声が出にくい・・・それは「声帯麻痺」かもしれません!

声帯麻痺は実は怖い病気!?
今回は声帯麻痺についてご紹介したいと思います!

view773

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 声帯麻痺

  • 声帯麻痺とは

     

    声帯麻痺とは、声を出す筋肉の収縮をつかさどる
    反回神経が麻痺する病気で、声帯がうまく
    働かなくなるものなのです!

  • 両側の反回神経が障害されて左右の声帯が中央付近で麻痺して動かなくなると、気道が狭くなるため呼吸困難や喘鳴(ぜんめい)(ぜーぜーした呼吸音)が起こります。
    出典 :反回神経麻痺 - goo ヘルスケア
     

    この喘鳴は覚えておくと損はないですよ
    他の病気でもなるので、判断のひとつとして使う事が出来るのです

  • 声帯の運動支配神経の損傷によって発生する声帯麻痺。
    出典 :声帯麻痺
     

    簡単に言うとこんな感じなのでしょうね

  • 原因

  • 脳、首、食道、気管、甲状腺の病気、がんなどが原因で声帯麻痺になることが多いです。風邪を引いた後に見られる声帯麻痺は主にウイルス感染が原因です。
    出典 :声帯麻痺(症状/検査/治療)
     

    病気が原因で声帯麻痺になるのですね・・・

  • 脳幹付近では頸静脈孔(けいじょうみゃくこう)腫瘍、頸部では甲状腺腫瘍、胸部では肺がん、食道がん、縦隔(じゅうかく)腫瘍、乳がんなどの縦隔リンパ節転移、弓部大動脈瘤(りゅう)などによって、反回神経麻痺が起こります。
    出典 :反回神経麻痺 - goo ヘルスケア
  • 症状

  • 症状

     

    しゃがれ声、呼吸困難、嚥下障害などです!
    主な症状はしゃがれ声で、息が漏れるような声が特徴的です
    これだけ特徴がありますが、まだまだ他にも
    症状はあるので注意したいですね

  • 声がれやむせなどのほかに、声が鼻にもれる、飲み込んだ時に鼻へ逆流してくる(舌咽神経麻痺の症状)、肩が痛い、肩が上がりにくい(副神経の症状)などの症状が合併して起こります。
    出典 :反回神経麻痺 - goo ヘルスケア
     

    いろいろな症状が出てきますね・・・

  • 肺癌や食道癌などの疾患そのものや手術により片側声帯麻痺をきたした場合、発声時や嚥下時に左右声帯がしっかりと閉鎖しないために症状として「声がれ」「むせ」が起こる。声がれの印象は、「ガラガラ声」というよりは「弱々しく息がもれるよう な声」になる。
    出典 :声帯麻痺
  • 治療方法

  • 両側の声帯麻痺で呼吸困難に陥っている場合は、気管切開などの救命処置が実施されます。主に、原因となる病気の治療から優先します。 片側麻痺の治療には声帯を内転させる手術などがあり、両側麻痺の治療には、声帯を外転させる治療や一部をレーザーで除去する手術などがあります。
    出典 :声帯麻痺(症状/検査/治療)
  • 麻痺の発症から6カ月経過しても症状の改善がない場合は、機能改善手術を行います。誤嚥などの症状が強い場合には、その時期を早めることもあります。
    出典 :反回神経麻痺 - goo ヘルスケア
  • 音声治療 言語聴覚士により健常声帯の代償運動を促進させる発声や声の高さのコントロールで声の改善を得ようとするもの。反回神経が残存している場合にはある程度有効なことも多い。
    出典 :声帯麻痺