も高頻度で見られる偏頭痛を解説 - 脳の病気ガイド
     

    ただの頭痛かと思いきや他の病気が隠されていた、などということもあるので注意が必要です。