子供が突然奇声をあげたりしませんか?【夜驚症】

家族を不安に陥れるびっくりな夜驚症
原因がわかれば対処できるのですが
そんな夜驚症をご紹介!

view1395

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜驚症とは

  • 子どもさんで夜中に奇声をあげる、寝ぼける、大声で寝言を言う、など驚く行動を取る場合があります。この場合、特殊な環境、あるいは状態、一定の年齢におこる夜驚症という状態でしょう。
    出典 :�����
     

    歩行していては問題な気がします

  • 夜泣きは生後数週間から出現し、乳幼児期を通じて続くこともあります。激しい場合には、1日あたり数時間、1週間に2、3日以上も夜泣きが認められるような場合もあります。夜驚症は2、3歳以後に現れることが多く、通常は思春期までには自然に消失します。
    出典 :夜泣きと夜驚症 病気事典[家庭の医学] -メディカルiタウン
  • 原因とはなにか

  • 乳幼児は睡眠・覚醒のリズムが、大人のように完成していないことが関係しているともいわれていますが、確かな原因はわかっていません。親の育て方との関係もとくに指摘されていません。ただし、夜驚症ではいわゆる誘因といわれるものが存在することが時々あります。
    出典 :夜泣きと夜驚症 病気事典[家庭の医学] -メディカルiタウン
  • 悪夢と異なり、
    子供自身は夜驚症のことを覚えていません。
    子供が叫び声を上げ、
    その間は慰めようのないパニックのため
    夜驚症は劇的です。
    出典 :夜驚症。 - ADHD、愛着障害のある娘。~産んだ覚えはございませんが。
  • 症状の現れ方は

  • 夜驚症は、(1)睡眠中に突然、覚醒する、(2)入眠後2時間以内が多い(少なくとも睡眠の最初の3分の1で出現)、(3)強い恐怖の表情や動作を示し、汗をかき呼吸や脈が荒い、(4)家族が起こしても反応が遅い、(5)本人に翌朝に尋ねてもエピソードを覚えていない、などの特徴があります。
    出典 :夜泣きと夜驚症 病気事典[家庭の医学] -メディカルiタウン
  • 夜驚症になると

     

    激しい人は寝不足になったり
    家族関係が崩壊する原因にも
    なりかねないと言われています

    夫婦喧嘩のもとになる事も!?

  • どうしたら良いのか

  • 夜のトラブルは、昼間の子供の生活の反映というわけです 夜驚が始まったら、できるだけ早く子供のそばへ行き明かりをつけ、夢の中の出来事であることを話し、安心させてやります 叱りつけてはいけません
    出典 :夜驚症: 子供の心のSOS
  • また、恐れの原因を聞いたりすると、よけい怖がりますから聞かないようにします昼間、同じような体験をしても、夜驚になる子とならない子がいます夜驚になる子というのは、自己中心的で我が強く自分のペースでないと気に入らない傾向があります
    出典 :夜驚症: 子供の心のSOS
  • いずれにせよ、一方的に叱りつけたり脅して子どもの行動を変えさせようとする態度を慎む事を手始めの課題にしてみましょう
    出典 :夜驚症: 子供の心のSOS
  • 気付いたらまずどうするべきか

  • 夜泣きだけでなく、ほかにも育児のうえでの心配事(発達全般、離乳など)があれば専門家に相談してください。また夜泣きが激しい場合には、抱っこなどのお世話を家族に助けてもらい、できるだけ育児を楽しめるようにすることが大切です。
    出典 :夜泣きと夜驚症 病気事典[家庭の医学] -メディカルiタウン
  • 見守る大切さ

     

    夜驚症は大人がまだ起きている時間帯に発生するので、母親だけでなく家族で見守ることによって、母親の不安や負担を軽くすることができます。また誘因がはっきりしている場合には、できるだけ誘因になる刺激を避けるようにすることもひとつの方法です。試してみてくださいね