過去最悪のペースの流行!”風疹”まとめ

今年、過去最悪のペースで流行している風疹とその予防法についてまとめてみました。

  • ATGC 更新日:2013/08/20

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ”風疹”とは?

  • 風疹とはどのような病気なのでしょうか?

     

    子供の病気と思われがちですが、大人もかかるおそれのある病気です。

  • 風疹(ふうしん、英: Rubella)とは、ウイルス感染症の一種で、風疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患[1]。一般に日本では三日はしかとしても知られ、英語では「German measles(ドイツはしか)」とも呼ばれている。日本では「風しん」として感染症法に基づく五類感染症に指定して届出の対象としている[1]。
    伝染力は水痘(水疱瘡)、麻疹(はしか)より弱い。妊娠初期に妊婦が感染した場合の先天性風疹症候群が大きな問題となる。効果的な治療法は無く、ワクチンによる予防が最も重要である。
    出典 :風疹 - Wikipedia
  • 風疹(rubella)は、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症である。症状は不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、臨床症状のみで風疹と診断することは困難な疾患である。

    風疹に感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、出生児が先天性風疹症候群を発症する可能性がある。

    男女ともがワクチンを受けて、まず風疹の流行を抑制し、女性は感染予防に必要な免疫を妊娠前に獲得しておくことが重要である。
    出典 :風疹とは
  • 疫学について

  • 1990年代前半までの我が国では、5~6年ごとに大規模な全国流行がみられていた(1976、1982、1987、1992年)。男女幼児が定期接種の対象になってから、大規模な全国流行は見られなくなったが、2004年に、推計患者数約4万人の流行があり、10人の先天性風疹症候群が報告された。
    出典 :風疹とは
  • 風疹にかかった人は免疫ができて二度とかからないといわれるが、経年により免疫が低下していた場合や、がん治療などで免疫力が落ちた場合など、ごくまれに再発することがある。日本ではかつて5〜9年ごと(1976、1982、1987、1992年)に大流行があったが男女幼児が定期接種の対象となって以降は大きな流行は発生していなかった[2]。
    出典 :風疹 - Wikipedia
  • 原因について

  • 風疹ウイルスはTogavirus科Rubivirus属に属する直径60〜70nmの(+)鎖の一本鎖RNAウイルスで、エンベロープを有する。血清学的には亜型のない単一のウイルスで、E1蛋白質の遺伝子解析によって13の遺伝子型に分類されている。2004年の流行では1jが主流であったが、2012年以降、国内では検出されていない。2011年以降、南・東・東南アジアで流行中の2Bと1Eが国内に侵入し、これらが定着し拡大している。
    出典 :風疹とは
  • 感染者の鼻汁に含まれる風疹ウイルスによる飛沫感染または直接接触感染による。伝染期間は発疹の発症前1週間~発疹出現後4日間[3]。トガウイルス科ルビウイルス属、直径50~70nmの一本鎖RNAウイルス。正十二面体のカプシド構造を有する。
    出典 :風疹 - Wikipedia
  • 症状について

  • 主な症状は、発熱と、その翌日くらいに小さくて細かい赤い発しんが顔から出始め、全身に一気に広がります。また、耳の後ろや後頭部のリンパ節が腫れて、痛むこともあります。また目が充血したり関節痛を訴える人も多いということです。大人の患者の3割に、39度以上の高熱が出たという報告があります。
    出典 :NHK NEWS WEB ストップ風疹 ~赤ちゃんを守れ~
  • 風疹は発熱と、赤くて細かい発疹という全身症状が特徴です。

    しかし、発熱や発疹より先に耳の後ろから首筋にかけて、リンパ節の腫れが起こってきます。このリンパ節の腫れは比較的大きいものなので、抑えると痛みを感じたりするので、見過ごしたりということはまずないと思います。

    小さく淡い赤色の発疹は、顔から始まり、急速に体や手足に広がっていきます。

    手足に発疹が出ると、顔の発疹は消え始めます。すべての発疹が消えるまで、3~5日くらいです。
    出典 :風疹の症状
  • 予防について

  • 風疹はどのように予防したらよいのでしょうか

     

    確実な予防法はワクチンの接種のようです。

  • 幼小児期に予防接種が行われている。世界的にはMMRワクチンに含まれた形で2回接種を行うのが主流である。
    妊娠可能年齢の女性で風疹抗体が無い場合、ワクチン接種はCRSを予防する観点からも強く推奨されているが、妊娠中のワクチン接種は避ける。ワクチン接種後は2ヶ月間の避妊が必要。2006年4月以降、新規にワクチンを接種する1歳以上2歳未満の幼児からは麻疹・風疹混合ワクチンを接種することとなった。授乳中の母親がワクチン接種を受けた場合、乳を飲んでいる赤ちゃんに、ワクチン・ウイルスが感染し赤い発疹が出る事があるが、重い合併症は起こさない[6]。
    出典 :風疹 - Wikipedia
  • 風疹のワクチンには、
    ・風疹だけを予防する「単独ワクチン」
    ・風疹と麻疹(はしか)の2つを予防する「混合ワクチン(MRワクチン)」
    の2種類があります。
    「単独」の方が「混合」より費用は安いものの生産量が少ないため、接種する人が増えると不足するおそれがあります。
    「混合」は、費用は「単独」より高いものの今のところ在庫は十分とされています。成人には麻疹の抗体が少ない人も多いので、専門家は混合(MR)ワクチンの接種を勧めています。接種を受ければすぐに大丈夫、というわけではありません。接種から抗体ができるまでには2、3週間かかるとされていますので、ご注意ください。
    出典 :NHK NEWS WEB ストップ風疹 ~赤ちゃんを守れ~
  • 風疹に関するニュース

  • 関連リンク

  • より詳しく知りたい方はこちら