スマホばっかりいじって!依存症!?

スマホが普及するにあたって出てきた
スマホの危険性はどのようなもの
沢山あるスマホのあれこれ!

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんなサインない?

  • 「寝るときもすぐそばにスマホを置く」 「充電が切れると落ち着かない」 「トイレやお風呂にもスマホを持って行く」 「仕事中もSNSなどの更新状況が気になる」このようなケースはスマホ依存に陥り始めているサインです。
    出典 :スマホ依存症がもたらすカラダとココロへの悪影響とは? | ラルーン
     

    仕事中はまずいでしょ

  • ●アルコール中毒・ヘロイン中毒と同じ?! インターネット中毒に陥っている人の脳の損傷状態は、 アルコール中毒やヘロイン中毒患者ときわめて似た状態だという研究結果が出ているそう。 自分自身に自覚がなくとも、判断力が鈍り感情のコントロールが困難になってしまっていることがあるので注意が必要です。
    出典 :スマホ依存症がもたらすカラダとココロへの悪影響とは? | ラルーン
     

    これらとおなじ?

  • チェックしてみて

  • スマホを持ったまま寝てしまっていた、という話は身近でもよく聞きます。しかし、これは「スマホ中毒」になる第一歩を踏み出しているかも。 またスマホが出す電磁波が脳腫瘍の引き金になるという研究も発表されているので、スマホをもったまま寝落ちはちょっと危険かもしれませんね。
    出典 :「スマホ中毒」急増中!こんな5つの行動をしていたら危ないかも - ネタりか
  • 防水対応のスマホが増え、スマホを片手にお風呂に入る人も多いかもしれませんね。バスタブにつかりながらスマホを操作しているとついつい長風呂に。お風呂に入るときだけ、スマホを見るという人なら心配はないかもしれませんが、多くは入浴前から引き続き長時間操作している人が多いのではないでしょうか。これも要注意です。
    出典 :「スマホ中毒」急増中!こんな5つの行動をしていたら危ないかも - ネタりか
  • 着信音やバイブレーションの音がしたからスマホを見てみたら、何も着信していなかった、ということはありませんか?幻聴が聞こえ始めたらちょっと危険かもしれませんね。
    出典 :「スマホ中毒」急増中!こんな5つの行動をしていたら危ないかも - ネタりか
  • 禁断症状が出る

     

    運転中や会議中など、スマホを操作してはいけないとわかっているのに、操作してしまう。またスマホがないと、強い不安に襲われる。これはもはやスマホ中毒を疑った方がいいかもしれません。

  • 一日なしで生活してみて?

  • スマホ依存症の治療法は? 大切なのは根本的な解決前段でも触れましたが、依存症の背景には、強い日常のストレスがあることは少なくありません。例えば、スマホが気になりすぎて仕事がおろそかになっているのではなく、仕事での強いプレッシャーをそらすために、つい携帯のコンテンツをチェックしてしまうこともあるかもしれません。
    出典 :あなたも負のスパイラル?スマホ依存症の症状・治し方 [メンタルヘルス] All About
  • こうした場合、真の問題はスマホ利用のコントロールではなく、ストレスを緩和して、心身のコンディションをいかに良好にするかです。ストレス対策の方法について、ぜひ一度見直してみましょう。十分な睡眠時間と共に、栄養バランスの取れた食事は取れていますか? 適宜休養を取り、心身をしっかり休ませていますか?
    出典 :あなたも負のスパイラル?スマホ依存症の症状・治し方 [メンタルヘルス] All About
  • 付き合い方を変えよう

  • もしかして依存症かも…と思ったら、「スマホを使わない時間帯を作る」 「寝るときは電源を切る 「ゲームやネットサーフィンは時間を決める」などスマホとの付き合い方を見直してみて下さいね!
    出典 :スマホ依存症がもたらすカラダとココロへの悪影響とは? | ラルーン
  • ライフスタイルは違うもので、一概にこうするべきとは言い切れませんが、皆で空間を共有し、皆の顔に笑顔が浮かぶような場を持つことこそ、心が健康になる理想的な環境だと思います。スマホは日常生活を便利にしてくれるツールですが、必ずしも脳内環境を良好にしてくれるツールでないことを、皆さま、どうかご留意下さい。
    出典 :あなたも負のスパイラル?スマホ依存症の症状・治し方 [メンタルヘルス] All About
  • スマホなしでも一日が成り立つかをチェック

     

    携帯のコンテンツに夢中になるあまり、仕事のノルマが全然こなせない。自分でもそんなことをしている場合ではないと分かっていても、どうしても携帯の画面に何度も目が行ってしまう。用事もないのに何度も画面のロックを外してしまう。スマホ利用をコントロールする必要性は自覚しているけれど、どうしても止められない……。こうした場合、携帯はもはや日常生活を便利にするツールではなく、日常生活の質を落とす原因になっています。