心気症とはなに?心の病気の一つです

一般的に呼ばれている名前を聞くと納得のいく心気症
これは「ノイローゼ」なのです

view588

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心気症(ノイローゼ)とは

  • 痛や腰痛、胃の痛みなどを感じると「何か病気にかかっているのではないか」と思うことは誰でもあります。普通は、病院で受診して「心配が無い」と診断されたり、自然にそうした症状が消えてしまえば、いつとはなしに忘れてしまいます。

     しかし、医師からは何度も「心配ない」と言われても、検査結果が「異常なし」と出ても、「重大な病気にかかっているのではないか」という不安が打ち消せず、体の不調を訴え続けるのが心気症です。
    出典 :心気症とは
  •  

    医学的な検査を行っても結果は何もでません
    治療の必要もありませんが

    [不眠症][不安][葛藤][欲求不満][ストレス][うつ症状]

    の精神的な症状が現れる患者さんも少なくはありません

  • 症状は?

  • 心気症の症状には自分の体のわずかな異常にとらわれて、自分が今重い病気にかかっているのではないかと思い込んでしまいます。さらに「重大な病気かもしれない」と病院にかかり、「異常が無い」といわれても納得せず、繰り返し受診したり、次々と医師を変えて受診したりします。

     一般的には、癌などの症状や、不治の病を疑っていることが多くあります。痛みや不快感などの自覚症状が持続しているため、医師や家族から「気のせい」「病気ではない」などと批判されると、孤独感を募らせ、ますます訴えがひどくなることもあります。
    出典 :心気症とは
  •  

    人によっては現代医学では治らないと
    騙され高額な医学書や民間療法の餌食となる場合があります

    身体的な異常や症状としては
    ・肩こり・めまい・物忘れ・頭痛・頭がボーっとする
    ・疲労感・脱力感・不眠症・欲求不満・不安・葛藤・ストレス
    ・うつ症状

    などが挙げられます

  • 原因は?

  • 心気症は、自分が今重い病気にかかっているのではないかという思い込みから生じるもので、体の機能に異常は認められません。しかし、医師が問題ないと診断しても、病気を見過ごしていると解釈する傾向にあるため、不安にかられてしまいます。

     性格的には、まじめで神経質、孤独でプライドが高い人に、過度のストレス等が加わった時に起こることが多いようです。そして自尊心が傷ついたり、所属や愛情の欲求が満たされず安定感や安心感が脅かされるような、自己の存在を否定するような不安が揺り動かされたときなどに発症するようです。

    出典 :心気症とは
  •  

    心の悩みを誰にも話せないので
    体の不調に置き換えて訴えているともいえるでしょう
    過去に実際合った病気や
    近親者の病気等が原因の場合も考えられます

  • 治療方法は?

  • 心気症というこころの病気は、身体に感じる些細な異常や痛みを大きくとらえ、自分が重い病気にかかっているのだと思い込んでしまうノイローゼです。まずは本当に体の病気があるかどうかきちんと検査します。心気症の治療には、まずストレスによって身体症状が起きているという認識、心の病気であるという本人の認識が大切です。

     心気症の人は体のどこかに重大な病気があると信じこんでいるため、精神科治療に抵抗することが多いので、治療は困難とされます。心配ないと医師が保証しても不安は解消されませんので、医師との信頼関係が構築されていると、よりその改善に期待が持てます。

     精神療法としては認知療法、支持的精神療法、行動療法、集団療法などがあります。薬物療法では「セロトニン再取り込み阻害薬」などが効果的といわれています。

    出典 :心気症とは
  •  

    頭痛や腰痛、胃の痛みは
    内科や外科、整形外科
    治まらなければ
    精神科を受診する事をオススメします

    もしこのような患者さんにあったら
    効いてあげる事が大切です

    気分転換を測ってあげましょう

  • 参考

  • 心気症は、重大な病気にかかっているという恐怖感にとりつかれる障害です。
    心気症は20~30歳で起こることが最も多く、男性にも女性にも同程度にみられます。心気症の人には、うつや不安もみられる場合があります。
    心気症の場合、重大な病気にかかっているのではないかという患者の心配は、体の正常な機能についての誤解から発していることがよくあります。
    医師が診察して心配ないと説明しても、不安は解消されません。心気症の人は、医師が病気を見落としているのではないかと考えがちです。
    出典 :心気症 ~病気が怖い~
  • •信頼を得られる専門医を探して徹底的に話をする。
    •必要ならば安定剤を処方してもらい、医師の指示に従って服薬する。
    •それでも駄目なら更に専門的なカウンセラーとの対話も試みる。
    •持病がある場合は、納得のいく診断を得られるまで専門医の話を聞く。
    •開き直ってみる。(←これが一番難しいですが)
    •ネットで自分の症状について検索しない。
    •病気を扱うテレビ番組は観ない。
    出典 :心気症 ~病気が怖い~
     

    このような事を行うだけでも
    違うかもしれませんよ