肺水腫の治療法 原因に関わらず原因疾患の治療が優先

肺水腫の治療方法についてまとめます
肺水腫のほとんどは心臓疾患が原因となっている心原性肺水腫だそうですが、いずれにしても原因となる疾患の治療をすることが先決だとのことです

view707

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺水腫とは

  • 肺水腫とは

     

    肺の血管内の血液量が増え過ぎ、血液中の水分が血管外に漏れ出して肺胞の中にたまった状態

    呼吸のたびに「ゼーゼー」と音がして喘息のような症状を起こします

  • はじめは息切れ、就寝時の空咳や呼吸困難になるものの朝になれば元の状態に戻る、という程度です。それがだんだんひどくなってくると呼吸困難が強くなり、横になることもできなくなります。
    出典 :肺水腫とは?
     

    呼吸困難とともに脈拍数が増えて呼吸回数が増加し、肺胞にしみ出した血液成分が気管支を通って出てくるので、血液の混じったピンク色の泡沫状の痰が多くなるそうです

  • 肺水腫の原因疾患

  • 肺水腫の引き金となるのは、重い肺炎や敗血症、膵臓炎などさまざまです。
    しかし最も多いケースが、心臓弁膜症や心筋梗塞といった心疾患であり、心臓の病気が原因となっている場合は心原性肺水腫と呼ばれます。
    出典 :【肺水腫】喘息のように喘鳴が出る心原性肺水腫
     

    胸部レントゲン写真に、羽を広げた喋々のように拡大した心臓が写っていたら、心疾患が原因の心原性肺水腫の可能性が高いそうです

  • 非心原性肺水腫とは

     

    急性呼吸促迫症候群(ARDS)のほとんどはこれに当たる

    心臓や肺に病気を持たない人が、多発外傷などで急に息切れや呼吸困難を起こす病気

    代表的な原因は肺炎、誤嚥、敗血症、急性膵炎など

    きっかけから発症まで3日以内で、死亡率が50%と非常に高い

  • 肺水腫の治療法と呼吸不全発作時の対応

  • 肺水腫の治療では、まず肺水腫を引き起こしている、原因疾患を治療することが先決になります。
    出典 :肺水腫の検査と診断・治療と対策 - 咳・痰の病気 - 咳痰.COM
     

    不整脈や心不全などを薬でコントロールしていく必要があるようです

  • 突然、呼吸困難の発作が起こった人に対しては、上半身を起こし、何かに寄りかからせて座位にします。横にすると余計に呼吸困難がひどくなるので、無理に寝かせないようにします。
    出典 :■病気 肺水腫:健康創造塾:So-netブログ
     

    座位にすることで静脈還流を減じ,肺血量を低下させます
    できるだけ落ち着かせ、すぐに医師に連絡し指示を受けましょう

  • 血液中の酸素濃度を上げる治療を行います。そのため、酸素吸入、時には人工呼吸器をつけることもあります。
    出典 :肺水腫の症状・検査・治療について|病気の症状を知ってセルフチェックをしよう
     

    心機能の改善および低酸素による肺高血圧を軽減することが大切です

  • 心原性肺水腫の治療方法

  • 治療を行う上で、大切なのは、たまった水を解消する為に、利尿剤などを使用して、尿を多く排出することで、肺の血管の内圧を下げることで、血液が細胞内に染み出てくるのを防ぐようにすることになります。
    出典 :肺水腫の症状と治療について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    軽い症状の場合は、予後は、比較的良好だそうですが、症状が見られたら早急に治療を受ける必要があります

  • 治療は心原性肺水腫と非心原性肺水腫で異なりますが、肺胞内の水分除去のための利尿薬、肺の炎症を抑えるための種々の薬剤などが用いられます。また、酸素投与を行ったり、さらに重症の場合には人工呼吸器を用いて、気道内を陽圧に保つ治療が行われることもあります。
    出典 :肺水腫|一般社団法人日本呼吸器学会
     

    進行すると意識状態に関わることもあるので、症状があれば速やかに受診しましょう

  • 非心原性肺水腫の治療方法

  • 基礎疾患の治療が大事です。急性呼吸促迫症候群におこなう治療として、呼吸管理、循環管理、薬物療法の大きく3つに分けられ、人工呼吸も、気管内挿管や気管を切開してチューブを挿入します。ステロイド剤のグルココルチコイドと好中球エラスターゼ阻害薬を使用します。
    出典 :急性呼吸促迫症候群とは:肺がんの名医をさがしている人へ
     

    循環管理とは、各重要臓器への血流を維持するように循環血液量を保つ治療だとのこと