代謝アップにナットウキナーゼが良い

ダイエット効果に繋がる代謝アップには
納豆キナーゼが良いとされています

view167

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 納豆キナーゼってどんなもの?

  • 納豆キナーゼとは、納豆の粘質部分つまりネバネバと糸を引くところに含まれている分解酵素の一種。 “ナットウキナーゼ”とカタカナで表記されることもある。
    出典 :【納豆キナーゼ】血栓や血栓原因の病気を防ぐタンパク質分解酵素 | ダイエットSlism
     

    ねばねばするものは健康に良いと昔から言われていますよね

  • 納豆には血栓を溶かす作用があります。その原因物質として最初に特定されたのは、ナットウキナーゼです。そして、ナットウキナーゼがフィブリンを溶解したりプロウロキナーゼを活性化したりすると考えられていました。
    出典 :ナットウキナーゼと血液
     

    色々な研究がおこなわれているようです

  • 血栓を防止する働き

  • •血栓の素であるフィブリンに直接的にアプローチして溶解する•血栓を溶かす酵素ウロキナーゼの前身プロウロキナーゼの働きを活発にする•血栓を溶かす酵素プラスミンを産生するプラスミノーゲン活性因子を増やす•血栓の溶解を邪魔するプラスミノーゲン活性化抑制因子を分解する>
    出典 :【納豆キナーゼ】血栓や血栓原因の病気を防ぐタンパク質分解酵素 | ダイエットSlism
     

    血栓にアプローチする納豆は健康に良いので
    朝食に良く食べています

  • 血栓を色んな角度から溶解するのがナットウキナーゼの特長です。そのため、よく消費者の方からナットウキナーゼを摂取し過ぎると血が止まらなくなるのでは?、という質問がありますが、ナットウキナーゼは各種の安全性試験をクリアしていますので、安心してお召し上がりいただけます。
    出典 :ナットウキナーゼ | 日本ナットウキナーゼ協会
     

    摂取しすぎるのは問題ないようですね
    ですが、昔から過ぎたるは及ばざるがごとし
    気をつけましょう

  • 動脈硬化の予防に役立つのか

  • ナットウキナーゼそのものは、おそらく動脈硬化の予防に役立ちません。しかし、納豆は動脈硬化の予防に役立つ可能性があります。納豆に含まれるビタミンKは血管の再生修復に関係しています。
    出典 :ナットウキナーゼと血液
     

    あくまで可能性のひとつとして考えられてはいます

  • 納豆には葉酸が含まれています。葉酸には動脈硬化を予防する効果が期待されています。納豆に動脈硬化を予防する効果があるとすると、それはナットウキナーゼのためではなくビタミンK2や葉酸の効果である可能性が高いといえましょう。
    出典 :ナットウキナーゼと血液
     

    葉酸は動脈硬化の予防も出来る成分だったのですね

  • 摂取時間

  • 血栓は、血液の濃度が高くなる夜中~早朝にできやすいという特徴がある。
    よって、血栓や血栓がまねく心筋梗塞などの病気を効果的に防ぐには、夕食をとった後や就寝前などのタイミング(時間帯では夜6時~12時のあいだ)
    出典 :【納豆キナーゼ】血栓や血栓原因の病気を防ぐタンパク質分解酵素 | ダイエットSlism
  • 夕食の一品に

     

    納豆を加えるだけでよさそうですね
    色々なアレンジを加えて
    飽きないように楽しめば
    健康管理に役立つ事間違いなしですね

  • 血圧低下作用がある

  • 納豆の血圧降下作用については丸山ほか(1998)、花形ほか(1994)、林ほか(1977)らの報告があります。とくに花形は納豆の血圧降下作用はニコチアナミンによる可能性が高いことを示唆しています。つまり、ナットウキナーゼが血圧を低下させるわけではありません。
    出典 :ナットウキナーゼと血液
     

    納豆キナーゼ自体の効果ではなさそうです