寒い冬。乾燥から肌を守ろう!

今年も寒い冬がやってきました。
冬は乾燥しやすい季節です。
肌も乾燥します。乾燥から守る方法をまとめました。

view337

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • なんで冬は乾燥しやすい季節なの?

  • 冬場になると気温が下がり、湿度もどんどん下がってきます。そうすると、皮膚からもどんどん水分が奪われていきます。その結果、肌は乾燥し、小じわやひび割れなどが起こります。
    それに加えて、肌の乾燥を促進しているのが、暖房です。夏のクーラー同様、冬のエアコンやこたつなども一緒です。特にこたつで寝てしまった時に、朝起きるとノドがカラカラに乾いていたという経験は誰にでもあるかと思います。ノドがそれだけ乾くということは、肌の水分も奪い取られているということです。
    出典 :『冬の乾燥肌をケアしよう!』~内側からも外側からも 【健康辞典】
  • 冬は1年で最も乾燥しやすい季節です。

  • 乾燥ってどんな肌にどんな影響がある?

  • 肌の乾燥は、「シワ」「たるみ」「肌荒れ」の直接的な原因となります。

    さらに、肌の乾燥は、肌そのものの機能低下にもつながりますから、
    「バリア機能低下によるトラブル」
    「新陳代謝(ターンオーバー)の鈍化」
    「シミやクスミさらには皮膚の硬化現象」
    も同時に進行していると考えた方が良いと思われます。
    出典 :冬の肌状態とお手入れ
     

    肌の機能にも影響がでてしまうそうです。

  • 乾燥から守るためには?

  • 加湿器を使う

  • 寒い季節になると、乾燥が気になります。肌に限らず唇もカサカサしやすく、髪の毛もパサつきます。乾燥肌で悩んでいる人は、冬場は特に辛い季節でしょう。加湿器があれば、その乾燥を解消することができますよ。
    出典 :【乾燥肌対策】 - 加湿器の手引き
  • 外出するときは肌の露出を防ぐ

  • 外出時には手袋やマフラーなどで肌の露出を防ぎ、乾燥した空気と触れるのを避ける。
    出典 :2/2 冬の手荒れ・乾燥肌にどう対応する? [湿疹・皮膚炎] All About
     

    手袋、マフラーで乾燥した空気から肌を守りましょう。

  • 熱いお風呂に注意!

  • 42度近い熱い湯に長時間入って肌がふやけると、角層細胞の内外にある保湿成分がお湯に溶け出してしまう。「保湿成分を失った角層細胞は、風呂上りに乾くと弾力のない干からびた状態になる。すると細胞同士の間にもすき間ができ、そこから水分が逃げて肌の乾燥が進む。アレルゲンなども進入しやすくなる」と今山科長。特に湿度が下がる冬場は、風呂上りの肌の乾燥も早い。
    出典 :乾燥肌の大敵
     

    適温は38-40℃だそうです。

  • お風呂から上がった後、すぐに水分をふき取る

  • 洗顔後、乳液やクリームを塗る

  • 洗顔後はすぐに化粧水をたっぷりつけて肌に水分を補い、乳液やクリームでフタをしてあげるようにしてください。
    この時化粧水だけでは水分が蒸発してしまいますし、乳液やクリームだけでは、肌になじまないため、乾燥肌の予防ができません。
    出典 :『冬の乾燥肌をケアしよう!』~内側からも外側からも 【健康辞典】
     

    化粧水+乳液・クリームで水分の蒸発を防ぎましょう。