妊娠適齢期は?何歳から何歳まで

view256

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 女性の妊娠適齢期は

  • 女性の第1子の出産年齢は平成23年に30歳を超え、25年は30.4歳に上昇しています。
    出典 :妊娠したいQ&A
  •  

    生殖機能の面から見て、妊娠するのに適した時期のことを妊娠適齢期と呼びます。寿命が延びて、不妊治療が進んでいる現在でも、妊娠するのには年齢の限界があります。

    最も妊娠するのに適しているのは20代の間で、30歳を超えると妊娠するための生殖機能が低下するといわれます

  • 一般的に、妊娠適齢期は20~34歳といわれています。それは35歳くらいから、受精卵になり得る健康な卵子が極端に減ってくるからです。
    出典 :妊娠適齢期
  •  

    生まれたときには約200万個あった卵子は、思春期のころには約30万個まで減ります。
    その後も、1度の月経周期で約1000個、1日にすると30~40個のペースで減少するといわれています。

  • 妊娠力はほとんどの人に備わった普通の力ですが、30代前半までは安定していて、そこからゆっくりと下降し始め40歳前後から下がり方が加速します。
    出典 :妊娠率と年齢
  • 卵子も老化するって本当?

  •  

    卵子の元となる細胞は産まれた時から女性の体内にあり、後から新しく作られることはありません。そのため、年齢を重ねるほど卵子へのダメージが蓄積し、老化が進みます。また、子宮や卵巣の病気、環境汚染、過剰なストレス、偏った食生活、体の冷えや喫煙習慣は卵子の老化を加速させてしまいます。

  • 卵子の質の境目は32歳ころ。「女の厄年」といわれる33歳くらいから質が下がり始め、 徐々に変性して委縮した状態になります。35歳を迎えるころには卵子の数もピーク時のわずか2~3%になります。
    出典 :卵子の質は33歳で下がり始める
  • 20~30代前半は妊娠に適した質のいい卵子が多いのですが、30代後半からは質が低下し、妊娠率が下がってきます。それがいわゆる卵子の老化で、老化をくい止める方法はまだ見つかっていません。
    出典 :妊娠しやすい体作り - livedoor Blog(ブログ)
  • AMHで卵子の数を調べられる

     

    卵子の減少数は、個人差が大きい。そこで、血液検査によって卵胞から分泌されるホルモンレベルを測り、卵巣のなかの原始卵胞がどのくらい残っているかを数値化したものがAMH。
    40歳以下で閉経する早発閉経の可能性もわかり、妊娠力を測る目安として注目されています。

  • 妊娠までの周期数の年齢による比較

     

    20代前半までは5周期未満だったのが40代では15周期以上と、年齢によって大きな開きがあります。

  • 高度生殖補助医療による治療成績と年齢の関係

  • 人工授精や体外受精などの高度な治療をおこなう場合も、35歳を過ぎると妊娠率はガクッと下がり、逆に流産率が上がってしまうのです。
    出典 :妊娠したい タイミング方法
  • 男性の妊娠適齢期は

  •  

    男性の妊娠適齢期は40歳くらいまでといわれています。

  • 卵子と違い、精子は老化しませんが、機能は衰えます。 まずは精巣機能の衰えにより、精子の数が減っていきます。
    出典 :男性不妊 ブログ
  • 40歳頃には精子の造成機能が衰え「精子の質」の低下が見られます。このことから、男性の妊娠適齢期は40歳くらいまでといわれることが多いのです 。
    出典 :妊娠適齢期